Yahoo! JAPAN

福島の桃のピッツァに仙台“伊達氷”のかき氷! 東北の食材を使ったカフェ『POSSO』~黒猫スイーツ散歩 北千住編④~

さんたつ

カフェ・スイーツ・パンケーキのお店を年間約1000店ぶーらぶらしているミスター黒猫です。 特にパンケーキは日本一実食していると自負している黒猫が、気になる街や好きな街を散歩しておすすめのお店を紹介していきます。 今回は、そんな黒猫スイーツ散歩の北千住編の第四弾です。

東北と地元千住の食材にこだわったカフェ

北千住の千住東町商店会にある『東北カフェ&ダイニング POSSO(ポッソ)』。

※2020年9月22日から店名が『はれてまりカフェ』に変わります。

オーナーさんが東北ご出身とのこともあり、東北と千住の食材にこだわったお店です。

店内入ってすぐのジェラートケースにあるジェラートも東北の2軒のジェラート屋さんのもの。

岩手県雫石市の『松ぼっくり』(シングル350円・ダブル500円、税別)と宮城県大崎市の『なるこりん』(シングル420円・ダブル700円、税別)から取り寄せています。

2019年2月にオープンしたお店ですが、もともとこの店舗は10年以上空き家だったところをリノベーション。

明るく奥に長い店内は、おひとり様でも気兼ねなく過ごせます。

本格釜焼きのスイーツピッツァ

天使のクリームと福島桃のドルチェピッツァ900円(税別)。

本格釜焼きピッツァは、定番のものや東北と千住の食材を使ったもの、さらに月替りのものもありますが、黒猫が気になりチョイスしたのは、やはりデザートピッツァ。

デザートピッツァは、他に、焼きりんごとカスタードのドルチェビアンコ 900円(税別)もありました。

焼きたてピッツァに福島の桃の果肉たっぷりのソースと、福島ヨーグルトで作った天使のクリームが乗ります。

えー! 甘いピッツァなんて! と思う方も多いと思いますが、おすすめの美味しさなので、ぜひ一度味わってみてくださいね。

桃と相性の良いバルサミコソースが添えられるので、お好みで味の変化も楽しめます。

次は、もう1つのデザートピッツァの焼きりんごも味わってみたいなあ。

仙台から直送の“伊達氷”を使ったかき氷

かき氷 ラズベリーミルク850円(税別)。

かき氷に使う純氷も、宮城県仙台市から直送の「伊達氷」を使っています。

「伊達氷」は、仙台市唯一の製氷工場で48時間かけて昔ながらの製法で凍らせる不純物の少ない透明な氷。

氷も東北にこだわるのは、さすがです。

その「伊達氷」に、山形県新庄市『Berryne さいとう』の最上ラズベリーシロップがかかり、練乳が別添えで付きます。

爽やかなラズベリーシロップの酸味と、練乳の甘さがナイスバランスで、あっと言う間にペロリ黒猫にゃー♪

カフェの奥の扉の先には、こちらも古民家をリノベーションしたてまり工房があります。

無料で見学出来ますので、ぜひ覗いて見てくださいね。

人と人が繋がるカフェ『POSSO』で、東北の生産者さんの思い伝わるデザートピッツァやかき氷を楽しんでにゃー♪

『東北カフェ&ダイニング POSSO』店舗詳細

東北カフェ&ダイニング POSSO
住所:東京都足立区千住東2丁目5-14/営業時間:12:00〜18:00(17:30LO)/定休日:月/アクセス:JR・地下鉄北千住駅から徒歩7分

取材・文・撮影=ミスター黒猫

【関連記事】

おすすめの記事