Yahoo! JAPAN

【ハリオ・Estela】低価格のコーヒーミル比較!美味しくてコスパがいいのは?

ウレぴあ総研

コーヒーが大好きだけれどインスタントには飽きてしまった…。おうち時間が長くなった今、コーヒーミルを使って自分でコーヒーを入れてみませんか?

コーヒーを自分で入れると、自分好みの味に調整できたり作るまでの過程を楽しめたり、贅沢な時間を過ごすことができます。

この記事では、1000円~2000円台で買える低価格帯のコーヒーミルを使って、それぞれの使い勝手やコーヒーの味は変化するのかを検証していきます。

コーヒーミルの選び方

コーヒーミルには、自分で手をまわしてコーヒー豆を挽く手動型と、電動でコーヒー豆を挽く電動型の2種類があります。今回は、自分の手で引く手動コーヒーミルについて紹介していきます。

手動コーヒーミルを選ぶ時に重視したいのは、粒の均一性です。挽いたコーヒー豆の粒の大きさがどのくらい揃っているのかを見ておくと、抽出される成分が均一になるので、雑味のないおいしいコーヒーが出来上がります。

使いやすさ

実際に使ってみて使いにくいと感じてしまったら、そのコーヒーミルを使わなくなってしまうかもしれません。せっかく購入したのに使わなくなるのはもったいないので、使いやすさにも注目してみましょう。

手動ミルが使いやすいかどうかは、ハンドルと安定性によって決まってきます。

ハンドルの長さや持ち手の形状など、自分の手にフィットするような物が望ましいです。

ただ、初めて購入する方にとってはどんなものがいいのかわからないはず。いくつか試してみるのがいいですが、レビューなどをみて判断してみてもいいでしょう。

また、安定性については、重いほど挽きやすいといわれています。重量があるのでその場に固定され、手にかかる負担が少なくなるからです。一度に挽ける量が多いのもポイントです。

デザイン性

デザイン性にも着目すると、よりお気に入りの1品が購入できることでしょう。

様々な種類、デザインが販売されているので、自宅のインテリアに合うものや自分の好みに合うものを探してみてください。

もちろん使い勝手や美味しいコーヒーを挽けることは重要ですが、見た目からテンションが上がるようなものだと尚いいですよね。
長く使っていくものとして、こだわりの1品を見つけてみてください。

