Yahoo! JAPAN

【バンビシャス奈良】西地区1位の滋賀に悔しい連敗

奈良のタウン情報ぱーぷる

【バンビシャス奈良】西地区1位の滋賀に悔しい連敗

【バンビシャス奈良】西地区1位の滋賀に悔しい連敗

2024年3月30日、31日、バンビシャス奈良は滋賀ダイハツアリーナで滋賀レイクスと対戦。

30日は70-78、31日は67-81で敗戦。

バンビシャス奈良 70-78 滋賀レイクス(2024年3月30日)

©Bリーグ

1Q、林瑛司選手が先制点となる3Pシュートを含む、2本の3Pシュートとファストブレイクからの得点、シェイク・ムボジ選手へのアシストなど、攻撃を牽引。15-14と1点リードして終える。

2Q、お互いに点を取り合う競った展開が続いたが、シャキール・ハインズ選手の3Pシュートが決まり、4点をリードしてオフィシャルタイムアウトを迎える。終盤に滋賀に逆転を許してしまうも、柳川幹也選手の3Pシュートが決まり、39-40と点差を1点に縮めてハーフタイムへ。

3Q、奈良のターンオーバーやシュートがなかなか決まらない時間に滋賀に連続得点を許してしまい、点差を2桁に広げられてしまう。しかし、中谷衿夢選手がファストブレイクからの得点をあげると、本多純平選手の得点をアシスト、そして再び自らの得点と、悪い流れを止める。最後はキャメロン・ジャクソン選手が得点をあげ、55-62で最終クォーターを迎える。

4Q、逆転を目指す奈良は、いきなり林選手の3Pシュートがヒットし、点差を4点に縮める。しかし、直後に滋賀に3Pシュートを返されると、そこから滋賀の9点のランとなってしまう。終盤には林選手の4点プレーとなった3Pシュートを含む8点のランで追い上げをみせたが、あと一歩届かず、70-78で敗れる。

©Bリーグ

小野秀二HCコメント

「70点台の試合は、テンポ的には我々の目指す展開だったと思います。ただ、3Qにチーム滋賀と我々のフィニッシュの力の差が少し出てしまいました。そこを除けば、アグレッシブなディフェンスはできていましたし、リバウンドでも相手にセカンドチャンスポイントを与えないという、今回ポイントとしていたところを選手たちはしっかり遂行してくれました。明日は、このフィニッシュの部分を修正して、試合に臨みたいと思います。」

バンビシャス奈良 67-81 滋賀レイクス(2024年3月31日)

©Bリーグ

1Q、本多選手が先制点をあげると、今度はドライブで仕掛けて連続得点をあげる。ハードなディフェンスで滋賀の得点を10点に抑えると、奈良はハインズ選手を中心に得点を重ね、15-10でリードして終える。

2Q、序盤に滋賀に同点とされると、そこからは互いに点を取り合い、競った展開となる。奈良は中谷選手がアグレッシブなプレーで、2本のフリースローとアシスト2つを成功させ、チームに勢いをつけ、33-31でリードを保ったままハーフタイムを迎える。

3Q、中盤にかけては、ジャクソン選手を中心に得点を重ね、競った展開が続いたが、残りおよそ4分30秒でジャクソン選手の3Pシュートが決まって以降は、奈良の得点が止まってしまい、滋賀に3本の3Pシュートを含む13点のランを許してしまう。最後はハインズ選手と林選手の連続得点で点差を縮め、50-57と7点ビハインドで最終クォーターへ。

4Q、序盤からハインズ選手と古牧選手が3Pシュートを成功させ逆転を目指すが、滋賀の得点を止められず、なかなか点差を縮められない。栗原翼選手がバスケットカウントから3点プレーや3Pシュートを成功させたが、終盤に滋賀に7点のランを許してしまい、67-81で敗戦。

©Bリーグ

小野秀二HCコメント

「選手たちは、イージーな得点を与えない、ハードなディフェンスをしてくれたと思います。ですが、オープンショットの確率の差が、とくに後半出てしまったと思います。チーム滋賀はオープンショットをしっかりと決めてきました。我々はオープンな状況は作れてはいたのですが、そのショットを決めきることができず、それで得点を伸ばすことができなかったことが、敗因となったと思います。」

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【山手線・駒込駅徒歩30秒】1泊3500円の露天風呂付き「カプセル&サウナ ロスコ」に泊まってみたら…ジブリ映画『千と千尋の神隠し』を思い出した

    ロケットニュース24
  2. 榎木淳弥と諏訪部順一が『呪術廻戦』展の音声ガイドを担当 渋谷ヒカリエとのコラボも決定

    SPICE
  3. AMEFURASSHI、新曲「イニミニマニモ」ダンスプラクティス映像公開!

    Pop’n’Roll
  4. 【#北九州下関フェニックス】首位攻防の3連戦は1勝2敗に 首位はかろうじてキープ(2024年6月14日~16日)

    キタキュースタイル
  5. 「堅あげポテト」を食べたことがない42歳、人生で初めて食べた結果 → 泣いた

    ロケットニュース24
  6. 【動画】大阪・関西万博300日前記念イベント「あべてんフェス」で奈良市の魅力紹介

    OSAKA STYLE
  7. TEAM SHACHIが6年ぶりTIFのステージに登場 『TOKYO IDOL FESTIVAL 2024』出演アーティスト17弾を発表

    SPICE
  8. くノ一今季初の3連勝 愛媛Lに2‐1 なでしこ1部

    伊賀タウン情報YOU
  9. 【女性編】離婚後のひとり暮らしで実感した“自由と寂しさ”のリアル #4「我慢できなかった結果…」

    ウレぴあ総研
  10. 早見あかり 3歳の娘が“違和感”を 「何でママがドラマに?」 映画『Ultraman: Rising』特別上映会

    動画ニュース「フィールドキャスター」