Yahoo! JAPAN

あるある?犬が『オシッコの後にする行動』4選

わんちゃんホンポ

1.後ろ足で地面を蹴る

犬がオシッコをした後に、後ろ足で地面を蹴り上げる姿を見たことがある人は多いと思います。

公園などでこの行動をすると、砂や土、草などが巻き上げられて排泄した場所にかかるので、排泄物を隠すために蹴っていると考えられています。

とくに、野生動物の場合は排泄物の強いにおいが周囲に広がって、敵に居場所が見つかることを防ぐためにこうした行動を取ることがあります。

ただし、オシッコの後に後ろ足で地面を蹴る行動には、もうひとつの理由があるとされています。

においを封じ込めて隠すのとは逆で、排泄物周辺を蹴ることでにおいを拡散したり、地面に足の裏をこすりつけることでより強く自分のにおいを残したりしようとしているのです。

つまり、マーキング行動の一種と考えられています。そのため、この行動は家の中でオシッコをした時はほとんどせず、公園など屋外でオシッコをしたときに多く見られるとされています。

これは本能的な行動で自然と行っていることが多いので、周囲に迷惑をかけるような状況でなければ特にやめさせたりする必要はありません。

2.走り回る、暴れる

オシッコが終わった途端に、走り出したり、急にテンションが上がったようにはしゃいだりする犬がいます。

排泄が済んですっきりしたことで、思わず体を動かしたくなってしまっている場合もありますし、飼い主さんに知らせるつもりでそのような行動を取っていることもあるようです。

特に、トイレトレーニングをした犬の場合、はじめのうちは上手にトイレができると飼い主さんも「すごいねー!」「えらい!!」などと思いっきりほめてあげていたと思います。

そのため、オシッコが終わると飼い主さんにほめてもらえると思ってはしゃいだり、「すごいでしょー!?」と飼い主さんに伝えるために走って行ったりすることがあるようです。

3.においを嗅ぐ、舐める

犬はオシッコをした後に、自分のオシッコのにおいを嗅いだり、排泄した場所を少し舐めたりすることがあります。人間から見ると「汚いのにどうしてそんなことをするの?」と思うかもしれませんが、動物にとって排泄物というのはとても大切な情報源なのです。

オシッコやウンチというのは、動物の健康管理をする上でとても重要なものです。排泄物のにおいや色、形状の変化によって、内臓の異常を知ることなどもできるとされています。

また、ほかの犬の排泄物のにおいを嗅いで、その犬が「どこの誰で、どんな犬なのか」ということを知ろうとすることもあります。これは、犬がお尻のにおいを嗅ぎ合ってあいさつするのと同じ意味の行動です。

このようなことから、オシッコをした後ににおいを嗅いだり舐めたりして、自分の体調を確認している可能性もあると考えれています。

また、舐めていることについては、栄養不足やストレスなど心理的な問題が影響していることもあります。オシッコを舐める行動が頻繁に見られる場合は、食事や体調について一度見直してみるといいでしょう。

4.隠れる

特に家の中で見られる行動ですが、オシッコをした後に急いで他の部屋に行ってしまったり、隠れるようにしてオシッコをしたりするということがあります。

これは、トイレトレーニングでトイレを失敗した犬に対して、飼い主さんが叱った時などに犬が「トイレ自体が良くないことなんだ」と勘違いしてしまったことなどが影響しています。

飼い主さんは叱ったつもりはなくても、間違った場所でトイレをしそうになった時に「あー!」「ダメダメ!!」などと慌てて大声で制止したりされると、犬はとても驚いてしまいます。

こうした経験から、排泄自体に不安感を持ってしまい、隠れるような行動を取ってしまうのです。

まとめ

犬はオシッコをした後に、地面を蹴ったりにおいを嗅いだりといった行動を取りますが、多くのものが本能的に行っている行動であり、特に叱ったり辞めさせたりする必要はないとされています。

また、トイレトレーニングによる誤学習から、飼い主さんに隠れてオシッコをすることなどもあります。

オシッコの後におかしな様子が続く時や、いつもとは違う行動が見られる場合は犬の体調やストレスをチェックしてあげるようにしましょう。

【関連記事】

おすすめの記事