Yahoo! JAPAN

犬がぼーっと外を眺めている時の心理4選

わんちゃんホンポ

窓から外を眺めるのが好きな犬の気持ち

もちろん個体差はありますが、窓から外を眺めるのが好きな犬は結構多いです。

時にはボーッとしているように見え、またある時は真剣に凝視しているように見えます。とても楽しそうに見える時もあります。

犬が窓から外を眺めている理由は、1つではありません。その時々の理由で外を眺めています。そしてその時の犬の気持ちは、犬の表情や仕草から推し量ることができます。

今回は、窓から外を眺めている時の愛犬の心理について考えてみましょう。

犬が外を眺めている時の心理

1.情報や刺激を得て楽しんでいる

家族がみな出掛けてしまったり自分の用事をしていたりで、愛犬が家の中で特にすることもなく退屈な時に、よく窓辺で外を眺めていることがあります。そんな時は、外からいろいろな情報や刺激を得ようとしている時です。

目を少し細めながら口角を上げて微笑んでいるような楽しそうな表情をしている時は、本当に犬も楽しんでいる時です。

人がドラマや映画を見て楽しんでいるのと同じように、愛犬も窓外の景色や行き交う人々、動物たち、車の動きなどを楽しんでいると思っても良いでしょう。

また、少し首を傾げて必死に見ている時は、何かとても惹きつけられているものや音などがあり、それに注意を向けている時です。おそらく、視覚、嗅覚、聴覚をフル稼働させて、外の情報を得ようとしています。

また、飼い主さんやそのご家族が窓から外を眺めて楽しんでおられるのを見て、愛犬も一緒にその楽しみに加わっている場合もあります。その場合は、飼い主さんも愛犬と一緒に外の景色を楽しんでください。

2.侵入者の監視

犬は集団行動をするため、しっかりと縄張り意識を持ち、自分たちの縄張りや一緒に暮らす仲間を守ろうとする習性を持っています。

それは、現代の犬たちも同じです。窓から外を見ることで、外部から自分たちの縄張り、つまり敷地内に外敵が侵入しないように見張っている場合もあります。

この場合は、楽しそうな表情を浮かべているのではなく、耳をそばだてたり周囲を必死に凝視したり鼻をクンクンさせたりして、真剣に様子を窺っています。

場合によっては、敷地内に入ろうとしたり、前を通り過ぎたりする人や車などに対して吠え立てる場合もあるかもしれません。

窓から外を見て、人が通るたびにうるさく吠え立ててしまうとご近所とのトラブルに発展しかねませんので、その場合は吠えないようにしつける必要があるでしょう。

ただ通り過ぎただけなのに、自分が吠えたから追い払えたのだと誤った学習をしてしまい、吠え癖がついてしまう場合もあるので要注意です。

3.留守番をして飼い主さんを待ち焦がれている

長時間の留守番をしているような場合、そろそろ大好きな飼い主さんが帰宅するはずだと、窓から様子を窺いながら飼い主さんの帰宅を待ちわびている場合もあります。

いつも決まった時間に帰宅する場合は、その時間になると窓辺に行くことが習慣化しているかもしれません。

また、飼い主さんの車のエンジンの音や、庭を歩いてくる足音などを聞きつけて窓辺に駆け寄ってきたのかもしれません。

いずれにしろ、長時間独りで留守番をしていた愛犬は、早く飼い主さんが帰宅するのを心待ちにしている状態です。

窓から飼い主さんの姿を捉えることができたら、愛犬はきっと玄関まで飼い主さんを出迎えに来ることでしょう。

4.日向ぼっこをしてのんびりと寛いでいる

特に冬の寒い時期は、日中の陽が差して暖かく居心地の良い窓辺で、日向ぼっこをしながら寛いでいる場合もあります。

窓から見える景色を楽しみながら日向ぼっこをして気持ちが良くなり、そのまま窓辺でウトウトしてしまうかもしれません。

そのような場合は、そのままゆっくり寝かせてあげましょう。

まとめ

犬は、仲間と一緒に楽しむことができる動物です。飼い主さんが窓から外を眺めながら過ごすことを好まれる場合、愛犬も一緒になって楽しもうとすることがあります。そのような時は、ぜひ愛犬と一緒に楽しむことを楽しんでください。

しかし愛犬が必死に何か情報を得ようとしている場合は、話しかけたりせずに、そっとしておいてあげた方が良いでしょう。また、日向ぼっこをしながらまどろんでいる時もそっとしておいてあげたいものです。

このように、愛犬の仕草や様子をよく観察し、愛犬の心情を察した上で上手にコミュニケーションを図ってください。そうすることで、きっとより良い絆が結ばれることでしょう。

【関連記事】

おすすめの記事