Yahoo! JAPAN

犬がよく遊ぶ『ロープおもちゃ』の危険性5つ

わんちゃんホンポ

ロープおもちゃの危険性

1.誤飲

ロープのおもちゃは犬が誤飲をしてしまう危険性が非常に高いです。引っ張ったり噛んだりしているうちにロープが少しずつ解けることがあり、千切れた糸を飲み込んでしまうのです。短い糸を少量飲み込んだのであれば便と一緒に排出されることがほとんどですが、大量に飲み込んでしまったり、長い糸を飲み込んでしまったりすると大変危険です。

2.誤食

ロープのおもちゃは中型犬や大型犬であると嚙んでいるうちに意外と簡単にちぎれてしまいます。その結果、塊を誤食してしまう危険性が非常に高いです。中型犬や大型犬であれば吐き出す力も強くはありますが、ロープのおもちゃを塊で喉に詰まらせてしまうと吐き出せない可能性も考えられます。

3.消化されない

ロープのおもちゃには素材として天然コットン(綿100%)が使用されています。引っ張り合いをする時に飼い主が手に握る部分のみ、ゴムやプラスチックが使用されている場合もあります。どちらであっても犬が誤飲誤食をしてしまうと消化されない素材です。便と一緒に排出された場合には、短い糸のままであったり、小さな塊になったりして排出されます。ほんの少量であっても消化されることはありません。

4.胃にとどまる・胃が閉塞する

ロープのおもちゃを誤飲誤食すると消化されないことで胃の中にとどまることがあります。とどまってしまった場合は無症状であることがほとんどで気づきにくいです。健康診断で受けたレントゲン検査によって発見されたというケースもあります。胃を閉塞させてしまった場合には激しい嘔吐を繰り返し、命に係わる危険性があります。

5.腸が閉塞する

ロープのおもちゃを誤飲誤食すると消化されず腸に詰まることがあります。飲み込んでしまった量によっては、腸の壊死・腹膜炎・敗血症を起こす危険性があります。食欲不振、繰り返す激しい嘔吐、便が出ないなどの症状がみられます。命にも関わる危険な状態ですので、すぐに病院へ行かなければなりません。腸にたどり着くまでには時間がかかるため、ロープのおもちゃを飲み込んでから少し時間が経って発見されることがあります。

犬がロープおもちゃを誤飲誤食した時の対応

飲み込んだと分かった時

ロープのおもちゃを誤飲誤食したと分かった時はすぐに病院へ行きましょう。少しだけだからうんちと一緒に出てくるだろう、という安易な考えはしない方がよいです。

どれくらいの量を飲み込んだのか把握している場合、獣医師に伝えてください。どのような処置が必要であるかは獣医師が判断します。

飲み込んだかもしれない時

愛犬の体調不良によって、ロープのおもちゃを誤飲誤食したかもしれないと疑われることがあります。

✔吐こうとしているけど何も出てこない
✔ソワソワと歩き回って落ち着かない
✔ぐったりと横たわっている
✔呼吸が荒い
✔咳払いをする

このような症状があらわれる可能性があります。

ロープのおもちゃを確認してみてください。無くなっている部分があるはずです。

無くなっている部分の全てを飲み込んだのかどうか、糸くずが落ちていないかなどよく確かめてください。飲み込んだ量を把握するためです。

まとめ

ロープおもちゃの危険性を5つ解説しました。

✔誤飲
✔誤食
✔消化されない
✔胃にとどまる、胃が閉塞する
✔腸が閉塞する

おもちゃを出しっぱなしにしないこと、犬がロープのおもちゃで遊んでいる時はそばで見守ること、遊び終わったらおもちゃを片付けること。これらは犬がロープのおもちゃで安全に遊ぶために必要なことです。全てのおもちゃに共通します。

愛犬が遊んでいるロープのおもちゃの状態を常に確認してください。他のおもちゃも確認してください。

糸が解けていたり破損している部分が一部分でもあれば、万が一のことを考えて速やかに処分してしまいましょう。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事