Yahoo! JAPAN

国際ロータリー第2590地区 こども食堂へ寄付 食費等に活用予定〈横浜市保土ケ谷区〉

タウンニュース

中野副会長(前列左)と食堂関係者ら

横浜市と川崎市のロータリークラブからなる「国際ロータリー第2590地区」が、横浜保土ケ谷ロータリークラブ(岩井昭廣会長)を通じて、こどもたちに食事や居場所を安価で提供する「あったか食堂」(河西秀忠会長)に10万円の寄付を行った。これはコロナ禍におけるこども食堂などへの支援プロジェクトとして、地区内で一斉に行われたもの。

寄付を受けた「あったか食堂」は2016年から、西谷地区センターで毎月最終土曜日に開催されている。スタッフには地域のボランティアのほか、区内で保育園を運営する「社会福祉法人パピーランド」(江渕武雄代表)のスタッフも協力。カレーやシチューなど園で提供しているものと同じメニューを1食100円で提供している。

寄付を受けて河西会長は「食費等に利用して、あたたかくて美味しい食事をより多くの子どもたちへ提供できるようにしたい」と話し、保土ケ谷ロータリークラブの中野明副会長は「地域のみなさんのために、有効に使っていただければ」と返した。

【関連記事】

おすすめの記事