Yahoo! JAPAN

オフショアジギングゲームで多彩な魚種ヒット 型も数狙える好機到来

TSURINEWS

値千金のヒラマサをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

静岡県御前崎市にある御前崎港の第15増福丸に乗船。おいしいターゲットが多彩に釣れる、当地のオフショアゲームの様子を取材した。

第15増福丸でジギング

今年の御前崎は、沖の金洲、近海ともカツオがよく釣れており、沿岸の浅場ではホウキハタやメイチダイなど、食べておいしいターゲットも好調だ。

定員8人で釣り座も広々(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

9月24日、午前6時半に実釣開始。ポイントは、水深40m台の起伏の激しい岩礁帯。ジグやタイラバが投入されると、さっそくアカヤガラやマハタ、40m級の良型メイチダイが上がった。いずれも料亭御用達の美味な魚だ。

料亭の味アカヤガラ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

魚探に好反応

魚探を見ると、巨大なベイトの塔が岩礁の際から上にかけて形成され、ボトム付近には空白が生まれ、ポツポツと単体のエコーが映っている。これは間違いなく、フィッシュイーターがベイトを追い上げている状況だ。

メイチダイゲット(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

フィッシュイーター高活性

ほどなくして、胴の間にいた渥美さんにヒット。鋭いドラグ音が船上に響く。走りの俊敏さから青物のようだ。海面に現れたのは、なんとヒラマサ。御前崎の近海ではなかなか巡り合えないターゲットだ。

今攻めているポイントの周辺は、フィッシュイーターの活性がすこぶる高いようで、すぐ近くを流していた第八共栄丸からも、ヒレナガカンパチや良型頭にホウキハタも何匹か上がったと連絡があった。

マハタも出た(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

スマガツオ入れ食い

このあとも、ラインを変えて流すうちに、さらなるニューフェイスの群れが参入。その正体はスマガツオ。本ガツオよりもおいしいと言われるレアな魚だ。マイクロベイトを追っていたようで、ジギングサビキやSLJにヒットが集中。

スマガツオが無尽蔵にヒット(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

群れがいる限り釣れ続ける状況で、一投入ごとに1匹、あるいはツインヒットで盛り上がった。

ヒレナガカンパチ登場

スマガツオの連発に船上が沸くなか、ストイックにジギングを続けていた大ドモの金津さんに、ラインを引き出す魚がヒット。中層まで上がっても、再び走ってドラグを鳴らす。

粘り強く攻めた(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

やがて、海面に現れたのはヒレナガカンパチ。本カンパチよりもさらにパワフルな南海のファイターだ。

2kg級ホウキハタも

その後、アカハタや2kgクラスのホウキハタが追加されたところで、船はポイントを移動。少し深い60mラインに移動し、マダイを狙うことになった。

ホウキハタも出た(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

各自タイラバやスロージギングでリサーチを行ったが、潮の動きが悪くイマイチ。船は再び岩礁帯の浅場に向かった。

イサキも連発ヒット

探索を始めると、再び大きな反応。水深20mほどの中層と、底から10mほど上までの間に、二層式で魚群が現れた。

タイラバでイサキ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

朝マヅメ同様に、上の層ではスマガツオが、下の層を攻めるとイサキがヒット。みなライトジギングやSLJ、ジギングサビキなどで連発し、アカハタなどのお土産も加わって沖上りを迎えた。

アカハタもでかい!(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

魚種の豊富さはピカイチ

当日は、ビッグワンこそ出なかったが、取材の前日には、別船で16kgのカンパチが上がったとのこと。また、同船でも少し前に4~5kgのカツオ多数や10kg超のカマスサワラなど、黒潮由来の大型魚が顔を見せていた。

当日の釣果の一例(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

当地ならではのおいしい魚をゲットしたい人も、ビッグワン狙いの人も楽しめるのが、御前崎沖の魅力だ。

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年10月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。The postオフショアジギングゲームで多彩な魚種ヒット 型も数狙える好機到来first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事