Yahoo! JAPAN

『シャイな犬』がよくする行動4選!接し方や暮らしの中で注意すべきことは?

わんちゃんホンポ

シャイな犬がよくする行動

1.飼い主の後ろに隠れる

シャイな犬はよく飼い主の後ろに隠れます。他の犬や人と出会った時、見知らぬ場所に連れて来られた時など、不安な時や緊張している時によくする行動です。

飼い主の後ろに隠れてしまった時は、無理に近づこうとしたり触れようとしたりしないであげてください。しつこく「おいで」と呼ばないであげてください。

飼い主として暮らしの中で注意すべきことは、「社会化不足なのではないか?」と考えることです。

もともとシャイな性格なのであれば、無理に直そうとせず、その性格を尊重してあげるべきです。一方で、社会化不足によって他の犬や人との接し方が分からず、犬見知りや人見知りをしてしまっていることもあります。

シャイだからと避けるのではなく、飼い主や家族以外の犬や人と交流したり触れ合ったりする機会を増やしてあげるとよいと思います。

2.ジッと我慢する

シャイな犬はジッと我慢することがよくあります。

例えば、他の犬が自分のニオイを嗅いでいる時です。本当は自分も相手のニオイを嗅いで確かめたい気持ちがあるのですが、恥ずかしくて上手く行動できずにいます。

人に撫でられる時にもシャイな性格からジッと我慢してしまうことがあります。嫌だなと感じる時も嬉しいなと感じる時も上手く表現することができないのです。

飼い主として暮らしの中で注意すべきことは、「嫌がっている時と喜んでいる時を見極めること」です。

嫌なことを嫌だと上手く表現することができず、ただただジッと耐えることしかできない犬がいます。その度に強いストレスを感じています。愛犬の好き嫌いを把握し、ストレスを受ける時間が短くて済むように注意してあげるとよいと思います。

3.つい威嚇してしまう

シャイな犬はつい威嚇してしまいがちです。決して怒っているわけではありません。攻撃しようという気持ちも一切ありません。

ちょっぴり恥ずかしい気持ちと、ちょっぴり不安で緊張する気持ちから、唸り声をあげてしまうことがあるのです。触れようとする手に驚いて、ガウッと吠えてしまうことがあるのです。

威嚇されると怖くなってしまいますよね。(距離感が近すぎたかな?)という時は、自分から積極的になるのではなく、犬の方から興味を持って近づいて来てくれるのを待ってあげてください。

今すぐに仲良くなることはできなくても、次の機会を待ってあげてください。威嚇されたからもういいや…ではなく、(あなたと仲良くなりたいんだよ♡)という気持ちを伝える努力をしてみてあげてほしいです。

飼い主として暮らしの中で注意すべきことは、「愛犬を上手くコントロールすること」です。

威嚇する気持ちから相手に飛びかかってしまった時、怪我を負ったり負わせたりすることがあります。興奮してパニックになってしまうこともあります。吠えられたことに驚いて転倒してしまう人もいるかもしれません。

4.その場から早く立ち去ろうとする

シャイな犬は、その場から早く立ち去りたいという行動をよくします。

✔そわそわと落ち着きがなくなってしまう
✔リードをぐいぐい引っ張る
✔急に走り出す

このような時は、もうその場にいたくないのです。

犬がこのような行動を見せた時は、すぐに自分から立ち去ってあげてほしいです。無理に飼い主と会話を続けたり、犬に触れようとしたりしないでください。

飼い主として暮らしの中で注意すべきことは、「パニックにさせないこと」です。

興奮してパニックになり、思わぬ行動を取ってしまう原因になります。思わず飼い主を噛んでしまうことがあります。急に走り出し、リードを手放してしまったり外れてしまったりし、迷子や交通事故に遭ってしまうことがあります。

パニックになる前にその場を立ち去るようにするとよいと思います。

まとめ

シャイな犬がよくする行動を4つ解説しました。

✔飼い主の後ろに隠れる
✔ジッと我慢する
✔つい威嚇してしまう
✔その場から早く立ち去ろうとする

もともとシャイなのであれば、無理に直す必要はありません。シャイな犬にも相性や気の合う犬や人は必ずいます。

愛犬が「この犬(人)と仲良くなりたいな」と思う相手を探してあげてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

おすすめの記事