Yahoo! JAPAN

沖の五目ジギングを満喫 クロムツにアマダイにレンコダイなど多彩釣果

TSURINEWS

タイラバで釣ったレンコダイ(週刊つりニュース中部版APC・伊藤明洋)

5月から久しぶりに再開した五目ジギング。三重県志摩市和具の遊漁船に5月7日、単独釣行したのでその模様をリポートしよう。釣果はクロムツ、マサバにレンコダイ5匹と久しぶりの五目ジギングとしては物足りない釣果となったが、トンジギとは違ってジグを躍らせる楽しさを満喫した。

五目ジギング釣行

5月から久しぶりに再開した五目ジギング。三重県志摩市和具の遊漁船に5月7日、単独釣行した。五目ジギングは今ひとつらしいが、トンジギに比べれば何かしらのヒットはあるだろうと期待は膨らむ。準備していると静々と船がやって来た。予約順で私はトモを選択。隣は坂下さんだ。

レンタルタックルのアングラーさんは3人。これからジギングを始めるのだろうか。好釣果が出ることを切に願う。水深は100m程度というので、ジグは200gをセットして出船を待った。

ファーストヒットはクロムツ

約30分でポイントに到着。思ったより大きなウネリがあり、どんよりとした曇り空だ。船長から「水深110mです。始めてください」と声がかかった。

ディープライナースパイナローのイワシカラーでフォール開始。ボトム確認後、ワンピッチワンジャークで20m程度を探る。潮があまり効いてないのか、活性が低いのか、ノーバイトが続いた。

6時半ごろ、オレンジグローのスパイ5にジグを交換し、ボトムから5mをたたくよう探っているとヒット。上がってきたのはクロムツ。これまで釣った中では大きい方だ。貴重な魚に船長は写真を撮ってくれた。

筆者のファーストヒットはクロムツ(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤明洋)

多彩な魚種がぽつぽつ

再開し再びボトムをたたいているとヒット。同時に坂下さんもヒット。坂下さんはドラグを鳴らす良型のようだ。

私の方は時々たたくが小物だ。上がってきたのはレンコダイ(キダイ)。坂下さんは2kgには届かないが、大きなアマダイだ。

ミヨシではオニカサゴもヒットし、私にもオニカサゴの幼魚が釣れてきた。8時ごろになると、レンタルアングラーさんが2人、右舷で嘔吐。早々の戦線離脱となった。

坂下さんは大型のアマダイをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤明洋)

タイラバでレンコダイ追加

食いが渋いので、船が流れているうちにと、タイラバに挑戦。タコカーリーで流していると、レンコダイが釣れてきた。

しかし、だんだんと風はやみ、バーチカル状態となった。船長はポイントを変えて漁礁を選択。

レンコダイ(キダイ)はポツポツ(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤明洋)

丸々太ったマサバを追加

ミヨシのアングラーに大物がヒット。しかし、その強烈な引きの末、痛恨のラインブレイク。

私は再びジギングに戻し、ボトム付近をシャクっているとヒット。上がってきたのはマサバ。丸々太って、うまそうだ。こいつはあぶり締めサバで冷酒コースにしよう。

マサバ(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤明洋)

最終釣果

船長は次々と漁礁を変えて、釣らせようとしてくれた。レンコダイを連続して追加したが、正午を回るとほとんど釣れなくなり、午後1時に沖上がりとなった。

釣果はクロムツ、マサバにレンコダイ5匹と久しぶりの五目ジギングとしては物足りない釣果となったが、トンジギとは違ってジグを躍らせる楽しさを満喫した。

釣った魚を干している様子(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤明洋)

いつもは特設作業場で魚の処理をさせてもらうのだが、ゴールデンウイークの渋滞を避けるため、午後2時に帰路に就いた。

翌日さわやかな晴天だったので、クロムツとレンコダイで干物を作ってみた。皆さんもおいしい魚を釣りに御座沖に通ってみてはいかがだろうか。

干物(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤明洋)

<週刊つりニュース中部版APC・伊藤明洋/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年6月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post沖の五目ジギングを満喫 クロムツにアマダイにレンコダイなど多彩釣果first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事