Yahoo! JAPAN

なかなか踏み切れなかったけれど…。男性が結婚を意識した瞬間 #3「だいぶ前のことなのに…」

ウレぴあ総研

「結婚したいけど、彼氏がなかなかプロポーズしてくれない」と悩んでいませんか。

「まだ考えられない」「仕事で一人前になってから」とお決まりの言葉で待たされる女性は多くいます。

そこで今回は、男性たちが語る「彼女との結婚を意識した瞬間」を紹介します。

男性がどんなきっかけで結婚を決断するのかを知りたい人は要チェックです。

「僕はおしゃべりが好きで話が止まらないので、彼女が聞き上手で助かっています。

ある日『会議でアイデアが採用されたよ』と言うと『そうなんだ』『さすが!』と返してくれたんですが、いつもより相づちばかりが多い気がして、ちょっと不満に感じていました。

でも次の瞬間、彼女と話し出しがかぶってしまって『ごめん』と謝るので『気にしないで』と伝えると『○○くん、会話のキャッチボールできない人嫌いでしょ?』と言われたんです。

どうやら彼女は自分が話したいことを一旦抑えて、僕の話を聞いてくれていたみたいで。

初対面の時に僕は『楽しく語り合える人がタイプ』と自己紹介した気がするんですよね。彼女はそれを覚えていて、会話の際に気遣ってくれていたようなのです。

僕が出会ったばかりの頃に言ったことを、ずっと覚えていてくれたなんて……些細なことですが、これをきっかけに彼女との結婚を考えるようになりました」(29歳/企画)

会話の内容や、相手が言ったことをずっと覚えていてくれるというのは、男性女性に限らず、誰しもうれしいものですね。

付き合っていく上で一番大事なことは、当たり前のことですがやはりコミュニケーションの取り方です。

会話をよくするカップルや、会話することを大切にしているカップルは長く付き合っていけますが、簡単そうで実はなかなか難しいのが男女の“会話”です。

こちらの女性のように会話のキャッチボールがうまく出来ているか、時々意識してみることをオススメします。

(mimot.(ミモット)/菜花 明芽)

【関連記事】

おすすめの記事