Yahoo! JAPAN

【桜田ひより】「役者としてのSnow Man」撮影ウラ話【映画『おそ松さん』インタビュー】

ウレぴあ総研

撮影/小嶋文子

Snow Manのメンバーが9人全員で主演を務める映画『おそ松さん』が3月25日(金)より公開される。

赤塚不二夫の漫画『おそ松くん』を原作としたTVアニメの実写化ということに加え、主人公の6つ子にSnow Manの向井康二(おそ松)、岩本照(カラ松)、目黒蓮(チョロ松)、深澤辰哉(一松)、佐久間大介(十四松)、ラウール(トド松)が扮し、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太がそれぞれエンド、クローズ、ピリオドという映画のオリジナルキャラクターを演じることでも話題に。

顔も体型のバラバラの6人が6つ子なんて無理があるんじゃないの?というツッコミどころもしっかり回収しつつ、謎のオリジナルキャラクターもきっちり活躍するストーリーで、最初から最後まで爆笑必至の内容となっている。

そんな物語で桜田ひよりは性別は男性でしかも坊主頭のチビ太を好演。驚きのキャスティングであったが、本人はこれまでも何度か作品をともにしている英勉監督との信頼のもと、楽しく演じられたと話す。

本作への向き合い方や、Snow Manとの数々のエピソード、そして現在19歳の桜田が考える大人とは?などの質問に答えてもらった。

チビ太役のオファーには「私もびっくりしました(笑)」

――『おそ松さん』のことは知っていましたか。

存在は知っていました。でも、6つ子がいて、チビ太はこんな感じかなというくらいだったので、お話をいただいてからアニメを全部観ました。

――正直、チビ太役を女性がやるとは……。

びっくりしましたよね? 私もびっくりしました(笑)。なので『私でいいのかな?』とも思ったんですけど、これまで英監督とは何度かご一緒させていただいていているので、英監督を信じて現場に入りました。

――アニメを観た時はどんな印象が大きかったですか。

この作品ならではのほのぼのとしたシーンや笑えるシーンがたくさんあって、それがどう実写では描かれるのだろう?と。映画は時間も限られていますし。ただ本当に盛りだくさんの内容になるんだろうな、とは思っていました。

チビ太に関しては6つ子をうまくまとめている保護者のような存在なのかな、と思ったので、その辺りが表現できたらいいな、と思いました。

――チビ太はみんなの会話の間にテンポよく入っていきますよね。

みんなに対してツッコミを入れるシーンが多く、テンポ感も大事ですし、ちょっと強く言い過ぎてしまうと場がしらけてしまうこともあるので、その調節は難しかったです。アニメの空気感を持ちつつ、自分が持っているものも生かしながら丁寧に演じました。

――本編は絶賛編集中(取材時)ということで脚本を読ませていただいたのですが、この時点ですごく面白いですね。

ただ想像力を働かせてもどんなふうになるのか想像がつかない部分も多かったです。それだけに『これが映像になったらどうなるんだろう!?』というワクワクもありました。

実際に撮影をしてみると『こんな風になるんだ!』という新たな発見も生まれて。脚本に沿ってやってはいるけれど、脚本からは想像もできないような、何倍もクオリティが上がったものが出来上がっていると思います。

特に動きに関してはト書きだけだと伝わらないところもあって。特殊技術やCGや美術を使うとこんな風になるんだな、とか。あんまり言ってしまうとネタバレになってしまうので、これ以上は詳しく言えないですけど(笑)。

――チビ太の扮装をするのには3時間近くかかると聞きました。

そうなんです。それから衣装もすごくこだわって作られています。チビ太の衣装、6つ子のパーカー、イヤミのスーツ、トト子ちゃんのスカートも全部特注なんです。

セットもすごく細かいところまで再現されていて。6つ子の家も、チビ太のおでん屋も、あとは後半、6つ子たちがいろんなところに行くんですけど、そこもすごく細かいところまで意識して作ってくださっていました。スタッフさんが作り上げてくださった扮装やセットのおかげで『おそ松さん』の世界観に入り込めたので、スタッフさんには本当に感謝しています。

