Yahoo! JAPAN

岬の自然公園には遺構が点在する。大房岬に残る東京湾要塞の痕跡。~大房岬砲台前編~

さんたつ

「廃なるもの」では、神奈川県横須賀市の観音崎砲台群や千葉県富津市の元洲堡塁砲台と、しばし砲台跡を巡ってきました。それらは東京湾要塞として明治13(1880)年から建設、砲台が配備されたもので、他にも神奈川県と千葉県には要塞跡や砲台跡が公園となって点在しています。比較的安全に“廃なるもの”を観察するには、こうした砲台跡は手ごろであり、いわゆるラピュタ的世界も味わえるので、廃墟散策の百戦錬磨からルーキーまで様々な方が訪れるのです。 そのうちの一つが、千葉県の大房岬砲台です。南房総市大房岬自然公園内に遺構が点在し、さながら宝探しのオリエンテーションのように巡ることができます。東京湾要塞は昭和に入ってからも建設され、東京湾の南に突き出ている大房岬は、首都防衛のために昭和3年(1928)から4年の月日をかけて建設された砲台です。 岬の地形を活かして砲台と付帯設備が築かれ、終戦間際には海岸部に魚雷艇の基地も配備していました。今まで巡ってきた砲台跡は明治期の日露戦争前の遺構で、レンガ構造物が多かったのですが、大房岬砲台は昭和初期に建設されたため、遺構はコンクリート構造物となります。

昭和になって建設された砲台には巡洋戦艦の砲塔が装備されていた

自然公園内の芝生にある展望台。第一砲台の跡らしいが、痕跡は見当たらなかった。

配備された砲は加農砲(カノン砲)なのですが、巡洋戦艦の砲を再利用していました。大正11年(1922)に締結したワシントン海軍軍縮条約によって廃艦となった、巡洋戦艦鞍馬の副砲「四一式四十五口径二十糎(センチ)連装砲」です。

艦本体は軍縮でリストラされたが、副砲は大房岬砲台へと再利用されたのです。

ビジターセンター内にあった砲台の模型を基にして拙い絵を描いてみた。鞍馬の副砲をそのまま移設したため、このような光景になっていたと思う。

岬には艦船に備わる2門砲塔が2基配備され、自然の中に巡洋戦艦の砲があるという、不自然な光景が展開されました。といっても、その姿は当然軍関係者でなければ見ることはできず、軍機密の塊である大房岬周辺は厳重に警戒されていました。鞍馬の砲塔は終戦後に米軍管理のもと解体され、残されたのは土台となる砲台跡と付帯設備のみです。

拙い絵その2。Wikiや南房総市関連のページ検索を基にして描く。配備されたのはてっきり主砲だと思っていたが、昭和22年の大房岬砲台撤去時の写真と鞍馬の竣工写真を見比べると、両舷に配備された四一式四十五口径二十糎連装砲であった。

ちなみに巡洋戦艦とは、ざっと言うと巡洋艦並みの速力、戦艦のような大口径砲を装備した火力、戦艦よりも軽い装甲などを備えた艦のこと。

砲台跡の痕跡をオリエンテーションのように巡っていくと弾薬庫を発見

大房岬自然公園に行くとき、街から急な上り坂をクネクネと登っていきます。随分と高低差があるなと感じた頃に、道路の終点が見えました。戦時中はトラックが通れる道があったにせよ、巡洋戦艦の砲塔を積みながら登っていくのは大変であっただろうに。当時はまだヘリコプターが開発される前で、上空に滞空して荷を輸送できる航空機はなかったわけだし、人海戦術で輸送したのでしょうか。

道路終端には駐車場があって、自然公園のインフォメーションセンターがあります。ここで地図を入手し、公園内の舗装道を歩いて巡ることができるのですが、ありがたいことに遺構の簡単な説明文もあるので、予習無しでも散策が楽しめます。

インフォメーションセンターからスタート。地図片手に数字の振られた遺構の場所へ目指し、現地に到着して探します。あれ、この感じは懐かしい。そうだ、林間学校のオリエンテーションだ。4、5人のグループ行動をしながらチェックポイントを目指すあれ。グループ行動が不得意であったから、オリエンテーションは苦手であったけれども(汗)。カメラマンの仕事では、エリア中駆け巡ってグループを全部撮らなきゃいけなかったやつです。でも、今回は自主的なので気が楽(笑)。

