Yahoo! JAPAN

夕マヅメの淡水小物釣りでタナゴ中心に快釣 釣果アップ3つのコツとは?

TSURINEWS

観察ケースを鮮やかに彩るタナゴ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

8月6日(金)、埼玉県富士見市・さいたま市を流れるびん沼川へと釣行。夕マヅメ狙いでタナゴ中心に多魚種の小物釣りを堪能できたのでレポートしよう。

びん沼川で淡水小物釣り

全国イチに釣り人が集まると言われるびん沼川。年間6tクラスの多魚種の放流が行われており、相当に魚影が濃い川だ。

びん沼川といえば多種多様に色々な魚種が遊んでくれて、釣師のタイプも様々にマルチに楽しめる川である。まさに淡水釣りがオールジャンルに楽しめる川といったところだ。

隣接する自然公園は散歩が気持ちよい(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

8月上旬はまだ日が長く18時30分頃までは明るいので15時からであれば、熱中症リスクも少なくかつ夕マヅメに効率よく備える事が可能だ。現着時の気温も30℃以上は余裕でありかなり酷暑であるが水分補給をしっかり取りつつ釣場へ移動した。

淡水小物釣りタックル

210cmの小物竿、60cmのタナゴ竿に0.3号のラインを竿いっぱいに結び、タナゴ釣り用斜め通し親ウキ、小丸目印の順に付ける。極小ハリス止めにタナゴ針を付けて、親ウキはじわっとシモリバランスになるように板オモリで調整。エサは野釣りグルテン、赤虫を用意した。

エサはグルテンの方が釣りやすい(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

釣れたタナゴをある程度まとめて鑑賞しつつ写真を獲る場合は、生簀が水中に定位するようにひと工夫している。

生簀はぷかぷかが便利(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

もしくはバケツ等にキープする場合は最低でもエアーポンプでの管理が必要である。特に婚姻色系のサカナは弱いのでリリース前提であれば尚更である。

長竿&短竿の二刀流で開始

長竿を先に準備して赤虫エサで流しつつ、短竿タナゴ仕掛けにグルテンエサで近場を狙う強欲な釣りだ。

当日の釣座(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

長竿で1投目からアタリがありマブナ、モロコ、モツゴなどが掛かる。短竿の準備が出来て近場のボサ際を攻めるとすぐにタナゴが掛かった。短竿でタナゴ中心に掛かるので長竿赤虫は合間合間での釣りとなり、開始1時間で10尾のタナゴが釣れてくれ快釣である。

残り2時間は短竿での勝負

釣座近くのボサ際が魚影が濃いので、短竿グルテンのみで残りの2時間集中することにした。久しぶりの釣りであるが、やはりシビアなアタリも多く難面白い釣りで掛けた時の楽しさがイイ。

途中経過を観察(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

先に釣れたサカナ以外ではニゴイ、オイカワと様々なサカナが掛かり、タナゴ中心ではあるものの多魚種も楽しめる。

夕方になると涼しく快適

楽しい時間も残り1時間をきり、あっという間に時計は18時を回ろうとしている。この時点でタナゴ釣果は18尾と同地では決して悪くない釣果だ。

夕方の景色も美しい(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

そんなことを考えながらも婚姻色の出たタイリクバラタナゴの写真撮りを済ませ、数分後に嬉しい出来事が。

タイリクバラタナゴ(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

レア種『カネヒラ』登場

夕陽に映える7cmクラスのタイリクバラタナゴが釣れてくれ、綺麗だなとテンションが上がった次投ですぐに目印がかるく引き込まれ、アワセると『バラにしては引きが強く重量感』だ。

綺麗なカネヒラが釣れた(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

フナでも掛かったかと思いつつも釣り上げるとまさかの同地レア種であるカネヒラであった。サイズを測ると9cmと私的には嬉しい瞬間だった。

残り30分はタナゴ連発

レア種が釣れたので暗くなる前に途中経過を写真撮りする。その後はコレを機にアタリが連発していき、掛ければタイリクバラタナゴで最大4連続で掛かるなどマヅメパワーが働いている。

