Yahoo! JAPAN

海老名リトルシニア 関東大会予選で優勝 決勝戦は7対0で圧勝〈海老名市・座間市・綾瀬市〉

タウンニュース

海老名リトルシニアの選手たち

中学校硬式野球の海老名リトルシニアが、3月14日から4月18日にかけて開催された「南関東支部春季大会神奈川ブロック予選」で優勝し、南関東代表チームとして4月25日から開催予定の関東大会と、全日本中学野球選手権大会(ジャイアンツカップ)予選会への出場を決めた。海老名リトルシニアの関東予選優勝は10年ぶり5回目。

海老名リトルシニアは3月に大阪などで行われた春の全国大会へも出場をしていたが、初戦で敗退。その悔しさをバネに選手一丸で奮起して大会に臨んだという。

出場44チームの上位7チームが関東大会へ出場できる今大会では優勝までの試合全て3点差以上、優勝決定戦はコールド勝ちを収めるなど実力を発揮した。

捕手で主将の小川達也選手(相模原・鵜野森中)は「秋に比べ打力が増し、いい手応えで勝ち抜けられた。関東もチーム一丸、ベストコンディションで挑みます」と意気込みを語った。

関東大会には神奈川綾瀬も抽選枠で出場する。ジャイアンツカップは中学硬式野球最大の大会。

【関連記事】

おすすめの記事