Yahoo! JAPAN

超困る!犬の『飼い主の迷惑行動』5選

わんちゃんホンポ

犬の飼い主の迷惑行動

1.リードを長くしたままお散歩する

すれ違う人や犬がいるにも関わらず、愛犬のリードを長くしたままお散歩させるのは飼い主の迷惑行動です。

あなたの愛犬はフレンドリーで全く攻撃性のない犬かもしれません。しかし相手の犬はそうではないかもしれません。

他の犬が近づくだけで激しく威嚇してしまう犬もいます。周りのことも考えながらお散歩しなければなりません。

犬が苦手な人もいます。自分と愛犬のことだけを考えてリードを長くしたままお散歩するのは飼い主の迷惑行動です。

他の人や犬とすれ違う時くらいはリードを短く持ち変えるべきです。愛犬の安全のことも十分に考えているとは言えません。

2.公園内をロングリードで愛犬を遊ばせる

他の利用者がいるにも関わらず、公園内をロングリードで愛犬を遊ばせるのは飼い主の迷惑行動です。

犬のお散歩が許可されていても公園は犬専用の場所ではありません。基本的には人が利用することを目的としています。

他に利用者がいる時はリードを短く持ってお散歩させる、もしくはお散歩を遠慮するのがマナーです。

とくに子供が遊んでいる時に公園内をお散歩させていると、飼い主の迷惑行動だと思う人がほとんどです。

3.いきなり愛犬を近づかせてくる

初対面の犬に対して、いきなり愛犬を近づかせてくるのは飼い主の迷惑行動です。

「近づいても平気ですか?」「挨拶させてもいいですか?」と尋ねるのがマナーです。

「いいですよ」と言われた場合でも、いきなり犬同士を近づかせてはいけません。威嚇や攻撃をしてしまった時のために、すぐに引き離すことができる状態にしておくべきです。この時もリードをうんと短く持つのが基本です。

初対面でいきなり愛犬を近づかせてくるのは飼い主の迷惑行動ですし、他の犬から愛犬が攻撃されてしまうのではないか…ということまで考えて行動するべきです。

4.外で排泄(おしっこ)をさせる

愛犬に外で排泄をさせる飼い主の行動に迷惑している人は大勢います。

うんちは持ち帰るのに、何故おしっこは持ち帰らないのか?と疑問を抱く人がほとんどです。水をかければいいと思っている飼い主の行動も実は迷惑なことです。

おしっこを薄めている、もしくは広げているだけで、結局はその場に置き去りにする行為だからです。

外でなければ排泄することができないのであれば、少量のおしっこはトイレットペーパーで吸い取って持ち帰る、マナーベルトやマナーパンツを着用させるなど対応するべきです。

5.「○○した方がいいですよ」というお節介

他の犬の飼い主に対して「○○した方がいいですよ」というお節介な言葉をかけるのは飼い主の迷惑行動です。

他の犬や飼い主を見て疑問に思うことがあるかもしれません。しかし、どうしてもそのようにしなければならない事情を抱えていることがあります。

例えば、「夏は熱中症になるのでお洋服は着せない方がいいですよ」と言いたくなるかもしれませんが、皮膚病を抱えているなど、お洋服を着せなければならない事情があります。

「太り気味なので健康を考えてダイエットさせた方がいいですよ」と言いたくなるかもしれませんが、今まさにダイエット中なのです。

相談したわけでもないのに、困っているわけでもないのに、勝手に自分の体験談や知識を話してくる飼い主の迷惑行動ってありますよね。

まとめ

犬の飼い主の迷惑行動を5つ解説しました。

✔リードを長くしたままお散歩する
✔公園内をロングリードで愛犬を遊ばせる
✔いきなり愛犬を近づかせてくる
✔外で排泄(おしっこ)をさせる
✔「○○した方がいいですよ」というお節介

ひとつでも当てはまると迷惑行動をする飼い主に認定されてしまうかもしれません。

【関連記事】

おすすめの記事