タナゴ連続ゲット(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

釣果はすぐにプラス11尾。タナゴ釣果はあっという間に30尾超えとなり、マヅメの重要性を物語る。

大満足で納竿

最終タナゴ釣果はタイリクバラタナゴが2~7cmを36尾、 カネヒラ9cmが1尾の計37尾となる。周りも暗くなってしまいまともな集合写真は撮影出来なかったが、釣果的には大満足だ。

生簀内の元気なサカナ達全てリリースしたのち、常連の方とも会話がはずみ最近の同地状況等を教えて頂くこともできた。あらためてマヅメパワーは偉大であった。また時間のある時に釣行してみたいと思う。

タナゴ釣りのポイント3点

筆者がタナゴ釣りで意識していること3点を紹介しよう。

ボサ際が重要

同地では広範囲に釣りが出来るポイントがあるが、タナゴ狙いの方は高確率でボサ際での釣りをしている。釣りをしながら周囲を良くみているとボサ際が狙い目であるのは間違いないだろう。

状況によりポイント選定

同地はヘラ師、コイ師、バサーの方々だけでなく、タナゴ狙いの方も見られる。他魚種狙いの方々とも共通しているポイントもあり、例を挙げるならば特に熱いのは『角護岸や護岸されていない場所』など。

基本的に場所の優先順位は先行者の方だと私は思うので、釣行日ごとの状況下でポイントを選ぶようにしている。もちろん『ポイントごとに優劣の差があるのでどうしても劣を選ばざるを得ない状況』の場合は、数を諦めるかタックルを変えて他魚種へ目的を変えて楽しむようにしている。

朝よりも夕マヅメ

私の同地で少ない経験であるが朝マヅメよりも夕マヅメの方が数が釣れる確率が高いと思う。朝ももちろんチャンスで釣れるのは間違いないが、私的には朝よりも夕方の方がサカナからの待遇は良く、過去釣果的にも夕方の方が多いのだ。

以上が筆者的同地での小物釣りを楽しむスタイルである。手軽に多魚種釣りも楽しめる同地で、今後もより綺麗なサカナを求める釣りを時間の許す限り楽しんでいけたらと思う。

<なおぱぱ/TSURINEWSライター>

The post夕マヅメの淡水小物釣りでタナゴ中心に快釣 釣果アップ3つのコツとは?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 道枝駿佑×目黒蓮の“ぬくもりハグ”にドキッ『anan』表紙に登場

    ドワンゴジェイピー news
  2. 2021年8月2日オープン 洋食堂すずき

    京都速報
  3. いきものがかり、「THE FIRST TAKE」の音源2曲を配信リリース メンバーのコメント動画も公開

    SPICE
  4. コロナ禍でも続ける「音楽」 弾き語りやダンスを披露 伊賀市の陶山さん

    伊賀タウン情報YOU
  5. 5歳差の男の子きょうだい。下着や靴下はお下がりにする?しない?

    ママスタセレクト
  6. ももクロ 百田夏菜子[ライブレポート]さいたまスーパーアリーナを笑顔満開の世界で彩った初のソロコン「みなさんから幸せな気持ちをたくさんいただきました」

    Pop’n’Roll
  7. a flood of circle、全曲新曲のニューアルバム『伝説の夜を君と』リリースを発表

    SPICE
  8. 藤巻亮太のワンマンライブ『The Premium Concert 2021』開催が決定 桑原あい×鳥越啓介×吉田篤貴によるスペシャルなアレンジも

    SPICE
  9. 将来結婚できるか不安!未来の私のために今からできる自分磨き

    mer
  10. <ぬか漬けは奥深いけれど手軽>ぬか漬けにするとおいしい、相性の良い食材といえば何?

    ママスタセレクト