Yahoo! JAPAN

9月25日から 空から見た関東大震災写真展 当時の様子伝える〈横浜市都筑区〉

タウンニュース

空から見た関東大震災後の横浜市内の様子(横浜市発表資料より)

「横浜の空から見た関東大震災写真展」が9月25日(土)から30日(木)まで、横浜市役所1階で開かれる。主催は市消防局横浜市民防災センターと総務局地域防災課。

展示内容は、関東大震災が発生した当時(大正12年9月1日)の日本陸軍航空隊と日本海軍航空隊が撮影した横浜の様子や、神奈川変電所とスタンダード石油の火災、横浜市庁舎の火災など。横浜の街を上空2500〜4000メートルから撮影した航空写真を現在の地形図に重ね合わせ、被害の様子と復興の様子がわかる展示もある。会場は横浜市役所1階南側展示スペースB。

【関連記事】

おすすめの記事