Yahoo! JAPAN

FLOW、「感謝の気持ちを伝えられるのはライブだけ」 影分身も飛び出すFLOW流 最高のエンタテイメント

SPICE

FLOW

FLOW 超会議 2020 ~アニメ縛りリターンズ~ DVD/Blu-ray発売記念LIVE『アニメ縛りONLINE』 2020.08.07 恵比寿リキッドルーム

「どんな形であれFLOWは足を止めないし、ライブを続けて行きます!」

画面の前のファンに向かって、力強く宣言したKEIGO(Vo)。8月7日、FLOWが配信ライブ「FLOW 超会議 2020 ~アニメ縛りリターンズ~DVD/Blu-ray発売記念LIVE『アニメ縛りONLINE』」を開催。2月24日に幕張メッセで行われた『FLOW超会議2020 ~アニメ縛りリターンズ~』以来、約5ヶ月ぶりとなるライブステージに気合い十分で臨んだ5人。無観客配信ライブながら、普段と変わらないテンションで画面の前の視聴者に熱い想いを届け、ライブバンド・FLOWの圧倒的存在感を見せつけた。

KOHSHI

復活の狼煙を上げる「Re:member」で、勇ましく力強く始まった配信ライブ。GOT'S(Ba)が激しく華麗なベースソロを魅せた「WORLD END」、IWASAKI(Dr)の軽快なビートが大きく揺れるフロアを想起させた「Steppin'out」と続き、KEIGOがカメラに向けてタオル回しを煽ると、配信ながら会場にいる錯覚に陥る。「みなさん元気してますか? 「アニメ縛りONLINE」にようこそ!」とKEIGOの笑顔で始まったMCでは、KOHSHI(Vo)が「今、(ステージを)しっかり踏みしめてます。揃ったよ、5人が!」とFLOWとしてステージに立てている喜びをしみじみと語る。

TAKE

たっぷり気持ちを込めた歌とたくましい演奏でバンドで音を鳴らすことの喜びを表現した「DAYS」に続き、「Hey!!!」ではマイクを向けて合唱を呼びかけたり、「HERO ~希望の歌~」では掛け声を煽ったりと、フロアに観客がいるかのようなアグレッシブなパフォーマンスを見せる5人。「無観客は初めてだけど、えらいもんで(フロアに)画が見えるというか」と語ったKEIGO。「みんなでひとつになりたいと思います。全員手を挙げて下さい!」と始まった「風ノ唄」は、フロアに拳が上がり吠声が上がる風景が見えるようだった。

KEIGO

ドライブ感ある「INNOSENSE」、楽器隊が白熱の演奏で魅せたインスト曲「INVASION」、<この声が聴こえていますか?>と画面の前の一人ひとりに向けて歌を届けた「CALLING」と、ライブバンドの凄みや風格を感じさせる歌と演奏が続き、MCではTwitterで「#FLOWアニメ縛りオンライン」宛に届いたメッセージを読み上げ、配信ならではの視聴者とのコミュニケーションを楽しむ。「感謝の気持ちを伝えられるのはライブだけ。みんなでライブを作って行きましょう!」とメッセージを伝え、前向きな気持ちを届けた「光追いかけて」、「COLORS」を披露すると、先の見えない未来に希望の光が射し込む。

GOT'S

IWASAKI

GOT'S、IWASAKIがソロプレイで魅せたメンバー紹介では、光るサングラスをかけたTAKEが登場。「FROGS ~ケロンパ帝国の逆襲~」に乗せてサイリウムを振りながら踊りだすと“影分身”で3人に分身! 気持ちよさそうに踊り終え、「自粛中に影分身を習得しました」と笑うと、「次はお前らの番だ!」とカメラに指さし、リズム隊のビートに乗せたエクササイズタイムに突入!! 画面の前の視聴者も準備体操をしっかり済ませたであろうところで始まった「愛愛愛に撃たれてバイバイバイ」では、画面の4隅に現れたヲタ芸ダンサーが振り付けを煽ってアゲまくり、ライブはクライマックスへと向かっていく。

TAKE

画面を通じて熱気が伝わるハイテンションな展開に、とどめを刺すように投下した曲は、彼らの代表曲と言える「GO!!!」。メンバーが打点の高いジャンプを決めて、パワフルな歌と演奏、パフォーマンスで魅せると、間奏部分では「オンラインでもビッグウェーブ行くよ!」とKEIGOが呼びかけて会場スタッフから視聴者へと繋ぐウェーブが始まり、後半パートではKOHSHIの「画面の前のみんな、声を聞かせて!」と視聴者にコール&レスポンスを煽る。その瞬間、Twitter上では書き込みによる合唱が起きたりと、遠く離れた視聴者との間に確実に一体感が生まれる。本編ラスト、<伝えに来たよ>と画面の向こうにいる一人ひとりに想いを届けた「Sign」に続き、「今だからこそ届けたい歌があります」とFLOWが選んだ曲は「流星」。<どんなに遠く離れていても 僕たちはつながっている>と祈るように願うように歌い演奏したこの曲には、彼らがこの日、配信ライブを通して伝えたかったことの全てが込められていた気がした。

FLOW

こうして約5ヶ月ぶりのライブを終えたFLOW。「最後に告知があります」と報告したのは、ファンと共に企画・製作を進めてきた“みんなで作ろう!キズナファクトリーグッズ”の販売開始と、「FLOW SPECIAL ONLINE LIVE 『全アルバム網羅 炎の12ヶ月』」の開催発表! 2020年8月から2021年7月の12ヶ月にかけて、FLOWの全アルバムの再現ライブを毎月行うというこの無謀な企画。8月26日(水)に行われるvol.1は、『SPLASH!!! ~遥かなる自主制作BEST~』の再現ライブ。「恐ろしい!」「これで1年先まで予定が埋まっちゃったよ」と笑いながら、やる気満々に見えた5人の表情。そう、どんな形であれFLOWは足を止めないし、ライブを続けて行くのだ。

取材・文=フジジュン 撮影=Masanori Fujikawa

FLOW

【関連記事】

おすすめの記事