Yahoo! JAPAN

憧れのレストラン「サイゼリヤ」というところに生まれて初めて行けました! 今日はサイゼ記念日

ロケットニュース24

ついに……ついに……憧れのレストランに行けました。パスポートもスーツケースもいらないイタリア、「サイゼリヤ」ですよ。

「サイゼかよw」と思ったあなた。都会なら500mおきくらいに見かける全国チェーンが出店していない、そんな地域はざらにある!! 

しかしIT社会、情報だけは届く。生粋のイタリア人が絶賛しているとか、大人8人で4万円しか使えないとか、聞こえてくるのは、にわかには信じがたいウワサばかり。まだ見ぬ愛しい人……君の名は「サイゼリヤ」。ずっと「サイゼリア」だと思っていた筆者が、ついにその地に降り立った……!

・知ってます

さっそく注文内容を決める。1番人気メニューは、もちろんリサーチ済みよ? 「ミラノ風ドリア」でしょ。

パスタ400円って、やっす! 税込だと440円か……

って税込400円────!! 他店ならサイドメニュー価格じゃないか!

そしてメニューが多い! 品数としては他店と変わらないかもしれないのだけれど、「食べてみたい」と思わせるメニューがたくさんある。「ラムときのこのきこり風」とか「フリウリ風フリコ」とか、聞いただけでは味が想像できない。

商品名に「北海道」とつけるだけで美味しそうに思えてくる言の葉パワーが「きこり風」にも感じられる。いいね、きこりメシ。パワーワードだね。

・料理キタ!

アペタイザーからデザートまでバランスよくオーダーしてみました。

もちろん頼みましたよ、ミニフィセル(税込150円)。

ん? このパン……

熱いぞっ……!

焼いてあってパリパリじゃないか! 思ってもみない人から告白されたようなサプライズ感。これはホレるよ、好きになっちゃうよ!

なるほど、調味料はセルフサービスコーナーから取ってくるのね。サイゼの魅力は、自分なりに味をアレンジできるところだという。

知ってます。このミニフィセルをナイフで割って……

オリーブオイルをたらし……

熟成ミラノサラミ(税込300円)と葉っぱを挟むんでしょ!

お手製サンドイッチの誕生だ! どれどれ……

こ、これはっ……!

パンはサクサクのホクホク、ピザ生地のような小麦の香ばしい匂いが広がる。そしてサラミの塩気と、オリーブオイルのフレッシュな味わい。葉っぱがほんのり苦くて、薬味のような仕事をしている。

ブォーノ! ブォォォォォォォノ!

そして不動の1番人気、「ミラノ風ドリア」(税込300円)! メイン料理が300円ってあなた……コンビニ飯じゃないんだから……!

こちらは……なるほど!!

「ミラノ風」なのかどうかは正直わからない。ミラノ行ったことないし。それよりもむしろ、とても素朴で日本的な味がする。デパートの屋上遊園地で遊んだ後に食べた洋食のような、どこか懐かしい味わい。「思い出の屋上レストラン風」に改名してはいかがだろう。

最後にデザートとして「ティラミス クラシコ」(税込300円)。デカいな! クリーミーでほんのり洋酒がきいた大人の味わい。

ほかにもいろいろ食べてみたかったけれど胃袋が限界だ。そろそろ会計するか……。いくらかな?

えぇぇぇぇ、1000円ちょっと!? 私4品オーダーしましたよ!? 1品250円ですか? ちゃんと儲け出てる?

・その後も行った

その後も筆者はサイゼリヤを訪れ、原料不足で4本での提供になりサイゼリヤンを泣かせているという「辛味チキン」(税込300円)をオーダーしては──

手で食べるにはジューシーすぎ、フォークで食べるには複雑すぎる姿に困惑したり……

(手で食べるのが正解だよね?)

「アロスティチーニ」(税込400円)を半分くらい食べたら「魔法の粉」の皿に入らなくなり

フォークで串から外そうとしても必死の力でしがみついているので

画期的な方法を思いついたり

残った「魔法の粉」を「カリッとポテト」(税込250円)にかけるという神メニューを考案したりしながら

旅先でのサイゼリヤを満喫した。

・奇跡の出会い

地方にいると「損だなぁ」と感じることも多い。雑誌の発売日は遅く、テレビのチャンネルは少なく、交通系ICカードでは乗り物に乗れない。全国チェーンの飲食店で予定日に新メニューが始まらず、その理由が「什器が本部から届かないから」なんてこともあった。

だからこそ、その土地の人にとってはなんでもないチェーンレストランが、奇跡の出会いに感じられることもある。今日は私のサイゼ記念日。

参考リンク:サイゼリヤ
執筆:冨樫さや
Photo:RocketNews24.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【ニコットプレイランド】会場自体が迷路!? 各所にさまざまなゲームが待ち受ける

    日刊にいがたWEBタウン情報
  2. モノトーンコーデはシンプルな大判マフラーでシャレ感UP!

    mer
  3. 5世代が通う、赤羽『手打ら~めん 満月』。二代目が受け継ぐその味は和風スープに青竹打ち麺のラーメン

    さんたつ by 散歩の達人
  4. 琵琶湖の厄介者『外来水草』が堆肥に変身 瀬戸内のオリーブを救った?

    TSURINEWS
  5. チューリップハット、キャスケット、バケットハット… モデル愛用の【冬帽子】はコレ!

    mer
  6. 「おもてなし=ホスピタリティ」にあらず!ことばの背景にある「手厚い接遇」以上の深い意味とは?

    さんたつ by 散歩の達人
  7. 阿蘇でスプーンが曲がる不思議 信じられないスプーン曲げに挑戦!!

    肥後ジャーナル
  8. 『一人暮らしの猫飼いさん』は注意を!備えるべき5つのこと

    ねこちゃんホンポ
  9. 20周年を迎えた「ドリーム夜さ来い祭り」のNEXTステージは仮想空間!リアルと組み合わせてよさこいの臨場感をご自宅で

    高知県まとめサイト 高知家の○○
  10. 「いちご×チョコ」の至福パフェ&スイーツ♪『タカノフルーツパーラー』のバレンタイン限定メニュー

    ウレぴあ総研