――英監督の作品への参加は今回で3回目となりますが、何か事前にお話はありましたか。

『好きにやっていいよ』の一言でした。これまでで信頼関係ができていたので、任せてくださったんだな、と思いましたし、だからこそ私も自分らしいチビ太ができたと思います。

今回はアニメがあったので、基本的に動きや口調はアニメから学ばせてもらいました。私自身も漫画やアニメを観るのが好きなので原作へのリスペクトを込めて役作りをしました。

――“信頼”という言葉も出ましたが、桜田さんにとって英監督はどのような存在ですか。

信頼して自由に演じさせてくださるので、英監督の作品に参加したら絶対に面白いだろうな、という確信があります。具体的には説明しづらいですが、これまでご一緒してきた中での感覚的なものですね。

撮影現場でのSnow Manは、本当の兄弟のような、家族のような雰囲気

――主演のSnow Manの皆さんとのお話も聞かせてください。これまでどなたかと共演したことはありましたか。

今回、初めてご一緒させていただきました。本読みで初めてお会いして、次は、扮装してそれぞれの役を通して現場でご一緒させていただいていました。

でもこの間(Snow Manが歌う主題歌の)『ブラザービート』のMVが公開されて拝見したんですけど、全然想像のつかない姿になっていてびっくりしました(笑)。こういうスイッチの切り替えができる皆さんは本当に素敵だな、と思いました。

――撮影現場でのSnow Manの皆さんはどのような感じなのですか。

待ち時間でも和気あいあいと9人で過ごされていて、本当の兄弟のような、家族のような雰囲気でした。お互いに信頼し合ってるからこそ生まれる空気感なんだろうな、と感じていました。

それを見ていたからか、トト子ちゃん(髙橋ひかる)とイヤミ(前川泰之)との3人でのシーンは謎の団結感も生まれていました(笑)。

Snow Manの皆さんは、私たちのことも自然と輪の中に入れてくださって、たまにそこへ監督も入ったり。だから本当に現場が明るくて楽しくて、その雰囲気が映画からも伝わるんじゃないかと思っています。

――役者としてのSnow Manの印象は?

監督が感覚をつかむのが上手い、とおっしゃっていたのですが、それにすごく共感できました。監督が『こうした方がいいよ』と言ったことを、すぐに吸収して自分のものにしている姿を間近で見てました。ホントにすごかったです。

アクションのような動きも、普通だったら1回言われたくらいじゃわからないのに、1回でできてしまったり。本当に吸収のスピードが早くてびっくりしました。

Snow Manのまた違う一面が見られる

――印象に残っているシーンはありますか。

6つ子とイヤミが(チビ太がやっている)おでん屋に来るシーンがあって、脚本にも動きは書いてありますが、それが実際にやるとこうなるんだと驚きました。

その時は本当に爆笑してしまって。チビ太的にはツッコミを入れるシーンなので、絶対に笑ってはいけないところなんですけど(笑)。それぞれの個性が出ていて、6つ子だけどみんな違うんだな、というのも見えて楽しいシーンでした。

――チビ太は一松(深澤辰哉)、トド松(ラウール)、クローズ(阿部亮平)とのシーンも多ったですよね。

そこもホントに面白過ぎて、テストの時とかは笑っちゃうこともありました。チビ太はお客さんの視点で見ているような立場なので笑っちゃいけない、と思いつつ(笑)。本番は役に集中して笑わずにいられたんですけど。

最初に一松とトド松がいて、そこにクローズが来るんですけど、そこも空気がガラッと変わってさらに面白くなっていました。ネタバレになっちゃうので詳しく話せないのが残念なんですけど『なんでお前が来た?』みたいな展開になっちゃうんです。それがもうすごく面白くて。

本当に皆さん振り切って演技をされているので、Snow Manの皆さんのまた違う一面が見られるんじゃないかと思います。ホントに必死になって笑わせにきているので(笑)。普段から気さくで面白い方ばかりですけど、おそ松さんになったからこその、一味違う面白さがあるんじゃないかと思います。

