Yahoo! JAPAN

猫が死に至る『家の中のモノ』3選

ねこちゃんホンポ

日常のなかで要注意!

飼い主さんにとってはなんて事の無いものでも、猫ちゃんにとっては命に関わるもの、というものが日常には色々とあります。しっかりと覚えて、愛猫に万が一の事がないように気を付けないといけません。

猫ちゃんは好奇心旺盛な生き物ですので、自分の知らないものには興味深そうに近づいていき、くんくんとにおいを確認し始めるでしょう。中にはそのまま舐めたり口にする子もいるので、十分に注意しましょう。

1. おもちゃ

猫ちゃんの遊び相手の務めを果たしてもらおうと、猫用のおもちゃを購入される飼い主さんは多いのではないでしょうか。しかし、そのおもちゃについている小さな羽やひもといったものは、誤飲の危険性があります。

おもちゃで遊ばせるのも良いのですが、「飼い主さんがしっかりと見ている中で」というのが条件です。猫ちゃんを初めて飼う飼い主さんには意外な落とし穴ですので、ここは注意して下さい。

猫ちゃんもおもちゃと楽しそうに遊び、食いちぎって誤って食べてしまう子も多いです。おもちゃ選びも重要なポイントとなるかもしれませんね。

2. 観葉植物

お部屋のインテリアとして飾っている家庭もあると思うのですが、猫ちゃんにとっては猫草と間違えてしまう代物です。猫ちゃんにとって無害な観葉植物もあるのですが、ユリ科の植物は毒性が高く食べてしまうと命にかかわることもあります。

愛猫の命に関わる場合も出てきます。素人には毒性の有無は見分けがつかないものが多いので、できれば猫ちゃんと暮らす時際には、観葉植物は置かないようにすることが賢明です。

3. 人間の食べ物

あくまで人間用に作られた食べ物ですので、猫ちゃんにとっては塩分が多く体に悪いものが多くあります。特に危険なものがチョコレートやネギ類です。

不慮の事故の危険

ネギに関してはお料理などで使用する際にネギを包丁で切り、そのときに床にネギが少しでも落ちてしまうと猫ちゃんがにおいで近づいて、好奇心から舐めてしまう子もいます。あげるつもりがなくても、このよな場面では猫ちゃんの元にわたってしまう危険があります。

また人間が食べているときも、猫ちゃんは欲しそうに近づくこともあります。そのままあげてしまっては猫ちゃんの体に毒ですので、どんなにおねだりされても、あげないようにしましょう。何度もお断りしていると猫ちゃんの方も諦めてくれます。

まとめ

思わず「こんなものが?」というものが猫ちゃんの命に関わるものだったりします。飼い主さんだけが防ぐことができますので、愛猫の命を守るためにも気を付けていきましょう。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. みんなは子どもごとに預金通帳を作っている?作る作らないで意見が分かれるけれど、大切なのは……

    ママスタセレクト
  2. 夏肌に自信を!顔のテカリの原因とテカリを防ぐメイク&スキンケア方法とは?

    PrettyOnline
  3. ミニーもチップもバニーもいる! しまむらのキラキラチャームが可愛いよ~。

    東京バーゲンマニア
  4. 鬼滅の刃、実写化予想!希望キャストランキング【炭治郎&禰豆子編】…横浜流星&浜辺美波、山﨑賢人&橋本環奈、平野紫耀&齋藤飛鳥などが上位に!!

    ランキングー!
  5. 三浦一族の末裔【駅ぶら03】京浜急行92

    鉄道チャンネル
  6. 絶景と秘湯に出会う山旅(9)幻想的な大台ヶ原と山あいの料理旅館・朝日館

    TABIZINE
  7. 最近やたらかっこよくなった30歳以下のジャニーズランキング

    gooランキング
  8. 上白石萌歌「夢のよう」、土佐兄弟との対面に感激

    ナリナリドットコム
  9. 洗濯機のイヤなニオイは『キッチンハイター』で一発解消!掃除のコツとニオイ対策術

    オリーブオイルをひとまわし
  10. 100%ビーフパティで250円! バーガーキングの「テリヤキ」、14日間だけのお楽しみ。

    東京バーゲンマニア