Yahoo! JAPAN

杏沙子「自分のことを書いて、聞いてくれる人と近くなりたい」熱田神宮のご利益エピソードも

NAGOYA.

杏沙子「自分のことを書いて、聞いてくれる人と近くなりたい」熱田神宮のご利益エピソードも

自分を掘り下げて、自分をさらけ出してみて、まだまだいけるんじゃないかと、この1枚を作って思いました。

―杏沙子

これまでは架空の人物の物語で曲を作ることが多かったんですけど、前回のアルバムの「とっとりのうた」という曲で、はじめて私だけの曲というのを書いたら、多くの反響があって。あぁ、自分のことを書いていいんだ。自分のことを書く方が、聞いてくれる人と近くなるのかもしれない。そう思ったのがきっかけでした。

群を抜いたポップセンスと衒いのないチャーミングな歌声を併せ持つ、鳥取県出身の次世代シンガーソングライター、杏沙子さんがリリースをした2枚目のフルアルバム『ノーメイク、ストーリー』。タイトルの通り、杏沙子さんの内に秘めたる感情が赤裸々に歌い上げられた、リアリティに溢れた1枚となりました。

アルバム制作の前にドラマの主題歌で書き下ろした「ファーストフライト」という曲も、普段人には見せない、自分の負の感情をぶつけて、自分の心の中をえぐり出して作った楽曲なんですけど、それも“人生のテーマソングです”って言ってくださる方がいて。自分のことを書いて歌ったら、聞いてくれるみんなが“わかる”と共感してくれるのが嬉しくて。そんな嬉しい出来事が「とっとりのうた」から2曲続いていたので、今回のアルバムのテーマに対して不安も葛藤もありませんでした。

架空の誰かの物語ではなく、杏沙子さんの言葉や物語が綴られた全10曲。1曲目「Look At Me!!」、3曲目「変身」、ラストの「ファーストフライト」は、まさに夢に向かって頑張る女性の気持ちが代弁され、背中をそっと押してくれるような楽曲でした。

その3曲は自分の中である意味繋がっていて、全部“自分に対してこうでありたい””この気持ちは絶対忘れたくない”、という気持ちを曲として残したものでした。夢を絶対叶えるんだっていう思いの一方で、妬みやひがみ、不安や焦りの負の感情があって、そんな気持ちをポジティブに変えていくための曲というか。“お守り”として大切に自分の中で持っておきたい、そう思って書きました。自分にとってのお守りを作る感覚で書いた曲ですけど、それが会ったことのない誰かのお守りにもしなれたら、それ以上に嬉しいことはないですね。

8曲目の「東京一時停止ボタン」は、一緒に上京した親友が夢の職から退いたことから生まれた楽曲。夢を追い続けることの苦しさ・難しさを感じさせます。夢破れたり、夢が夢でなくなったりする方がいる一方で、杏沙子さんが夢を追い続けていられる活力は一体どこから、、?

家族だったり友達だったり、支えはありますけど。でも私、家族や友達がいなくても歌い続けると思うんです。それくらい歌そのものが、自分が生きている証拠というか。物心ついた、“自分”というものが形成された瞬間から歌があるみたいな人生を送ってきたので。頑張れているというか、自分を守るために歌を歌い続けているのかもしれません。

4曲目「クレンジング」や5曲目「見る目ないなぁ」などの恋心を歌った楽曲も印象的。胸をきゅっと締め付けるような切なさがこみあげてきて、共感できる方も多いはずです。杏沙子さん自身は恋愛するとどうなってしまう??

すごい恋愛体質というわけではないと思うんですけど、この人素敵だな、と思うアンテナは割と早くて。昔からフィクションを書いてきたこともあり、その人とお付き合いをしたい、という最終目的はなかったにしても、素敵だなと思ったら妄想して曲にしたこともありました。のめり込む方ではないですけど、恋愛は好きですね(笑)。

「見る目ないなぁ」のMVは等身大でリアルを追求。部屋着っぽい衣装や、家での無意識なしぐさの表現にもこだわったそう。杏沙子さんの素のままの可愛らしさや美しさが際立つMVでしたが、気になるのは美容面。

最近、小顔ローラーを買いました。小顔ローラーってすごくて、毎日続けると本当に効果があって、完全に自分の中だけで感じていることかもしれないですけど(笑)。最近はそれを好きでやっていますね。あとあんまり、普段からメイクを濃くしたくなくて。あんまり無駄なものは乗せない、みたいなのはモットーとしてあるかもしれないです。

楽曲づくりの面でも普段から心掛けていることはありますか?

ハッと心が動いたワードが、楽曲づくりのきっかけになることが多くて、携帯のメモはすごいとっていますね。「クレンジング」もそうでした。女の子って、好きな人に会うときにメイクを頑張ったりするじゃないですか。いつもの自分じゃいられなくて理想の自分を作るためにメイクをするけれど、取り繕っている自分が気持ち悪い。そんなもどかしさとメイクはクレンジングできれいに落とせるけれど、彼への気持ちは落とせない、みたいな。そんなことをクレンジングをしながら思って、これ曲にしたいなって。

前作とはうってかわった挑戦的な1枚のリリースを経た今、今後の目指すところは??

