Yahoo! JAPAN

コクとボリュームが凄い!「4種のチーズとろとろ料理」…苗穂で噂の新店」【札幌】

SASARU

地域で話題のお店を調査するみんテレ企画「噂の街グルメ」。今回は、苗穂エリアを取材しました!

2018年に駅舎がリニューアルしてから、おしゃれなお店が増えたという苗穂。

薬膳カレーが話題のカフェに連日満席の洋食屋、コーヒーマニアがうなる専門店など…。続々とオープンする新店から目が離せませんよ~。

こだわりの薬膳カレーを提供するカフェ

「ポパイカレー とんとろ」1000円

石丸 尚文店主のこだわりが詰まった、レトロで雰囲気抜群の「モンキーバー」。

開業当初はいろいろなメニューを提供していたそうですが、スープカレーがあまりにも人気だったことから、今では専門店として営業しています。

なかでも「ポパイカレー とんとろ」は、ほうれん草のペーストとヨーグルトが相性抜群の一品!

身体を温める効果のある生姜パウダーや、内臓の働きをよくする甘草とウコンなど、身体に優しいスパイスが20種類以上使われているんですって。

「豚足カレー」1100円

また、女性におすすめのメニューが、コラーゲンたっぷりの「豚足カレー」です。

もともと、アメリカで和食を振る舞っていた経験のある石丸店主。醤油・塩・みりんなどによる和風タレが使われた豚足カレーには、日本食の技法が活かされています。

身体がぽかぽかとする健康的なカレーを味わいたいなら、モンキーバーへ訪れてみるのがよさそうですね。

モンキーバー
住所:札幌市中央区北1条東11丁目21
営業時間
ランチ:午前11時30分~午後2時
ディナー:午後6時~午後10時
※日曜・祝日は午前11時30分~午後2時のみ
電話番号:080-3269-0259
Webサイト:https://cafemonkeybar.wixsite.com/cafe

連日満席!ヨーロッパ仕込みの下町洋食店

「ケーゼシュニッテ」1000円

スイスやパラオの一流ホテル・レストランで料理を振る舞っていた杉浦 恒夫店長による、本場ヨーロッパ仕込みの料理が味わえるプティ ハノン。

特に人気のメニューは、「ケーゼシュニッテ」というスイス料理です。時間が経って硬くなったパンを有効活用する、ブランチの定番料理なんだとか。

4種類のチーズがブレンドされたものが使われ、とにかくコクとボリュームがすごいんです!白ワインで蒸したフランスパンは、ふわふわの食感が最高でしたよ~。

「鉄板焼きハンバーグ ナポリタン」1300円

さらに、「鉄板焼きハンバーグ ナポリタン」も同店で人気のメニュー。

トマトをベースに、4日間かけて作るデミグラスソースのナポリタン。そして、荒めの合い挽き肉でもちもち食感のハンバーグ…。

洋食の王様が大集合した豪華な一品が味わいたいなら、ぜひ注文してみてくださいね~。

プティ ハノン
住所:札幌市中央区北2条東9丁目13-29
営業時間
ランチ:午前11時~午後2時30分
ディナー:午後5時~午後11時
定休日:月曜日
※日曜日は午前11時~午後2時30分のみ
電話番号:011-271-0557

思わず“中毒”になるコーヒー店

「シークレットラブ ブレンド」500円

最後に紹介する襟巻珈琲中毒店は、コーヒーマニアからも評価の高いお店です。

全国で活躍するアーティストとのコラボコーヒーが目玉で、「シークレットラブ ブレンド」はシンガーソングライターの kiki vivi lilyさんとのコラボにより開発されました。

kiki vivi lilyさんの好きな日本風の服ブランドから影響を受け、日本らしい柑橘系のブレンドに仕上がっています。

「エスプレッソトニック」600円

「エスプレッソトニック」は、東京でも一部トレンドになっているエスプレッソを使ったノンアルコールカクテル。

コーヒーの果実を乾燥させた“カスカラシロップ”とエスプレッソで、爽やかな酸味が感じられます。

音楽とコーヒーが好きな人は、襟巻珈琲中毒店のコーヒーが“中毒”になるかも?

襟巻珈琲中毒店
住所:札幌市中央区大通東10丁目15
営業時間
月・火・水・金曜日:午前8時~午後5時
土・日曜日:午後11時~午後5時
定休日:木曜日
電話番号:070-1257-2741
Webサイト:https://www.erimakicoffee.com/

*みんテレ5月12日OAのものです
(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください)

【関連記事】

おすすめの記事