Yahoo! JAPAN

認知症の母を施設にあずけて罪悪感で落ち込む友人。あなたならなんと声を掛けますか?<4コマ漫画>

saita

【#88】認知症の母を施設にあずけて罪悪感で落ち込む友人。あなたならなんと声を掛けますか?<4コマ漫画>

42歳で独身の“鈴木ゆう子”の日常を描く4コマ連載『わたしを幸せにできるのは、わたし自身だ。』第88回目。わたしたちは、無意識のうちに「〇〇であるべき」のような固定観念をもっていたり、当たり前のような日常に埋もれている「幸せ」に気づいていなかったりするのではないでしょうか。“鈴木ゆう子”の日常が、あなたにとって、人生や幸せを見つめるキッカケになれたらうれしいです。

認知症の母を施設にあずけて罪悪感で落ち込む友人。あなたならなんと声を掛けますか?

※4コマイラスト:村澤綾香

責任感が強い人ほど、仕事や家庭において「私がやらなきゃ!」「私がしっかりしなきゃ!」と感じてしまいます。

でも、一番大切にしなければいけないのはあなたの心と体です。身近な人も、あなたの健康や笑顔を望んでいるはず。

スーパーマンではないのだから、どんな悩みもひとりで抱えず周囲の人や、その道のプロに協力を仰ぎましょう。

saita編集部

【関連記事】

おすすめの記事