Yahoo! JAPAN

初夏の渓流エサ釣りで25cmアマゴ バイオブドウ虫にヒット【揖保川】

TSURINEWS

渓流釣りで手中にした良型アマゴ(提供:WEBライター・森雨魚)

6月15日、雨後の兵庫・揖保川へ釣行。狙いは初夏を迎えて良型の活性が上がっているであろうアマゴ。定位する位置を推移して、バラシもあったが何とか25cmアップを手中にできた。

1投目から17cmアマゴ登場

本流は濁りが入り、水位が80cm高の状況のため、揖保川では数少ない、濁りの少ない支流河川の福知渓谷に入川してみることにした。当日は「福知渓谷・山の駅」上流部のポイントから釣りスタート。

改良穂先の5ウェイ・ズーム竿7mで、大岩のヨレからミミズを縫い刺ししてまずは第一投。ゆっくりとドラグ・フリーで流芯筋の脇を仕掛けが流れ始めて数秒後、瞬時に目印が沈むと小気味良いアタリが手元に伝わり、17cmの幅広アマゴが手元に飛び込んできた。

当日のタックル(作図:WEBライター・森雨魚)

その後、連発するアタリは、アブラハヤとチビアマゴばかり、100mほど下って深淵に期待をかけてみることにした。

良型ヒットも痛恨のバラシ

遊動天井糸を伸ばし、ガン玉Bのオモリを2段打ちして、まずは川底をじっくりとリサーチしてみると、反転流の際で期待に応えてくれる食いアタリがソリッド穂先に出た。

大石裏のヨレがポイント(提供:WEBライター・森雨魚)

「しめた!」と素早くアワせると、やや重量感のある引きが竿をゆっくりと曲げる。竿先を上流に向けてブロックを固め、ゆっくりとイナシにかかる。2度、3度と対岸の流芯に引き込まれながらもファイトを楽しみ、スリルは満点だ。

しかし、頭上の枝木を気にしながらズーム・ダウンして取り込もうとした瞬間、一瞬の糸緩みが生じたか、反転されまさかのフック・アウトだ。

「残念。悔やまれる」。ただ呆然としてしまった。6号のハリは、しっかり伸びている。また、スレバリにしていたこともすっかり忘れていたのだ。せめて写真を1枚撮りたかった……。いきなり、谷底に突き落とされたような、絶望感を味わうハメになってしまった。

点の釣りで17cmアマゴ

その後、中流部へと移動し、荒石の多い白泡の立つピンスポットをターゲットに、点の釣りを展開してみることにした。

早速、ヒットしたのは17cmのヒレピンアマゴ。胸ビレ、腹ビレの先端が黄色く、顔つきも優しいメスだ。2匹を追加して、またの楽しみにと、瀬尻でリリースする。

きれいなアマゴゲット(提供:WEBライター・森雨魚)

バイオブドウ虫で良型アマゴ

次なるポイントとした50mほど下流の堰堤で心機一転、ハリを結び直してミミズの2匹掛けで良型狙いのアピール作戦をしてみる。

ドラグを掛けてナチュラルに流すと、チビアマゴのアタリがゴン、ゴンと手元に伝わる。じれったくなってしまう。エサ切りをしてエサをバイオブドウ虫にチェンジし、白泡の際から仕掛けを流し込んで流芯を流してみる。すると目印が川底のカケアガリの手前でピタリと止まった。

「しめた。きた」。一気に白泡に引き込まれる引きは正しくナイス・サイズだ。ゆっくりとロッドテンションを保ってしっかりとハリ乗せし、流れに乗せて取り込んだのは25.2cmの幅広のオスアマゴ。

釣行振り返り

このサイズに会いたかった。ようやく会えた2年魚ものの25cmアップに感激もひとしおだ。至福の瞬間を味わい、油ビレをちょっとカットして「またな」と、リリースすると元気よく対岸方向へと泳いでいった。

当日は、水量がやや高めのフィールドだったが、釣りポイントのターゲットが絞れ、思った所にアマゴが定位していた。しかし、ミミズとバイオブドウ虫を交互に使用したエサを見せて、食わせるまでのプロセスには、課題が残った半日だった。

ちなみに揖保川には、音水、赤西、公文などの渓谷や支流河川が数多く存在する。今後が楽しみなフィールドだ。

<森雨魚/TSURINEWS・WEBライター>

【関連記事】

おすすめの記事