Yahoo! JAPAN

息子の毛深さを“黒猫の呪い”と信じていた母、2歳で「多毛症」と判明し治療を決意(フィリピン)

Techinsight

フィリピン、ルソン島アパヤオ県に住むアルマさん(Alma)。2年前に誕生した息子の全身が体毛で覆われていたのは「呪いのせい」と信じていたという(『The Sun「HAIR OF THE SPROG ‘World’s hairiest baby’ born with one-in-a-BILLION ‘werewolf syndrome’ – and his mum fears it’s down to what she ate」』より)

フィリピン、ルソン島に住む2歳の男児は今月、体中に過剰な体毛が生える「多毛症」と診断された。母親はそれまで「息子が毛深いのは呪いのせい」と信じて疑わなかったそうだが、正式な診断を受けたことでレーザー脱毛をする決意を固めたという。英ニュースメディア『The Sun』などが伝えている。

【写真】2年前に誕生した男児。全身が体毛で覆われ、フサフサの黒髪で濃いもみあげまであった

フィリピン、ルソン島アパヤオ州に住むアルマさん(Alma)は今から2年前、誕生したばかりの息子ジャレン・ガモンガン君(Jaren Gamongan)を一目見て衝撃を受けた。

ジャレン君は顔、首、背中、腕など全身が薄い体毛で覆われ、フサフサの黒髪で濃いもみあげまであったそうで、アルマさんはこう信じるようになったという。

「息子の全身が毛で覆われているのは、妊娠中に山猫を調理して食べたことが原因。これは“呪い”に違いない。」

実はアルマさんが暮らす人里離れた山間部では、山猫はエキゾチックな料理として振る舞われるそうで、アルマさんは妊娠中に「どうしても山猫が食べたい」という欲求を抑えることができなくなった。そして、村の友人に探してもらった黒猫をハーブで炒めて食べたという。

そうして毛深いジャレン君を見るたび、妊娠中に山猫を食べたことを後悔し、自分を責め続けてきたそうで、いつしか周囲の人からも「それは猫の呪いだよ」と言われるようになっていた。

しかしながら息子が2歳になり、あまりにも毛深いことを心配したアルマさんは今月に入り、やっと病院に連れて行った。するとジャレン君は、狼男症候群とも呼ばれる「多毛症」と診断され、アルマさんは医師に「猫を食べたことは全く関係ない」と告げられたのだった。

「それまではずっと、罪悪感に苛まれてきた」と明かすアルマさん。この医師の言葉には救われたものの、やはり狼のような外見の息子に対する不安は尽きないそうで、複雑な胸のうちをこのように吐露した。

「ジャレンには姉と弟がいるけど、毛深いのはあの子だけなの。それで『ジャレンが学校に行くようになったら、外見が違うことでいじめられるのではないか』と心配で仕方がないのよ。」

「ジャレンはとても陽気で遊ぶことが大好きだけど、暑い日には『発疹が出て痒い』と訴えてくるの。もちろん暑ければお風呂に入れるし、毛を短くカットしたこともあった。でも毛はすぐに生えてくるし、カット後の毛はより長く、太くなってしまってね。結局、カットすることを止めてしまったの。」

そんなジャレン君を診察した皮膚科医のラヴェリンダ・ソリアーノ・ペレス氏(Dr. Ravelinda Soriano Perez)は、多毛症について次のように説明したという。

「ジャレン君の症状は遺伝と思われ、非常に稀で推定では約10億人に1人の割合で発症する。完治させる治療法はないが、レーザー脱毛などで症状を改善させることは可能だ。」

なおジャレン君は今後、4~6週間で10回のレーザー脱毛を受けて経過を観察する予定だそうで、アルマさんは「私たちは現在、1回2500フィリピンペソ(約6770円)かかる治療代の寄付をお願いしているの」と明かし、このように述べた。

「すでに私たちに援助してくれた人たちにはとても感謝しているの。みんなの支援を受けて、息子がより良い人生のチャンスを掴むことができるよう心から願っているわ。」

そしてこのニュースには、次のようなコメントが寄せられた。

「レーザー治療が上手くいくといいね。この子はとても美しいと思う。」
「まつ毛がゴージャスだわ。」
「可愛いじゃない!」
「妊娠中に山猫が食べたくなるなんて! 衝撃的だわ。」
「かわいそうな猫だこと。」
「文化や出身地の違いよ。」
「生まれた時から多毛だなんて! 治療の成功を祈っているよ。」

ちなみにマレーシアでは昨年、多毛症として生まれたことで「動物の子」と揶揄されてきた2歳の女児が話題となり、多くの人から「幸せになって」「この子を支援してあげて」といった声が届いていた。

画像は『The Sun 「HAIR OF THE SPROG ‘World’s hairiest baby’ born with one-in-a-BILLION ‘werewolf syndrome’- and his mum fears it’s down to what she ate」(Credit: ViralPress)』『New York Post 「Little girl born with ‘werewolf syndrome’ dubbed ‘child from heaven’ by royals」(Newsflash)』『Larry Gabriel Gomez Facebook』『The Daily Star 「Teen lives with rare ‘werewolf syndrome’ that leaves other kids scared he’ll bite them」(Image: mdwfeatures/Lalit Patidar)』『diamond. TikTok「we live in a world where individuality is feared.」』より
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 菅井友香、草川拓弥、ワケあり”結婚生活が始まる! W主演ドラマ『ビジネス婚ー好きになったら離婚しますー』、今夜放送スタート

    Pop’n’Roll
  2. 【高知グルメin大阪】道頓堀を見下ろすオーセンティックバーでマスターの超ネイティブ土佐弁の激流に浸る「Bar Fun」大阪市中央区道頓堀1丁目

    高知県まとめサイト 高知家の○○
  3. 【旭川】読書や勉強、作業におすすめのカフェ2選

    asatan
  4. 【旭川】クレープで春を楽しもう!旭川のお店3つ

    asatan
  5. 【旭川市】マップを頼りにGO!物静かな住宅地にあるイチオシの蕎麦屋

    asatan
  6. 千方ウォーキング 26日に伊賀・高尾で リニューアル冊子も配布

    伊賀タウン情報YOU
  7. =LOVE、≠ME、≒JOY、9/28に3グループ合同コンサート<イコノイジョイ 2024>開催決定!

    Pop’n’Roll
  8. 新図書館計画、旧スターアイランド跡地は実現困難、建設費など高騰、四日市市が議員説明会で表明へ

    YOUよっかいち
  9. 驚くほど鎌倉野菜たっぷりなランチセットが魅力の立川『cafe sov』。ジューシーな名物ミートパイもおすすめ!

    さんたつ by 散歩の達人
  10. 限定コラボグッズをGETして試合を盛り上げよう! にじさんじ『壱百満天原サロメ』とコラボした『ヴィッセル神戸』スタジアム応援グッズが登場 神戸市

    Kiss PRESS