Yahoo! JAPAN

なぜ犬は外で飼うべきではないのか?室内飼いをおすすめする理由4選

わんちゃんホンポ

犬の室内飼いをおすすめする理由

1.快適な温度と湿度で生活することができる

室内飼いをおすすめする理由は、犬にとっての快適な温度と湿度を管理しながら生活することができるからです。

犬種・年齢・健康状態などによって異なりますが、犬に快適な温度は18℃~22℃くらい、湿度は40%~60%くらいであるとされています。人間には肌寒いくらいの体感ですよね。

室内温度計を置き、犬にとっての快適な温度と湿度であるかどうかを確認しながら冷房や暖房を調整するとよいです。

とくにお留守番中は徹底して管理してあげてほしいです。エアコンは“スマートリモコン”を使うことで外出先からも遠隔操作することができます。

2.危害を加えられる心配がない

室内飼いをおすすめする理由は、他人によって犬に危害を加えられる心配がないからです。

✔飼い主の留守中に食べ物を与える
✔鳴き声がうるさいからとホースで水をかける
✔通りすがりに吠えられたからと石を投げつける

これらは、外で飼われているワンちゃんに対して、他人が危害を加える様子を私が実際に見たものです。

健康や命にも関わる問題だと思います。室内で飼われていれば、このような危害を加えられることは絶対にありません。

3.衛生状態を保ちやすい

室内飼いをおすすめする理由は、犬の衛生状態を保ちやすいからです。

室内で生活する犬は体が汚れにくく、体臭もきつくなりにくいです。砂埃まみれになることもありませんし、毎日のように穴掘りをして手足が土で真っ黒になることもありません。

外で飼われている犬も大雨や台風の時は玄関の中や室内に入れてもらうことがありますよね。衛生状態の悪い犬だったらどうでしょうか。室内に入れることを躊躇ってしまうのではないでしょうか。

玄関の中に入れるだけでも体臭がきつくて気になってしまうと思います。だからといって、悪天候の中を外に置いておくわけにはいかないですよね。

4.フィラリアに感染するリスクを軽減できる

室内飼いをおすすめする理由は、フィラリアに感染するリスクを軽減できるからです。

予防を行っていない場合ですが、常に外で暮らす犬はフィラリアに感染するリスクが高いです。ほぼ100%と言っても過言ではないと思います。成虫は犬の心臓に寄生し、やがて死をもたらします。

令和になってからの調査では、『フィラリアの予防を行っていない』という飼い主が24%もいるということが分かっています。

近所には、今現在フィラリアの治療を行っている犬もいますし、「室内犬だから薬は飲ませてない」という飼い主もいます。

フィラリアに感染するリスクの違いはありますが、室内で飼う場合も外で飼う場合も必ず予防薬が必要です。

犬が蚊にさされたことで苦しむことがないよう、室内で生活させてあげてほしいです。

まとめ

犬の室内飼いをおすすめする理由を4つ解説しました。

✔快適な温度と湿度で生活することができる
✔危害を加えられる心配がない
✔衛生状態を保ちやすい
✔フィラリアに感染するリスクを軽減できる

自宅の敷地内だからといって、犬にとって100%安全な場所ではありません。門や塀がない場合、他人が侵入しやすいこともあり、危害を加えられてしまう犬もいます。迷い犬が侵入し、愛犬が襲われたという話も聞いたことがあります。

安全と健康と命を守りたければ室内で飼うべきです。飼い主が見守ってあげられる時間にのみ、庭で自由に遊ばせてあげてはいかがでしょうか。お留守番中のみ、玄関の中に入れてあげるという方法でもリスクは軽減されると思います。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事