Yahoo! JAPAN

岡田結実、出産は「まだ先だけど未来への安心感」 助産師の仕事ぶりに「本当にマジ神」

Techinsight

「看護の日」イベント『かんごちゃんねる』に出席した岡田結実

2022年の看護週間の初日にあたる5月8日、「2022年『看護の日』イベント『かんごちゃんねる』」が開催され、女優でタレントの岡田結実(22)がトークセッションに登場した。岡田は自身が看護を受けた経験を話したり、助産師の仕事ぶりを聞いてその印象を語った。

今年の「看護の日」イベントは“いのち、暮らしを、まもる人。”がテーマ。トークセッションには、岡田結実の他に現役の助産師、保健師、2名の看護学生、そしてMCを務めたタレントのハリー杉山とフリーアナウンサーの高木マーガレットが加わった。

岡田は自身が看護を受けた経験として「年に1、2回食中毒になる」と語った岡田は、「心細いんですけど『大丈夫だよ! 絶対治るよ!』と手を握ってくださった看護師さんがいて本当に救われた」と看護師に励まされたという。「細かいところまで助けてくださって、一緒に思いを重ねてくださるのが勇気にもなる」と振り返り感謝した。ちなみに岡田の初めての連続ドラマ出演はテレビ朝日系『ヒモメン』(2018年7月期)だったが、新人看護師を演じた。

看護職には看護師だけでなく助産師や保健師なども含まれるが、現役助産師の仕事ぶりがVTRにて紹介されると、岡田は「初めての赤ちゃんはもちろん、何人産んでいても不安はつきまとうものなので、こんなに寄り添ってくれると安心感につながる。すごく素敵だな」と印象を述べた。MCを務めたハリー杉山が「前に藤本美貴さんと話をしたときに、『助産師さんいなかったらやっていけない、マジ神!』って言ってましたよ」とタレントの藤本美貴の言葉を紹介すると、岡田も「産後のケアもされているのを見ると、本当にマジ神!」と納得した。

助産師は身体の回復のケアはもちろんのこと、母親の気持ちも不安定になりやすいので心のケアもするという。岡田は「出産がメインなのかと思っていたけど、出産後のお母さんや赤ちゃんのケアなどお母さんをサポートしているのを知って、もっともっと信頼感が増しました」とコメント。将来の自分の出産を思い描いて「まだ先だと思っているけど、未来への安心感につながった」と心強く感じたようで、「将来もよろしくお願いします」とにっこりお願いした。

今年の看護週間は5月8日から14日まで。全国に看護師は168万人いるというが、生配信されたイベントでは「忘れられない看護エピソード~いのちをまもり、支えるプロフェッショナル~」で最優秀賞に選ばれたエピソードをアニメーション化、声優・細谷佳正と入野自由が参加し、テーマソングをアーティスト「703号室」が提供した作品を公開した。また「看護の日」キャラクター・ロゴマークの発表、「703号室」によるスペシャルライブも行われた。
(TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)

【関連記事】

おすすめの記事