――まだ桜田さんも完成作は観れていないとは思うのですが、今感じている見どころを教えてください。

個人的には6つ子が揃うシーンはあまり一緒のシーンがなかったので、そこがどうなっているかすごく楽しみにしています。自分が出ている以外のシーンがどうなっているのか全く想像がつかないです(笑)。

ただ全部を観られていない状態の私でも絶対に面白いというのはわかるので、最初から最後まで笑いっぱなしになっていただけると思います。友達や家族、恋人、など誰かと一緒に観て笑い合うのもいいですし、一人で見て余韻に浸るのもおススメです。

選択肢を多く持てる人になるのが私の目標です

――ここからは少し桜田さんご自身のお話も聞かせてください。おそ松さんたちはダメ大人の代表のような存在ですが、桜田さんが思う理想の大人像はありますか。

これはいろんなところでもお話させてもらっているんですけど、選択肢が多い人になりたいです。10代って学校とか、家とか、すごく狭いコミュニティの中で生きているけど、社会に出るといろんな人の考え方に触れて、いろんな経験ができるので。

そこで起こった問題に対して、いろんな対処ができるように、そのための選択肢を多く持てるようになっていくことが、大人になる、ということなのかなって思います。自己解決みたいなところもあるんですけど、そういう選択肢を多く持てる人になるのが私の目標です。

――そのために何か心がけていることはありますか。

些細なことかもしれないのですが、なるべくどんな意見も否定をしないようにしています。いろんな人のいろんな考え方や意見を、『それは違う』と思うのではなく、『そういう考え方もある』と思うようにして受け止めています。

――すごく素敵な考え方ですね。ただどうしても許せないことが出てくることもあるのかな、とも。

でも結局、人が思っていることって自分が中心で、そこまで相手に興味ってなかったりすると思うんです。開き直りじゃないですけど、そこまで私に対して強く思っているわけじゃないのだから、『この人はこういう意見を持っているんだな』くらいで受け取るようにしようって。

以前は人の意見に対して気にしてしまうことが多かったんですけど、今のような考え方ができるようになってからは心が軽くなった、というのもあって。そういう人になりたいな、と思っています。

――高校卒業から約一年が経ちますが、お仕事に対する意識の変化などはありますか。

すごく変わったということはないです。小さい頃からこのお仕事をやってきていて、これからも続けたい、という気持ちは変わらなかったので、正直、今まで通りという感じです。

――年齢的に大人っぽい役柄に挑戦してみたい、とかは?

逆にこの一年、やっと制服が着れるようになった、という感覚なんです。自分が本当の学生だった頃は、あまり学園ものに出演できてなかったな、と。

この一年はお仕事に邁進してほぼ制服を着ています(笑)。だから制服を着る役ができるうちは制服を着て頑張りたいな、と思います。

――先ほど、役者のお仕事はこれからも続けたい、とおっしゃいましたが、一生やり続けたいと思う魅力はなんですか。

正直一生やりたいとは思っていなくて(笑)。めちゃめちゃ一生懸命働いてお金を貯めて、人生の後半でそれを使い果たすというのが夢で。50代ぐらいから人生を謳歌する計画で、それに向けて頑張っています(笑)。

――すぐに辞めてしまうのかと思ってびっくりしましたけど、かなり長い期間は頑張る予定で良かったです(笑)。

そうですね(笑)。それまでは楽しみながらやろうと思っています。


映画の中のチビ太はとてもキュートですが、実際の桜田さんは19歳らしいかわいらしさと大人っぽさが同居した素敵な女性。チビ太役への抵抗感を尋ねると「全くなかったです」と笑顔で応え、「大人とは?」という難しい質問には、自分なりの想いをしっかりと明かしてくれました。

主演のSnow Manの振り切りぶりはもちろんですが、チビ太を演じた桜田さんの振り切りぶりと、的確なツッコミも見逃すことなく、映画館で声は堪えつつ苦しいくらい笑ってほしいです。

作品紹介

映画『おそ松さん』
2022年3月25日(金)全国ロードショー

(ウレぴあ総研/ウレぴあ総研)

【関連記事】

おすすめの記事