Yahoo! JAPAN

おもしろくて、かっこいい。佐久間宣行×糸井重里対談 #12

ほぼ日

元テレビ東京のプロデューサーで、現在はフリーで活躍する佐久間宣行さん。
著書『ずるい仕事術』をきっかけに、ほぼ日代表の糸井重里と対談していただきました。
テーマは「はたらく」について。
全12回でおとどけします。
最終回です。「おもしろい」の土壌があるから成り立つこと。


佐久間
ぼくはお笑いのジャンルの中で、「マジだからおもしろい」というものをたまに作ることがあって。

糸井
ほう。

佐久間
『ゴッドタン』の中でいうと「マジ歌選手権」というもので、芸人がマジで歌を作って、それを笑ったらダメという企画があるんです。もともとその企画が膨らんでいったのって、構成作家のオークラさんとぼくで、矢沢永吉さんの話をしていてなんです。

糸井
えぇ?

佐久間
矢沢さんって1個もボケてないのに、めちゃくちゃおもしろかったりするじゃないですか。

糸井
ああ(笑)。

佐久間
オークラさんと「あれ、マジだからだよな」って。しかも、かっこいいじゃないですか。あれ、なんなんでしょうね。かっこよすぎると笑っちゃうんですかね。

糸井
それについてはぼくも考えたことがあって、マジだからおもしろいって面もあるんだけど、あの人は野放しにしといたら「おもしろい」側の人だったんだと思う。

佐久間
なるほど(笑)。

糸井
小学生のときの話とか聞くと、「矢沢君はおもしろい」ってまわりから言われてたらしいんです。

佐久間
そっち側だったんだ。

糸井
そういう人がミュージシャンになっただけで、出身は「おもしろい」の人じゃないかと。

佐久間
だから「かっこいいけど、おもしろい」の場所があるんですね。

糸井
木に例えると、根っこは「おもしろい」の土壌に生えてて、花の咲かせ方が「二の線」だから強い。二枚目の人がおもしろいことやるのって、やっぱりむずかしいんですよね。

佐久間
むずかしいですね。

糸井
たぶん無理なんですよね。それが成り立ってるっていうことは、根っこはおもしろいなんですよ。

佐久間
「おもしろい」側にいる方って、自分のことを批評もできますしね。

糸井
だから永ちゃん自身が、しゃべり言葉の中で「おもしろいもんで」って言うんだけど、すでにおもしろいってわかってますよね。自分がどう失敗したかの話とか、いろいろしゃべってるじゃないですか。たぶん、わかってるんですよね。

佐久間
はぁぁ、そういうことか。

糸井
あれを楽しめるお客もすごいんだと思うけど(笑)。

佐久間
矢沢さんもそうだけど、お客さんと一緒にそのカルチャーを作ってるのはすごいですね。

糸井
すごいね。

佐久間
そうかぁ。

糸井
ジョン・レノンなんかもそうで、当時、仲間内で太鼓叩いてたピート・ベストみたいな人が、「俺はいまでもジョンは憧れの人だ」とか話してますよね。たぶんそれって、ジョンがおおもとは「二の人」じゃないからですよね。

佐久間
「おもしろい」から。

糸井
おもしろいからなんでしょうね。けっこう毒もあったし、何言うかわかんないところはあったけど、でも人間の魅力というのは、そこにあるんじゃないかとも思いますよね。

佐久間
おもしろいです。

糸井
きょうは本の話をするはずが、結局いろんな方向に(笑)。

佐久間
いやいや、すごく楽しかったです。

糸井
本が売れますように(合掌)。

佐久間
ありがとうございます(笑)。でも、この本をきっかけに貴重な機会をいただけてうれしく思います。

糸井
こちらこそありがとうございました。エリアとかジャンルとかをあんまり意識しないのに広いっていう人と、ぼくはできるだけ会いたいと思っているんです。だけど、あんまりいないんですよね。

佐久間
そうですか。

糸井
得意なものが2つ3つつながると、もう十分にマルチに見えちゃうんで。「まさかこんなところまで」というところにまで触っててほしいんです。その意味では、久しぶりにやっぱりテレビ東京のおかげなのか、こういう方が出てきたんだなあと。

佐久間
ぼくも入社したときに、最終的に「オールナイトニッポン」やるとは思わなかったですから(笑)。それもテレビ東京のおかげだと思ってます。

糸井
よくできた組織だったら、「お前、これやっててくれたらいいから」ってなっちゃうもんね。

佐久間
ほんとそうなんです。これは本当に言いづらいことですけど、テレビ東京はいいところもあるんですけど、やっぱり足りないものもある組織だからこそ、ぼくはこういう育ち方ができたんだなと思います。

糸井
サバイバル野郎ですよ。

佐久間
あははははは。いや、そうなんですよ、本当に(笑)。

糸井
きょうはこんなところにしましょうか。また何か違うところでもお会いしましょう。

佐久間
はい、よろしくお願いします。ありがとうございました。

糸井
ありがとうございました。

(出典:ほぼ日刊イトイ新聞「 知恵と武器と感度。(12)おもしろくて、かっこいい。」)

佐久間宣行(さくま・のぶゆき)
テレビプロデューサー、演出家、作家、ラジオパーソナリティ。
1975年福島県いわき市生まれ。元テレビ東京社員。
『ゴッドタン』『あちこちオードリー』などの人気番組を手がけるプロデューサー。
2019年4月からはニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』ラジオパーソナリティを担当。
2021年3月に独立。YouTubeチャンネル「佐久間宣行のNOBROCK TV」を開設。
2022年3月からNetflixオリジナル番組『トークサバイバー!』が全世界配信中。
著書に『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる』(扶桑社)。

【関連記事】

おすすめの記事