Yahoo! JAPAN

【2021上越】ムギイカ釣りステップアップ:釣果アップおすすめアイテム2選

TSURINEWS

上越で釣れたムギイカ(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

シーズンがスタートした上越エリアのムギイカ釣り。数を釣って豊富なレシピで楽しみたいもの。そこで、あると便利な釣果アップ釣行グッズを紹介。

ムギイカ釣りおすすめアイテム

今回は筆者のムギイカ釣りおすすめアイテムをご紹介したい。あらかじめ言っておくが、筆者は釣り具メーカーとの癒着はまったくない。仮に紹介するアイテムが売れても1円もポケットに入ってくることはない。

またTSURINEWS編集部からなにか指示されている訳でもない。ただ純粋に筆者個人としておすすめするだけなのでご安心いただきたい。

イカピン

イカ釣り用のプラヅノやスッテなどの疑似餌の胴付き仕掛けは、既製品の5本セットとか7本セットとかになっている仕掛けを使用するか、自作するかの基本2択である。

もちろんイカの活性が高くて釣れるときならばどちらでも問題ないのだが、イカの活性が低いときは、釣りをしながらよりヒット確率の高い疑似餌をリサーチし、ヒット確率の低い疑似餌を高い疑似餌に付け替えれば釣果をアップできる可能性が高くなる。そうなると、既製の仕掛けであれ自作の仕掛けであれ、カンタンに疑似餌を付け替えできる仕組みになっていることが重要になる。

既製品で疑似餌が自由に交換できないタイプの仕掛けでは一部の疑似餌を交換したい場合でも、仕掛けをまるごと一式全部交換するしかない。だが、外した仕掛けをきれいに仕舞っておくのも大変なので結局同じ仕掛けのまま納竿まで使い続ける破目になってしまいがちである。こうなると釣れないときはずっと釣れないままになってしまう。

イカピン(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

この観点から筆者が最近使用しているのがイカピンだ。イカピンはミキイトに好きな間隔で比較的カンタンに取り付けすることができる。スッテやプラヅノに結んだエダスに結びコブをつくり、そのコブをピンに引っ掛けるだけという簡単な仕組みになっている。プラヅノやスッテの交換もかなりカンタンにできる。

自作が面倒な場合はあらかじめミキイトにイカピンがセットされている「イカノリノリリーダー」という商品もある。いずれにしろイカピンはおすすめだ。

おっぱいスッテ布巻3号、4号

数年前、最初に店頭でこの商品を目にしたときは、ド下ネタのネーミングに正直ドン引きした(笑)。さらに名前の意味を理解してなかった釣友が店内で声を出して商品名を読み上げてしまったため、一緒にいた筆者もちょっと恥ずかしい思いをしたものだ。こんな名前の商品は決して買わないだろうと思っていた。

おっぱいスッテ(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

ところが店員のすすめで釣友がこの商品を購入し釣行に臨んだことがきっかけで、この商品の破壊力を見せつけられることになった。この日、筆者は他社製の布巻スッテで釣行に臨んだ。見た目も大きさもオッパイスッテとなんら違いがあるようには見えない。ところが、遊漁船で釣友のすぐ横に並び誘い方などすべて同じにようにしても、イカを釣り上げるのはもっぱら釣友ばかりで、釣果に圧倒的な差がついた。

後日の釣行で筆者もこのスッテを購入し挑んだところあっけなく釣果アップとなった。それ以来このスッテは安定した釣果を上げ続けている。誘い方は全く関係なく、筆者が以前紹介した電動スロー釣法での多点掛けも頻発する。とにかくイカに愛されたスッテなのだ。ド下ネタスッテハンパねえ。

スッテのチョイスで釣果に差が(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

なぜこのスッテがこんなに釣れるのかはいまだにわからない。メーカーの説明ではスッテがやわらかいので触り心地がよく、イカが離さないと書かれているが、離さない以前にそもそもヒットが多いことが筆者的には不思議なのだ。夜光が効いているのだろうか。今のところ、筆者の印象では上越の夜釣りでのムギイカとアカイカにはかなり有効だと思っている。

筆者は、このエピソードから同じように見えるスッテでももっとシビアななんらかの要素があり釣果に大きな差がでることを学んだ。プラヅノでもおそらく同様のことがありうるのではないか。

このスッテがどの地域でも有効なのかは分からない。その釣り場でどんなスッテやプラヅノが良いかは地元密着の釣具店で尋ねるのがよいだろう。できれば、メーカー・品名・サイズまで詳しく。それが誘い方のテクニック以上に大きな釣果アップのファクターだと思う。

いかがでしょうか。参考になれば幸いだ。

<宮崎ゆきお/TSURINEWSライター>

The post【2021上越】ムギイカ釣りステップアップ:釣果アップおすすめアイテム2選first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事