Yahoo! JAPAN

バンドマンの恋愛と人生を描いた映画『虹が落ちる前に』劇場公開が決定

SPICE

映画『虹が落ちる前に』

映画『虹が落ちる前に』が2022年春に劇場公開されることが決定した。

『虹が落ちる前に』は、バンドマンの恋愛と人生を描いた映画。売れないバンドを続ける気の弱い主人公・公平は、自分の現状に満足してはいないが、周りにいる仲間や大切な彼女がいることに甘え日々を過ごしていた。しかし、ある日事件に巻き込まれ全てを無くしてしまう。今までの日常を取り戻せないと知った公平は前に進む決断を下し、ある曲を作り始める。

カナザワ映画祭での上映より

優柔不断な主人公・公平を演じるのは、守山龍之介。公平を支え続ける彼女・珠江役で畦田ひとみが共演。白磯大知、末松暢茂、梶田冬磨、昆竜弥、板垣雄大、田宮拓、バンダリ亜砂也らがキャストに名を連ねている。メガホンをとったのは、本作で長編映画デビューを果たすKoji Uehara監督。Uehara監督は、脚本・衣装・音楽も兼任している。

カナザワ映画祭での上映 舞台挨拶より

Koji Uehara監督のコメントは以下の通り。

Koji Uehara(監督)

この世界にどうしても素敵な映画を放り込みたくて、初めて長編映画に挑戦しました。

映画ファンに向けたものではなく、明日への切符を買う事を躊躇している全ての人に届いて欲しいです。今、下を向いている人は後少し待ってて下さい。

最高の役者とスタッフでインディーズ、メジャー、そんな小さな壁をぶっ壊そうと思います。

劇場で必ずお会いしましょう。

『虹が落ちる前に』は2022年春、新宿 K’s cinema、UPLINK 吉祥寺、大阪・シネ・ヌーヴォほかにて全国順次公開。

【関連記事】

おすすめの記事