Yahoo! JAPAN

【ニトリ】お手入れ簡単、油いらず「激安グリルパン」の実力は? 肉・魚・野菜を焼いてみた

ウレぴあ総研

ニトリの「IHダイキャストグリルパン」は、油いらずでヘルシー料理にぴったりの調理器具!

お肉はもちろん、魚や野菜も直接グリルパンに乗せるだけで、こんがり美味しく仕上がると評判になっています。

そこで今回は、この「IHダイキャストグリルパン」で実際にさまざまな食材をグリルしてみました。

普通のフライパンを使った時とどのように違うのか?レビューします。

油いらずでヘルシー!ニトリの「IHダイキャストグリルパン」:3045円(税込)

ここでは、ニトリの「IHダイキャストグリルパン」の特長を紹介します。

「一般的なフライパンと何が違うの?」と感じる人は、ぜひ最後までご覧ください。

特長1「余分な油が落ちる」

グリルパンの底面には、縦型に溝が刻まれています。

食材を乗せたときに溝に余分な油が落ちるため、一般的なフライパンに比べてヘルシーに調理できるのが最大の特長です。

また、焼き上がりはおいしそうな焼き目が入り、まるでBBQのような仕上がりに!

自宅のキッチンで本格的なグリル料理を楽しめるため、パーティー料理やおもてなし料理にもぴったりです。

特長2「お手入れが簡単」

2つ目の特長は、内面がフッ素加工されていること。

フッ素加工が施されているので焦げ付きの心配がほとんどなく、おいしそうな焼き色が食材の表面につきます。

また、縦型の溝によって食材とフライパンの接地面積が少なくなるのでフライパンも汚れにくく、お手入れも楽にできるでしょう。

実際に使ってみた!肉・魚・野菜を焼いてみる

続いて、「IHダイキャストグリルパン」を使って、肉・魚・野菜がどれだけきれいに焼けるかレビューします。

もちろん、油は一切使用しませんよ!

グリルパンを十分に熱して、その上にお肉を乗せます!

一気に牛肉の香りが立ち上ります。

グリルパンで焼くことでおいしそうな縦ラインの焼き目が入り、普通のフライパンで焼いた時よりもはるかにおいしそうです。

また、肉から出る余分な油や汁気が溝に落ちるため、肉の表面が湿ってしまうことなくジューシーに焼き上がりました。

ステーキの肉を焼くのもいいですが、筆者のおすすめはローストビーフを作る際にこのグリルパンを活用することです。

牛かたまり肉をじゅ〜っと焼いて旨味を閉じ込めるとき、縦の焼き目がとってもおいしそうに映りますよ!ぜひ試してみてください。

筆者宅では、魚は専用のグリルで調理しています。

「魚ってグリルパンで焼けるの?」と半信半疑でしたが、いざ調理してみると驚き!

魚焼きグリルでは毎回、魚の皮が網にくっついていたのですが…このグリルパンを使ってみると、油を使用していないのにもかかわらず、全く皮がくっつきませんでした。

しかも、おいしそうな焼き目がつき、皮がこんがりと焼けてパリッとした食感に。

身もふっくらとジューシー!アジってこんなにおいしかったんだと感動しました。

後片付けもさっとグリルパンを洗い流すだけなので簡単です。

野菜

野菜を切って焼くだけなのに、なぜこんなにおいしくなるのか?

それは「縦の溝」があることで余分な水分が落ち、野菜がベチャベチャになりにくいからです。

このグリルパンで焼いた野菜はとても甘くて、蒸し野菜を思わせるほど。

ただ切って焼くだけで素材の旨みを引き出せるのは凄いですよね。

お酒が好きな人は、ぜひ「IHダイキャストグリルパン」で野菜の素焼きを作ってみてくださいね。

番外編:ホットケーキ

作ってみたら案外おいしかったのが「ホットケーキ」!

見た目がワッフルみたいなので、サラダをトッピングして朝食にもおすすめです。

小さめに焼いて重ねたり、間にクリームなどを挟んだりしてもおいしそう!

肉や魚などのメイン料理にはもちろん、おやつ作りにも使えそうです。

「IHダイキャストグリルパン」の縦の焼き目は本当に美しく、食欲をグッと掻き立ててくれます。価格もリーズナブルなので、ぜひ活用してみてください。

※値段はセールなどで変動します。
※数に限りがあります。商品入れ替えや売り切れの場合はご容赦願います。
※デザイン・価格・種類数は変更となる場合があります。

(ハピママ*/おにぎり)

【関連記事】

おすすめの記事