Yahoo! JAPAN

『ドラゴン桜』加藤清史郎インタビュー!「本当に刺激の多い現場です」

TBS

毎週日曜よる9時、TBS日曜劇場で放送中の阿部寛主演ドラマ『ドラゴン桜』。偏差値32で経営破綻寸前の龍海学園を舞台に、学園再建のため元暴走族の弁護士・桜木(阿部寛)が “東大専科”の生徒たちと真剣に向き合いながら、東京大学合格を目指す姿を描く本作。優秀な弟と常に比較され続けてきたため劣等感が染み付いているも、いつか家族を見返したいという思いを抱える生徒・天野晃一郎役の加藤清史郎にインタビューし、本作に出演が決まった時の気持ちや共演者の印象、演じる際に意識していることなどを聞いた。

役者として人間として成長できる現場

――『ドラゴン桜』への出演が決定したときの心境や意気込みをお聞かせください。

『ドラゴン桜』に合格したと聞いた時はとても嬉しかったのですが、「頑張らないといけない」というプレッシャーもありました。本当に光栄なことですが、僕は「よっしゃー!」と飛び跳ねて喜ぶというよりは、「よし、頑張るぞ」みたいな、踏ん張るというか噛みしめるような喜びでした。

――天野晃一郎を演じるにあたって特に意識していることはなんでしょうか?

天野には優秀な弟がいて、お母さんも弟をすごくかわいがっていて、そのせいで自分に自信が持てなかったり、考え込んでしまうという性格です。見てくださっている方の中にも天野と同じような思いをしている人はいらっしゃると思うので、天野に共感して「やりたいと思っていることをネガティブに考えずにやってみようかな」と思えるようなったり、自分のやりたいことを表に出せるようになっていただけたらいいなと思いながら天野と向き合って撮影に臨んでいます。

――弟役の深田竜生さんのご印象は?

役柄的に出来のいい僕の弟ということなのですが、竜生くんは身長が高くてかっこいいですし、かわいらしさもある印象です。現場では「どんな音楽聴くの?」とか「普段どんなことするの?」とか他愛のない話をしています。緊迫したシーンが多いこともあり、竜生くんが緊張している姿をみかけることもあって。僕もよく緊張しているので、「大丈夫だよ」「僕も一緒だよ」と声をかけています。1歳差なのですが、ちゃんとお兄ちゃんらしくできていますかね(笑)。

――台本を最初に読んだ時の印象をお聞かせください。

まず、台本が厚いです(笑)。衣装合わせで監督やプロデューサーさんに伺っていたのですが、思っていたよりも台本が厚くてびっくりしました。そこには桜木節がいっぱい書かれていて、今の時代に的確にハマるような桜木先生の金言があって、順序立てて説得力のある教えをしてくださるので「たしかにそうだな」と納得しながら楽しく読ませていただきました。第1話で海に落とされると分かった時はさらに驚きました(笑)。そういう予想できない展開も楽しいですよね。1話は他にもバイクで廊下を走ったり、考えつかないような桜木先生のメソッドに驚きながら、楽しみながら台本を読み進めました。

――主演・阿部寛さんや共演者の方々のご印象は?

すごく緊張します。阿部さん、長澤さんとご一緒させていただいていることはもちろん、同世代の役者がこんなに揃うというのも僕にはあまり経験がないことなので。先輩の皆さまから刺激をもらえて、同年代の役者さんたちからも刺激をもらえて、本当に勉強になる毎日です。そんな方々と一緒に一つの作品を作る立場にいられることを、光栄に思いますし、毎日が勝負だと思いながら撮影に臨んでいます。

そんな緊張感がありながらも、撮影の合間は東大専科生のみんなで一緒にいる時間が多くていろんなことを話したり、髙橋海人君のダンス講座があったり、志田彩良ちゃんがスキップ苦手なので“スキップを練習しようの会”を開いたり、ゲームをしたり、そうやって過ごす時間も楽しくて。そこでオン・オフを切り替えられているというか、本当の同級生みたいな感じで交流できていることが楽しいです。

――本作の出演によって、ご自身からみて成長できていることや本作から影響を受けていることはございますか?

成長できてるかどうかは自分ではあまりわからないのですが・・・本当に刺激の多い現場なんです。共演者の方々からもらえる刺激ももちろんそうですが、やっぱり『ドラゴン桜』という作品から受ける刺激も多くて。桜木先生の言うことは、視聴者の方々も納得いくことが多いと思うんです。いろんなキャラクターの生徒がいて、その生徒一人ずつに当てはまる言葉を的確に胸の中に残していく桜木先生の言葉というのは自分の胸にも残るものばかりですし、本当に学びの多い現場です。役者としても、人間としても成長できる現場だと感じています。

――ご自身の学生時代の勉強方法など教えてください。

僕は劇中にも出てきた“みんなで教え合う”というのを友達と行っていました。定期テストの前にみんなで放課後に残って黒板を使って数学や社会などを教え合っていて。あとはひたすら書いていました。社会とか暗記物は自分の頭に入っている年代ごとに並べて書いたりしていて・・・もしかしたら「間違ってる」って桜木先生に怒られてしまうかもしれないですね(笑)。

――最後にメッセージをお願いします。

『ドラゴン桜』は桜木先生が残す言葉はもちろん行動にも爽快感があるので、日曜の夜に見て月曜日からまた一週間頑張ろうという気力を出していただけるのではないかなと思います。また、僕が演じる天野は自分がやりたいことにどう向き合っていくのかというところが見どころになっています。皆さんが自分のやりたいことに素直になって、自身の中にある“己”を活性化させられるような天野を体現できるよう精進してまいりますので、見届けていただけたら嬉しいです。

番組概要
[番組名]
日曜劇場『ドラゴン桜』
[放送日時]
毎週日曜よる9:00~9:54

【関連記事】

おすすめの記事