Yahoo! JAPAN

渓流エサ釣りで渓魚4種をキャッチ 北陸奥越漁協管内を偵察釣行

TSURINEWS

九頭竜川のヒレピンヤマメ(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

4月25日は北陸方面の渓流がどうなっているのか偵察釣行してきたのでレポートしたい。釣行したのは福井県の奥越漁協管内。

九頭竜川で渓流釣り

山々は新緑が色づき、季節は徐々に初夏へ移り変わろうとしている。渓流釣りも渓魚の活性が高く食いが良くなっているが、それと同時に瞬発力も増し、魚との知恵比べが始まっていた。

奥越漁協管内は私が住む岐阜県郡上市からはひと山越えた先にあるので案外近い。

薄暗いなか、長良川本流でエサのヒラタとオニチョロを採取する。現地に着いたころにはすっかり明るくなっていた。最初のポイントは、九頭竜ダム上流の九頭竜川本流。ちょうど高速道路を建設中の辺りだ。

新緑が美しい九頭竜川本流(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

川に出て仕掛けをセットアップ。サオは6m、水中イトはフロロカーボンライン0.175号、ハリは忍ヤマメ5号、エサはヒラタからスタートする。

イワナ連続ヒット

入川口すぐの瀬の開きにエサを投入すると、すぐに目印が走る。いきなりヒットしたので思わずアワセミス。気を取り直して探っていくと、またまた目印が止まる。すかさずアワせるとサオがいい感じで曲がる。タモに収まったのは20cmほどのイワナだ。

この後も瀬を中心にイワナが連続ヒット。流れ込みはどうだろう。流れの開きでアタリは出るがハリに乗らない。エサをオニチョロにチェンジするとヒット。水中でギラギラする魚体はイワナではない。タモに収まったのはきれいなヤマメだ。サイズは18cm。この後はアマゴも交じってまずまずの釣れ具合だった。

石徹白川へ転戦

当日は調査目的だったので、このポイントで粘らず移動する。次にやって来たのは支流の石徹白川。川沿いに上流へ車を走らせると、山原ダムを通り過ぎた辺りから渓相が一変。大岩交じりのダイナミックな流れが目に飛び込む。谷も深い。

桜が咲いていた前坂キャンプ場前(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

前坂キャンプ場に狙いをつけ、キャンプ場の管理棟で入場料の300円を支払う。キャンプ場に入って釣る際は入場料が必要になるので注意が必要。対岸を見ると日陰に残雪があり、少し上手の日当たりが良い場所では桜が咲いていた。石徹白は今が桜の最盛期だ。

泣き尺29cmイワナ登場

キャンプ場の橋下流の中州へ渡って釣りを始める。川が広くなったのでサオは7m。やりやすい流れは反応がない。瀬の流れの引き落とし寸前の所でヒット。デカそうだ。慎重に取り込んだのは泣き尺29cmのイワナだ。

この後は石裏を中心にイワナがヒットするが、アマゴやヤマメが出ない。ひと通り探って移動する。少し下流へ来た。ここはいきなり入れ食いモードに入った。釣れるのは良型のアマゴとヤマメ中心で、たまにイワナが交じった。

まさかのニジマスヒット

昼からは九頭竜川本流へ移動して谷戸橋下流に来た。入りやすいポイントなのでアタリが出ない。それでも丹念に探っていくと、大石横のヨレで強烈なアタリでヒット。掛かった魚は走り回って暴れる。キラキラ光る魚体からイワナではなさそうだ。

まさかのヒレピンニジマス(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

期待が膨らむが、タモに収まったのはなんとヒレピンのニジマス。軽く尺は超えていた。九頭竜川本流でニジマスを釣ったのは初めてだ。

多彩に4目釣り達成

気を取り直して探っていくと、今度は20cmオーバーのヤマメが連続ヒットし、気持ち良く納竿とした。結果、アマゴ、ヤマメ、イワナ、ニジマスの4目釣りだった。割合としては、アマゴ4割、イワナ4割、ヤマメ2割と他ニジマス1匹といった感じだった。

4目達成で満足(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

今後の見通しは、奥越はようやく釣れ始めた感じなので、5月いっぱいは楽しめそうだ。特に石徹白川は水位が下がってからが本番だと思う。また5月中に釣行予定だ。

<週刊つりニュース中部版APC・松森渉/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年5月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post渓流エサ釣りで渓魚4種をキャッチ 北陸奥越漁協管内を偵察釣行first appeared onTSURINEWS.

おすすめの記事