Yahoo! JAPAN

黄色が鮮やか!初夏を彩る希少な水草「アサザ」が開花 国営越後丘陵公園

Komachi

 長岡市にある国営越後丘陵公園で、アサザが開花しています。

 アサザは水草の一種で、新潟県の絶滅危惧Ⅱ類(絶滅の危険が増大している種)に指定されているという貴重な植物。しかも花は、午後には閉じてしまい、また寒い日や雨の日にも閉じているそうなので、その美しさを十分に観賞できるは“晴れた日の午前中のみ”というとても限られた時間!

 同園では、環境を整え管理することでアサザを増やし、満開時には水面が鮮やかな黄色いじゅうたんに覆われたかような美しい光景を楽しむことができるそうです。

 場所は、園内の里山フィールドミュージアム「花の水辺区」と「山の水辺区」。アクセスは里山口駐車場からがおすすめで、花の水辺区までは徒歩3分、山の水辺区までは徒歩10分とのこと。

 アサザの群生風景は新潟県内では珍しいそうですから、ぜひこの機会に貴重な花を見てみたいですね。

※写真提供/国営越後丘陵公園(2021年6月15日撮影)

施設情報

施設名: 国営越後丘陵公園
住所: 長岡市宮本東方町字三ツ又1950-1
TEL: 越後公園管理センター(0258-47-8001)
営業時間: 9時30分~18時
料金: 【入園料】大人(15歳以上)450円(65歳以上210円)、中学生以下無料 
【駐車料】普通車320円
定休日: 不定休(7月は12日(月))
駐車場: 2000台
外部リンク: https://echigo-park.jp/

(文/Komachi Web編集部・タグチ)

【関連記事】

おすすめの記事