Yahoo! JAPAN

視界と動きの邪魔になるから捕手は打球処理の時に素早くマスクを外す【少年野球 監督が使いたい選手がやっている!デキるプレイ56】

ラブすぽ

視界と動きの邪魔になるから捕手は打球処理の時に素早くマスクを外す【少年野球 監督が使いたい選手がやっている!デキるプレイ56】

捕手は打球処理のときに素早くマスクを外す

【どうして?】
●外さないと視界と動きのじゃまになるから

キャッチャーフライが上がったときや、バント処理などの守備機会では、マスクを外して打球を追うようにする。利き手でマスクの下側を持って、素早く外そう。

打球を追うときに、マスクが動きの邪魔になるだけでなく、網の部分はボールを追う視界の妨げになる。動くことでマスクがずれたりするとなおさらだ。キャッチャーフライが上がったときには、ボールが見えなくなった瞬間にマスクを外して、真上を見上げるまでを一連の動きとして習慣づけよう。視界で捉えられる、中途半端に上がったフライは素早い捕球動作が必要なので、マスクをつけたまま捕りに行こう。

【監督からのひと言】外したマスクは地面に置くが、守備の邪魔にならないよう、なるべく遠くに放るようにしよう。三塁にランナーがいるときは、走路上に置いてしまうと走塁妨害をとられる。

出典:『少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56』監修/江藤省三

【関連記事】

おすすめの記事