Yahoo! JAPAN

『グリーン&ブラックス』#49 平方元基×笹本玲奈×昆夏美×上口耕平がミュージックショーに登場

SPICE

(左から)昆夏美、上口耕平、平方元基、笹本玲奈

2021年4月30日(金)に放送されるWOWOWオリジナルミュージカルコメディ福田雄一×井上芳雄『グリーン&ブラックス』で放送されるミュージックショーの歌唱楽曲と出演者が発表となった。

今回は、井上芳雄がミュージカル『パレード』より「This Is Not Over Yet」を、さらに5月に日本初上演となる「ブロードウェイミュージカル『メリリー・ウィー・ロール・アロング』~あの頃の僕たち~」より、平方元基×笹本玲奈×昆夏美×上口耕平の豪華キャストが出演し、3曲で構成されるスペシャルメドレーを披露する。

また、新企画として夢のミュージカル講座「シークレット・ゼミ」が始動。初回は日本ミュージカル界随一の美しき「悪役」で、観る者を震え上がらせてきたミュージカル俳優・岡幸二郎が稽古場に登場。岡に“悪役の極意”を学ぶのは、レギュラー出演の井上を始め、加藤和樹、岸祐二、平方元基。他では決して見ることのできない貴重なエピソードが飛びだす新企画も見逃せない。

▼ 「This Is Not Over Yet」(ミュージカル『パレード』より)

井上芳雄メッセージ

井上芳雄

一番好きなミュージカルソングと言っていい、そのくらい好きな曲です。日本版が上演される以前から、自分のコンサートで英語詞で歌っていたんです。最悪の状況にいる主人公が、少し希望を抱くようになる。歌っていてどんどん熱くなる、音楽が気持ちを引っ張っていってくれるんです。ものすごくエネルギーを必要とするけれど、そこが好きなんだと思います。まだ観ていない方はぜひ観てほしい、そう思うくらい大事な作品です。

▼ミュージカル『メリリー・ウィー・ロール・アロング』よりメドレー

平方元基メッセージ

平方元基

グリブラでは一人で歌うことが多いので、今回は舞台で共演する皆さんと歌えて嬉しかったです。メドレーにはまだ稽古をやっていないシーンの曲も入っています。作曲家のスティーブン・ソンドハイムが命を賭けて作った曲で、演出家(マリア・フリードマン)も「謎解きのような作品」と言っているので、答えが見つからなくてもそれが正解かもしれない、音楽に身を任せてみてください。

笹本玲奈メッセージ

笹本玲奈

今回『グリブラ』に初めて出演させていただきましたが、これをご覧になって、作品に興味を持ってもらえたら…という思いが一番です。ソンドハイムの曲は歌うのは難しいけれど、聴くと結構キャッチーなメロディが多くて、古き良き時代のミュージカル!という感じです。ミュージカル好きな方には十分楽しんでもらえるのではないかなと思います。

昆夏美メッセージ

昆夏美

今回披露した曲をまだ稽古していないので、何も色がついていないからこそ、グリブラ限定のメドレーが出来たんじゃないかなと思います。4人で歌うなんてグリブラでは初めてで、心強かったですね。今、稽古でソンドハイムの曲に悪戦苦闘していますが、グリブラでのメドレーを楽しんでいただき、ぜひ舞台もご覧いただけたらと思います。

上口耕平メッセージ

上口耕平

このメドレーは今回限定で、僕が歌ったのは普段の稽古では歌ったことのない部分でした。貴重な経験ですごく楽しかったので、きっとご覧になる方々ものめり込んで聴いてくださるんじゃないかなと。本番の舞台がより楽しみになりました。とても生活感の匂う楽曲で、誰もが持っている感情が込められたメロディだと感じるので観客の皆さんとその感情をシェアするのが楽しみです。さまざまな気持ちを味わっていただけたら嬉しいです。

【関連記事】

おすすめの記事