大房岬自然の家を左手に見つつ、バーベキュー施設も現れました。自然公園内は指定箇所でキャンプができ、炊飯施設やトイレがあります(シャワーも1箇所あり)。ということは、遺構と同じ空間で野宿ができるのか。それは魅力的だ。ただし、深夜の遺構散策は真っ暗になるから、くれぐれも足元に気を付けて! 懐中電灯(LEDタイプとか)必携です。

砲台跡と弾薬庫があるというのだが……。右手の花壇が第二砲台の跡で、左の茂みに弾薬庫がある。よく見るとコンクリートが見える。

地図によると、展望塔の脇に弾薬庫があると記載。されど、どこやと見つからない。目線を小山に移すと「あった!」

木々の下の方に、祠(ほこら)のごとく眠っているコンクリート構造物! 第一遺構発見です。

弾薬庫は口を開けていました。どうやら普通に入れるようなのですが、反対側の展望台のたもとへ迂回してみると、こちらにも入り口があってロープが張ってある。いまいち判別できなかったのですが、ビジターセンターの方に尋ねたら、ここは入ってもいいとのことです。

第二砲台付近にある弾薬庫。砲側庫とも言う。半地下構造で上部は敵機に見つからないよう植樹されていた。ケーブルの跡があったので電灯はあったと思われる。壁面はモルタル吹付なのか、ボツボツと凹凸があった。

中は電気もなく真っ暗なため、足元にはじゅうぶんに気を付けましょう。雨の翌日などはぬかるんでいることもあります。小部屋が二つあり、懐中電灯で照らすと地面は荒れているが、空洞となっています。ここに弾薬を保管していました。

弾薬庫は半地下になっており、周囲が小山状になっている形状からして、庫の躯体(くたい)を、建設後に土盛りと樹木でカムフラージュしたのではないかと。半地下の入り口の上部には換気口らしき穴もありました。幅は軽自動車よりも狭く、弾薬はトロッコか手押し車で輸送していたのですかね。

換気用の穴だろうか。弾薬庫のこちらと向こう側の上部にあった。
内部はご覧のように薄暗い。入っていいのか躊躇するがここはOKとのこと。段差や虫など不意打ちがあるやもしれないから足元や頭上に注意。
壁面を観察するとこのように崩れている箇所がある。コンクリートの内部構造が分かる。
内部から展望台のほうを見る。緩いカーブのスロープとなっていた。
展望台側から。上部はご覧のように木々が茂っており遠目からだと弾薬庫だと分からない。

なかなか見つからない遺構。宝探しのように散策しながら探していく

次は発電所跡です。砲塔の動作に必要であった電力を作り出していたようで、砲台からちょっと離れたところに設置されていました。が、これが見つかりません。芝生となった広場をぐるぐる歩き、この小道は?と近寄った先にコンクリート構造物を発見! かまぼこ状の低い屋根と、大きな構造体が木々の合間から見えています。

それにしても、どうして木々は遺構の上に生えてくるのだろうか、ずっと気になっています。根を張るのにちょうどいいからなのか。栄養分が豊富なのか……。

やっと見つけた発電所跡。遺跡感がぷんぷん漂うほど樹木で覆われている。
ロープの外側から。かまぼこ状の構造物から立派な木が生えて成長している。こういう光景を「アンコールワット的」と言うのか「ラピュタ的」と言うのか。

ただし、先に進んでみようにもロープがかかっていて、立入禁止となっています。これは2年ほど前の台風被害がひどかったようで、その先で倒木や斜面崩壊などがあるために立ち入れられないとのこと。残念。芝生側からだとかまぼこ状のものしか見えず、全容が掴めませんね。ここもおそらくは半地下構造となっていると思われます。

花壇となった第二砲台の砲座部分。

四十五口径二十糎砲はどれくらいの大きさであったか、今となっては比較するものが無いため分かりません。それらが2基収まっていた砲座は、花壇と見晴台になっていました。言われてみれば円形の土台があって、砲座部分であることが判別できます。砲塔の大きさは砲座から推測して、おぼろげに想像しました。第二砲台は背後にトイレがあり、トイレ建屋よりは大きかったのではないかと。アバウトすぎますかね。