今回はじめて、自分を掘り下げて、自分をさらけ出して曲を作るというのを挑戦したんですけど、まだまだいけるんじゃないかと、この1枚を作って思いました。自分の中を掘り下げていったら、結局人間の普遍的なところにたどり着くというか、自分のトンネルを抜けたらみんながいた、みたいな不思議な体験をして。自分も気づいていない本当の気持ち、“すっぴん”な気持ちを、もっと書いていけたらいいな、書いていきたいなと思っています。

最後に名古屋の印象や思い出があれば教えてください!

去年の秋、名古屋のライブイベントにお邪魔した時、東京から友達が来てくれて、ライブの次の日に名古屋で遊びました。『熱田神宮』に行っておみくじを引いたら大吉が出て、その後『檸檬屋』というお店でかき氷を食べたんですよね。フルーツがたくさん乗ってて、あんまり普段かき氷を食べないんですけどそれがほんとに美味しくて。名古屋は大吉を引かせてくれるし、美味しいかき氷も食べさせてくれて、すごい好きです(笑)。

そういえば、、おみくじを引いて大凶だった子が「ジェットコースター」(結婚目前だった友人カップルが突然別れたことから生まれた楽曲)の子でした!その時はまだ付き合ってて別れるなんて思ってなくて、大凶を引いてその年に分かれたから、え~!って。熱田神宮、当たりますね。(笑)

杏沙子 プロフィール

鳥取県出身のシンガーソングライター。2018年7月、1stミニアルバム『花火の魔法』にてメジャーデビュー。2019年には「ケチャップチャップ」がNHKみんなのうたに抜擢、ドラマL「ランウェイ24」(ABCテレビ)主題歌「ファーストフライト」をリリース。松本隆に影響を受けた表現力豊かな詞世界と、キャッチ―なメロディが織りなす、自作の楽曲が高く評価される次世代シンガー。

【オフィシャルサイト】

https://www.asako-official.com/

【Twitter】

@asako_rakuda

【Instagram】

@asako_rakuda

【Youtubeチャンネル】

https://www.youtube.com/channel/UCjnZNauqDhhdfmAgDpB0H-A

NEWS

9月27日(日)20:00〜開催!

配信ライブ 杏沙子 ONLINEワンマン

『フェルマータ、ストーリー ~21分の12~』

▼詳細はこちらをチェック

https://www.asako-official.com/

NEW RELEASE

2nd Album『ノーメイク、ストーリー』

発売中!

女の子が内側に秘めた隠しておきたい気持ちや、見せたくない姿をリアルに描いた全10曲を収録。前作で各所から賞賛された圧倒的なポップネスはそのままに、繊細に揺れ動く感情の表現にも挑戦した進化版!

〈ビクターエンタテインメント〉

通常盤CD  VICL-65383   3000円(税別)

▼NAGOYA.メッセージ企画に協力いただいた動画も合わせてチェック

View this post on Instagram

癒しのメッセージを受け取って、また来週も頑張ろう!! _____________________________________________ 今回メッセージを贈ってくれたのはシンガーソングライターの杏沙子さん👏👏✨(@asako_rakuda ) . 7月8日には2nd Album 『ノーメイク、ストーリー』がリリース👏 女性は共感しまくりの 杏沙子さんの素顔が詰まった1枚です🤲✨ ぜひ聞いていただきたい、、!! . 後日インタビュー記事もアップ予定なのでお楽しみに🙌 ♪見る目ないなぁ(「ノーメイク、ストーリー」より) #nagoyadot #ナゴヤドット #月刊cheek #nagoya #名古屋 #名古屋市 #杏沙子

A post shared byNAGOYA.(ナゴヤドット)(@nagoya_dot) onJul 10 2020 at 2:22am PDT

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 細川直美、油断して“失敗”してしまった弁当「そんな日もあるさ~~」

    アメーバニュース
  2. 人気でもう完売間近!! 吉野家の「黒毛和牛すき鍋膳」、気になる人は超急いで。

    東京バーゲンマニア
  3. 『亜人』三浦追儺×『ボックス!』大羽隆廣による狂気のグロ死(デス)ゲーム漫画「天空侵犯」 Netflixでアニメ化決定

    SPICE
  4. 筋肉ラブ芸人が「最強の栄養食」と愛食する食べ物とは?

    特選街web
  5. 待ってました!セブンに「ザッハトルテ」が再登場 「あんずジャムと濃厚チョコが激ウマ」

    東京バーゲンマニア
  6. 森七菜「恋あた」のベタな手法に賛否 来年は恋愛ドラマブームの再燃なるか?

    日刊ゲンダイDIGITAL
  7. 森七菜「恋あた」でラブコメ新女王の有力候補に “井上真央似”も追い風

    日刊ゲンダイDIGITAL
  8. 伝説のジャズ喫茶「ベイシー」に迫ったドキュメンタリー 日本ならではの文化を映し出す

    日刊ゲンダイDIGITAL
  9. 昭和の芸能人は震え上がった…「トップ屋」と呼ばれたフリー記者の存在【芸能記者稼業 血風録】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  10. 田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器になるの?

    日刊ゲンダイDIGITAL