Yahoo! JAPAN

「Neros株式会社」が殺処分前に保護犬・保護猫を預かるボランティアを開始

ELEMINIST

「Neros株式会社」が、4月下旬より「COKA animal rescue」と協力し、保護犬・保護猫たちが新しい家族を見つけるまでのサポートを開始した。日本各地に存在する動物愛護センターに収容された犬や猫が、新しい家族を見つけるまでの間、預かりボランティアを行う。

企業ができる新たなサポート「預かりボランティア」

サステナブルペット事業を行う「Neros株式会社」が、日本各地に存在する動物愛護センターに収容された動物たちを、殺処分前にレスキューする預かりボランティアを開始した。彼らが新しい家族を見つけるまでの間をサポートする。

同社はサステナブルペット事業を開始した当初から、動物保護団体へ必要な物資の支援などを行なっていたが、保護団体にかかる負担が増大している背景を受け、より保護に近く寄り添えるよう今回の取り組みに至った。

企業規模でサポート体制を構築、情報を発信することで、救える命を増やし、殺処分がある現状を変えることに取り組んでいくそうだ。

関西でアニマルレスキューを行う「COKA animal rescue」と協力

今回Neros株式会社が取り組みを開始した預かりボランティアは、大阪を拠点に関西で活動する「COKA animal rescue」との協力のもと行われる。

COKA animal rescueは沖縄県や山口県の保護団体と協力し、センターに収容される動物達をレスキューしている。Neros株式会社はスタッフと協力し、レスキューされた犬や猫たちが新しい家族・里親を見つけるまでの預かりボランティアとして活動する予定だ。

お問い合わせ/Neros株式会社
https://www.neros.info/

【関連記事】

おすすめの記事