観測所は見つからなかったが、探照灯(サーチライト)の照座「第一探照灯照座」の場所は展望デッキとなっていた。

遺構散策はさらに進みます。地図には観測所の跡地が記載されています。しかし、見つけきれませんでした。米軍が破壊したそうでコンクリート片があるとのことです。もうちょっとよく探せばあるかもしれません。ちょっとこの地図だけだと難しかった(汗) 私もたまに方向感覚と観察力が狂うことがあるので、このときは体調がイマイチであったのか。そういえば花粉症の症状が酷くて……と言い訳をしてみる。

第一探照灯照座から眺める東京湾。夜間の索敵時にここから探照灯を照射したのだろう。

第一探照灯照座の場所は分かりました。坂を降りた先の展望台の半円形の土台がそうなのかなぁ。すぐ近くはキャンプ場となっていてトイレもあり、もうじきキャンプシーズンになると、利用者が増えてくることでしょう。

坂を下ると現れる池。地図には火薬庫と記載されていたが遺構は見当たらず……。

少し先に進みます。ビジターセンターを過ぎ、舗装道を下っていくと池が見えてきました。看板には「モーリー池」と書かれています。台風による倒木が池に半分沈み、鳥の鳴き声以外はしん……と静まり、水鏡となっています。

突如として現れた神秘的な光景に息を飲みつつ、はて? ここには火薬庫があったそうなのだが、と目を凝らせば、その池のほとりにコンクリート構造物が! そして、池の左手の斜面にはほぼ水没したコンクリート構造物。ここがそうだったのか。

変哲のない池のほとり。左手をよくご覧いただきたい。お分かりだろうか……。
人知れず水に浸かった状態で斜面に佇んでいる火薬庫の遺構。内部は先ほどの弾薬庫のように小部屋があるとみた。その小部屋はモーリー池のほうへ繋がっていて、水がここにもきたのではないか?

きっと、池になる前は窪んだ場所に配備された弾薬庫だったのです。水が堰き止められたか湧水地だったのか、長い年月によって池となり、地下でつながっていた斜面側の場所も水で浸かっていったのではないかと。池の説明板にはとくに触れていませんでしたが、そんな気がしてきました。水没した遺構というのは、なぜ神秘的に映るのでしょう。

池の倒木の奥、目を凝らすとコンクリート構造物が見える。池となる前は窪地であったと思われる。もうこの遺構を探索することは不可能だ。たぶん。

この先も遺構は続きます。次号はいよいよ大房岬砲台跡のメインである探照灯を散策します。

取材・文・撮影=吉永陽一

吉永陽一
写真家・フォトグラファー
鉄道の空撮「空鉄(そらてつ)」を日々発表しているが、実は学生時代から廃墟や廃線跡などの「廃もの」を愛し、廃墟が最大級の人生の癒やしである。廃鉱の大判写真を寝床の傍らに飾り、廃墟で寝起きする疑似体験を20数年間行なっている。部屋に荷物が多すぎ、だんだんと部屋が廃墟になりつつあり、居心地が良い。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 新宿三丁目『クレッソニエール』のワンプレートランチは“本場”フランスの味を存分に楽しめる

    さんたつ by 散歩の達人
  2. 売ってみた、買ってみた、お気に入りが出来た。~熊本の本の買取 古本タケシマ文庫 移転~

    肥後ジャーナル
  3. 【ダイナソーアドベンチャーツアー】リアルに動く恐竜に驚愕⁉ 恐竜時代を体感しよう|妙高市

    日刊にいがたWEBタウン情報
  4. 店舗数急増中! 24時間営業「無人餃子販売店」名店4つをピックアップ

    mer
  5. シーズン終盤のメバリング釣行で25cm頭にメバル好捕 プラグで連発

    TSURINEWS
  6. FES☆TIVE、タイ国政府観光庁へ表敬訪問!「今後もタイと日本の架け橋になれるよう頑張っていきたい」

    Pop’n’Roll
  7. 犬が『自分の足を噛んでしまう』原因とは?3つの理由と適切な対処法

    わんちゃんホンポ
  8. 猫への『干渉しすぎ』はダメ!起こりやすい4つのトラブル

    ねこちゃんホンポ
  9. スポーツ好きの方にもおすすめのお宮!緑と香りに癒される… 弓弦羽神社『芳御守KYU』を体験してきました! 神戸市東灘区

    Kiss PRESS
  10. 【T’s Cafe】太鼓を叩いてカフェで交流を深めよう!|佐渡市

    日刊にいがたWEBタウン情報