1000円台で買えるおすすめ「コーヒーミル」

Estela 手挽きコーヒーミル

まずはコーヒーミルをお試しで購入したいという方におすすめの、1000円台で購入できる手動コーヒーミルです。

安いので、コーヒーミルがどんなものなのか体験してみたいという方にはもってこいの商品ではないでしょうか。

高さ18㎝ほどしかないコンパクトなコーヒーミルなので、収納場所に困ることがなさそうなサイズ感です。

インテリアとして楽しむより、コンパクトに持ち運んだり収納したりしたいという方におすすめ。

箱を開封してみると、本体とハンドルが入っており、組み立てる必要はほとんどありませんでした。

ハンドルを取り付けるだけで簡単に使えるので、届いた瞬間から使える商品ですよ。ステンレス素材で出来ているので。劣化に強く、シンプルで飽きの来ないデザインです。

ハンドルを取り付けてみると、ボディのサイズにしては長めのハンドルのように感じられました。

ハンドルの握る部分は、持ちやすいように凸凹がついているので、コーヒー豆を挽きやすかったです。

小さめのミルになるので、中に入れられるコーヒー豆の量は少なめですが、不便に感じるほどではありません。

今回は、酸味の少ない「エスプレッソロースト」という豆を挽いてみることにしました。
苦みは強いですが、コクのある味わいが特徴的な豆です。

挽いてみた感覚としては、少しハンドルが重かったけれど特に問題はないかと感じました。

手で持って挽けるので、料理の待ち時間にサクッと挽いたり、場所が確保できなくてもどこでも挽けるのがいいポイントです。

ハンドルの経常的に持ちにくさを感じることもなく、1000円台にしてはクオリティの高さを感じました。

挽き終わった粉は少し粗っぽさのある大きさでした。

均一感はそこまで高くなく、細かいものと粗いものが混ざっているような印象です。それでは実際にコーヒーをいれてみましょう。

入れてみたコーヒーをレビュー♪

見た目はしっかり抽出されて色づいていました。
ただ、コクが少ないように感じられました。

十分おいしいコーヒーではあるのですが、クオリティを求めたいのであれば、これから紹介するミルの方がおすすめです。

2000円台で買えるおすすめ「コーヒーミル」

HARIO コーヒーミル

続いて、2000円台で購入できるハリオの手動コーヒーミルを試してみましょう。

先ほどの商品よりも大きめのサイズ感ですが、そこまで重みを感じるものではありません。扱いやすい重さだと感じました。

箱から取り出してみると、いくつか部品が入っており、組み立てが必要になるタイプでした。

説明書はありますが簡易的なものなので、慣れていないと少し大変かもしれません。

組み立ててみると、ちょうどいいサイズ感でシンプルな見た目ながら可愛らしい丸いフォルムが印象的です。

くびれた形になっているので、持ちやすく、使い勝手の良さも感じられました。

先ほどのコーヒー豆を使って、ミルの挽き心地を試してみましょう。

持ちやすい形状になっていて、ハンドルも重くないので、楽にコーヒー豆を挽くことができました。

100gのコーヒー豆を入れることができるので、1度にたくさんの豆を挽けるのも魅力的ではないでしょうか。

ただ、たくさん挽きすぎると頻繁にコーヒーを飲む人でないと、保存に困るかもしれません。

先ほど紹介したものに比べると均一感が高い粉が出来上がりました。

さらに、挽いた後の粉をそのまま保存できるようなシリコン製のふたが付いているので、頻繁にコーヒーを楽しみたい方におすすめです。

入れてみたコーヒーをレビュー

それでは実際に飲んでみましょう。

見た目は特に変化がありませんでした。

しかし、味は飲んだ瞬間分かるほどコクがあり、まとまった味わいでした。比較的安いミルで味も重視したい方におすすめの商品です。

手挽きコーヒーミルを買うならこれ!おすすめ2選

コーヒー自体の見た目には大差がありませんでしたが、よりコクを感じられたのは「ハリオ コーヒーミル」でした。

2つの商品で入れたコーヒーを飲み比べてみましたが、違いがはっきり分かるほど違いました。

ハリオのコーヒーミルは、均一にコーヒー豆を挽くことができるので、コーヒー豆に含まれる成分をしっかりと抽出できたからだと思います。

クオリティを求めるのであれば、ハリオのコーヒーミル、リーズナブルなコーヒーミルをお求めの方には、Estelaの手挽きコーヒーミルがおすすめです。

コーヒーミルを使ったのは初めてでしたが、ミルによってコーヒーの味に差が出るとは思っていませんでした。均一に挽けることが大事なことだと実感したので、ミルを選ぶ時には豆を均一に挽けることを重視していただきたいです。

まずはリーズナブルなコーヒーミルから試してみて、手挽きコーヒーをおうち時間に楽しんでくださいね。

(mimot.(ミモット)/たむたむ)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 柳田選手が「信」、松田選手が「王騎」に! ホークスが『キングダム』とコラボ

    SPICE
  2. BiS、KEMURI「PMA (Positive Mental Attitude)」カバーSGをタワーレコード香椎浜店限定ゲリラリリース!

    Pop’n’Roll
  3. 谷賢一主宰・DULL-COLORED POPの最新作『丘の上、ねむのき産婦人科』が上演 妊娠・出産をとりまく様々なテーマを描く

    SPICE
  4. 【原因を切り分けて対応】スマホのWi-Fiが途切れる・遅い時の対処法は?

    特選街web
  5. SCANDAL、結成15周年記念日に開催する大阪城ホール公演を生配信

    SPICE
  6. 「5G」って表示されてるのに…スマホの速度が出ないのはなぜ?

    特選街web
  7. Androidの「ジェスチャーナビゲーション」とは?操作が便利になるテクニックを紹介

    TIME&SPACE
  8. TRICERATOPSドラマー・吉田佳史、初のワンマンツアーファイナル公演を生配信

    SPICE
  9. 【宮城お宿】島時間をたっぷり満喫♡気仙沼大島のあたたかなおもてなし!フカヒレにとれたてウニをいただきます♡~旅館 明海荘~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  10. 【NHK連ドラ『おかえりモネ』展】無料フォトスポットが超楽しい!~海の市/気仙沼市~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