Yahoo! JAPAN

天草のあんこってもっと評価されていいと思う。【さくら庵】

肥後ジャーナル

天草のあんこってもっと評価されていいと思う。【さくら庵】

天草グルメと言えば、多くの方が「海鮮」と答えるでしょう。 しかし私はここで提案したい。天草のあんこを見落とすな!と。 以前ご紹介した「菓舗木村屋」の「天草どら焼き」なんて、美味しすぎていまだに天草に誰かが行くたびにお土産をねだるレベルですよ。あんこオタクで画家?属性多すぎの職人が作る「天草どら焼き」はたっぷりあんこがたまらない最高のどら焼き!天草っていい塩あるじゃないですか。その塩を贅沢に使ってるんですよ。もっと評価して欲しい。ということで今回は数多ある天草の和菓子屋さんの中でもこだわりまくっている「さくら庵」のおはぎをご紹介したいと思います。

天草おはぎのポテンシャルよ

昨年バズりましたよね。カントリーマアムの「チョコまみれ」。そのニュースを見て私はずっと考えていました。 2022年は何にかにまみれてみよう。と。 とはいえ、何にまみれるのかが問題です。大して好きでもないものにまみれたところで迷惑なだけですし。考え抜きやっと答えが見つかりました。私は天草であんこにまみれよう。

そう思い向かったのは上天草市にある「さくら庵」。

ご覧ください大きく「天草おはぎ」と銘打っております。きっと何かしら熊本市内で食べるそれとは違うのですよ。早速中に入ってみましょう。

店内は和菓子屋さんというよりもカフェに近しい感じです。現在は感染防止のためイートインは不可ですが、通常であればテーブル席を利用してその場で食べることもできます。

ショーケースにはかわいらしいサイズのおはぎが並んでいます。 では端からご紹介していきますね。

まずは右側から「ちょこおはぎ(140円)」「さくらのおはぎ(130円)」「天草塩おはぎ(180円)」

続いて「苺のおはぎ(220円)」「胡桃のおはぎ(150円)

「黒ごまのおはぎ(130円)」「宇治抹茶のおはぎ(140円)」「きな粉のおはぎ(140円)」

最後に「天草おはぎ」「天草おはぎ」「天草おは... あれ、同じ。

「天草おはぎは糖度によって変えているんですよ。好みの甘さって人それぞれ違いますから」

「糖度のことをよく知らないのですが、35度、40度、45度って5度違うだけでそんなに変わります?」

「全く別ものです!」 そうなのか...と店内を見渡すと、気になるポスターを発見。

「これがうちの最大のポイントなんです。塩と黒糖」 聞くと、使用している黒糖は天草佐伊津の黒糖。他の黒糖と比較してまろやかで非常に希少性が高いのが特徴なんだとか。また塩は天草「通詞島」の嘉六屋 鹽(KAROKUYA EN)の釜炊き塩を使用しており「これがなかったらさくら庵のおはぎは完成しない」というほど重要なもの。 散々迷ったあげく

アソートになっているバラエティーBセットと単品でチョコと苺をお願いしました。

いざ実食

説明書には「なんさま早く食べて」と書いてありますが、安心してください。もちろんその日に食べつくします。

ご覧くださいこの神々しさ。スタッフの方は「うちのは少しサイズが小さめで」とおっしゃってましたが、複数の味を楽しむにはこのくらいのサイズ感のほうがありがたいものです。 では早速いただいてみましょう。 まずはプレーン。 うん。想像以上に甘さ控えめな気がします。だからと言って物足りなさは全くなく、むしろ黒糖の深みと小豆本来の味がしっかりと分かる上品なお味。

続いてチョコと苺。苺のビジュアルがなんだかローリングストーンズのようですが、もちろんロックとは真逆の柔らかさ。甘すぎることなく苺もきちんと引き立たせてくれます。 そしてまさかの大穴だったのがチョコ。 中にあんこが入っているのですが、一口食べるとちゃんとチョコなのにあんこが決して邪魔をしません。というかベストバランス。むしろあんこが入ってないと物足りなさを感じられるくらい合ってます。

天草土産にぜひ

「ここのおはぎを食べたらちょっと他のは食べられないかな」と評判なさくら庵のおはぎ。 甘さの種類も3つから選べますし、食べ比べできるようセットでも販売されていますので、ぜひご自宅で味わってみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事