Yahoo! JAPAN

食品ロス削減自販機 南区のパン屋が新たに参入 キャッシュレス販売に〈横浜市中区・横浜市西区〉

タウンニュース

パンを補充した自販機の前で「カッセルカフェ」の八亀夫妻(4月5日撮影)

SDGsの取組として、食品ロス削減を目的に地下鉄関内駅構内に設置されているロッカー型自動販売機が一新され、4月5日から南区南太田のドイツパン店「カッセルカフェ」の商品が加わった。これにより、1月の開始当初から販売していた「縁道パン」=中区相生町=と2店のパンを販売。現金での購入から交通系ICやクレジットカードなどのキャッシュレス払いに変った。

ロッカー型自販機は、市とロッカーの製造・販売のアルファロッカーシステム=金沢区=、地元のパン店が共同で実施。縁道パンでは閉店後にその日に売れ残ったパンをロッカーに搬入し、通常の約3割で販売していた。「美味しいパンがお得に購入できる」とすぐに話題を集め、補充時間前に行列ができるなど大盛況に。同店では、「名前や味を知ってもらえたことで実店舗への来店が1、2割ほど増加した」と話し、「結果的に食品ロスが減り、良い循環ができている」と喜ぶ。

カッセルカフェの八亀明子さんと夫・淳也さんはメディアでこの取組を知り、「パンの原材料も高騰する中、捨てるのではなく食べてもらう機会があれば」と参画を申し出た。自販機で販売するのは二次利用ができないデニッシュ系のみ。数個セットで1000円、最大3セットを販売する。

設置エリア広がる

アルファロッカーシステム営業部担当部長の三木正造さんは「多くのメディアで取り上げられたことで認知が進んだ」と実感。19日から神奈川区の横浜銀行アイスアリーナ内にも設置される。

一方、「少人数経営が多いパン店の補充人員の確保や、気温が上がる季節の取扱いなどの課題も見えてきた」といい、補充から一定時間経ったパンの販売を休止するなどの対応を検討している。

パンの補充は縁道パンが月〜金の午後7時頃、カッセルカフェが月・水除く5時〜6時半頃。商品補充がない日もあり。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 白神山地の最強ご飯スポット「漁師ご飯」

    まるごと青森
  2. 陸っぱりエギングで3kg超え大型アオリイカ浮上【長崎】2kgオーバーも連続キャッチ

    TSURINEWS
  3. アメリカらしい「個性しか感じない」シュウインのスティングレーをヴィンテージモデルで再確認。

    Dig-it[ディグ・イット]
  4. 「釣りライターで食べていける?」約1,000記事を執筆したTSURINEWSライターに聞いてみた

    TSURINEWS
  5. 【ランドセルわくわくフェスティバル】お気に入りのランドセルを見つけよう! |新潟市中央区

    日刊にいがたWEBタウン情報
  6. 曲里の松並木公園で「撥川ホタル祭り」開催 ステージイベントや屋台の出店も【北九州市八幡西区】

    北九州ノコト
  7. 【大阪】3日間限定販売!モロゾフの大きなカスタードプリン「パンプディン」

    PrettyOnline
  8. 国を動かした衝撃作はどのように生まれたのか?『ミスター・ベイツvsポストオフィス』脚本家が語った制作秘話

    海外ドラマNAVI
  9. ★明日のラッキー星座は? 12星座占い・運勢ランキング【2024年5月23日(木)】

    anna(アンナ)
  10. 巷で大絶賛の最新AI『GPT-4o』に「新宿でオススメのモーニング」を聞いて食べに行った結果…なぜこうなった!

    ロケットニュース24