Yahoo! JAPAN

のびのびと淡路島を楽しめる複合施設の歩みに感動 『のじまスコーラ 10周年記念感謝祭』に行ってきました 淡路市

Kiss

旧野島小学校の校舎を利用した複合施設(写真提供:㈱パソナグループ)

淡路島の北西部にある複合施設「のじまスコーラ」が、本年8月に10周年を迎えるにあたり、6月16日から「のじまスコーラ10周年記念感謝祭」を開催しています。今回は、その様子をレポートして来ました。

阪神・淡路大震災の震源地近くの淡路市野島にある「のじまスコーラ」は、パソナグループの株式会社パソナふるさとインキュベーションが、閉校となった野島小学校の校舎をリノベーションし、新たな観光・農業の六次産業化の拠点、地域復興のシンボルとして、2012年にオープンしました。レストランや動物園、バーベキューテラスなどを有し、農業やアートなどをテーマにした様々なイベントを開催する同施設は、地域住民の交流の場、また観光客に淡路島の魅力を発信する場として、年間約18万人が訪れる人気施設に成長しています。

のじまスコーラ外観 あいにくの曇り空でした

私が訪れた17日の朝はあいにくの曇り空ながら、既に多くのお客様が来ていました。圧倒的にファミリー客が多く、ワンコ連れのご家族も多く見受けられました。

西海岸のパソナグループ関連施設を巡るシャトルバス


同施設には自家用車、バスのほか、岩屋港からパソナグループ各施設を巡るシャトルバスでも訪れることが可能です。

館内ベーカリーでは様々な種類のパンが購入できます

ベーカリーでは動物園で人気のアルパカを形どったパンも!


学校の校舎をそのまま利用した建物。通路にも窓にも花があふれるように飾られていて、テーマカラーの赤い窓シェードが華やかです。中に入ると、すぐ左手に焼きたてパンのベーカリーがあります。動物をかたどった菓子パンや淡路島の食材を使ったおかずパンなど、種類が豊富過ぎて選ぶのに迷ってしまいます。

契約農家の新鮮野菜が集まるマルシェ

いろんな種類の玉ねぎが購入できます

のじま動物園の人気者のぬいぐるみをお土産にいかが?


続いて1階に広がる「のじまマルシェ」。地域の生産農家などから集まる新鮮野菜のほか、淡路島の特産物がずらりと並びます。10周年記念感謝祭の期間中は、マルシェで「玉ねぎ詰め放題倍増キャンペーン」が実施されます。

2階には本格イタリアンのリストランテがあります


2階には、世界の料理人1000人に選ばれた「地産地消の匠」奥田政行シェフのプロデュースによる「リストランテ・スコーラ」があります。本リストランテでは、淡路島の食材を活かした本格的なイタリアン料理が楽しめます。落ち着いた雰囲気の中、窓の外に広がる海を眺めながらの食事はきっとロマンチック!

3階では懐かしの写真展が開かれています


海を見晴らすバーベキューテラスがある3階には、現在「のじまスコーラ歴史写真展示ブース」が設置されており、これまでの同施設の歩みを写真で振り返ることができます。

記念制作「未来へつなぐ虹のかけはし」


また、自分の夢を書き込んだハート型の折り紙を貼りつけて巨大な虹の絵を完成させる「10周年記念制作 “未来へつなぐ虹のかけ橋”」も、誰でも参加できます。

1階カフェのテラス席は緑がいっぱい


建物内をひと通り散策したところで1階に戻り、「カフェ・スコーラ」で復刻メニュー「ハンバーグプレート半熟卵のせ」をいただきました。カフェのテラス席は花や緑に囲まれて、ゆったりとお食事が楽しめます。ペットと一緒に食事をとれる席もあります。

テラス席で「ハンバーグプレート半熟卵のせ」を頂きます

復刻メニュー「ハンバーグプレート半熟卵のせ」サラダビュッフェ付き(税込み2180円)


お料理が来ました!丸いハンバーグの上でプルプル揺れる半熟卵は、何だか微笑ましい光景です。大きな玉ねぎの付け合わせもインパクト大。サラダビュッフェで提供される淡路島で採れた野菜たちも、新鮮でキラキラです。サラダビュッフェでは、感謝祭期間中「10周年記念特別デザート」が提供されます。

半熟の黄身があふれ出して食欲をそそります


さっそく半熟卵を割ってみると、中からトロトロの黄身があふれ出します。粗挽き肉をしっかりと焼いたハンバーグは、デミグラスソースの程よい甘さと相まって、くどくならない美味しさです。付け合わせの野菜はシンプルに調理され、それぞれ本来の味が活きています。

ベーカリーの復刻メニュー「アワジブレッド」(税込み486円)

中は真っ白ふっくらで良い香り!


そして、こちらが10周年特別パン「アワジブレッド」!淡路島の米粉を使って焼き上げられたヘルシーなブレッドです。焼きたてふわふわで、中は真っ白。生地のきめの細かさにびっくりです。食べてみるともちもちとした歯ごたえで、素材の自然な甘さが印象的。何もつけずにいくらでも食べられそうです。

アルパカや羊と触れ合える「のじま動物園」


食後は運動場にある「のじま動物園」へGO!通常なら入場する際に動物の餌を購入する必要がありますが、感謝祭期間中は、淡路島の住民に限り動物園への入場とエサやり体験が無料となります(身分証明書が必要)。

チューしてくれるアルパカ・ラアル君


人気のチューするアルパカ・ラアル君とご対面。干し草をもらって満足顔です。

ヤギたちが屋根の上からお出迎え


ほかにも屋根の上を散歩するヤギたちや、穏やかなポニー。モルモット等の小動物もいて、子どもたちが嬉しそうに動物と触れ合っていました。

豪華賞品が当たる「ビンゴ大会」は週末限定


13時から芝生広場で始まった「ビンゴ大会」。感謝祭期間中の土日限定で、施設内の店舗を利用した人を対象に、1日2回行われます。当たると淡路牛やたまねぎなどの豪華プレゼントがもらえるとあって、舞台の周りに集まったファミリーやカップルが楽しい声を上げていました。

「卒業生の手形」が壁に残るマルシェ


元学校という場所柄でしょうか。「のじまスコーラ」に派手な印象はなく、大人も子どもものびのびと“淡路島”を楽しめて、それが人気の源なのだと、私は感じました。地元にしっかりと根を下ろした同施設。「地域の方たちに愛される場所をめざす」との施設関係者の想いがこの10年を紡いできたのだと考えると、なんだか胸が熱くなりました。

同施設の10周年記念感謝祭は、今回を含め全部で4回開催される予定です。

期間
2022年6月16日(木)~6月26日(日)

場所
のじまスコーラ
(淡路市野島蟇浦843)

TEL
0799-82-1820

【関連記事】

おすすめの記事