Yahoo! JAPAN

【大阪】梅の花を楽しめる名所5選!好アクセスなのも魅力

PrettyOnline

【大阪】梅の花を楽しめる名所5選!好アクセスなのも魅力

※2022年1月10日現在の情報です。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、施設の営業時間やイベントの内容が変更・中止・延期になっている場合があります。

1.【大阪市北区】大阪天満宮

菅原道真公を主祭神とし、「天満の天神さん」として信仰を集める「大阪天満宮」。1000年以上の伝統を持つ夏の天神祭でおなじみですが、梅の名所としても名高い神社です。菅原道真公は幼少の頃より梅を愛したことで知られており、梅にまつわる和歌や漢詩、伝説が今も語り継がれています。

星合池や境内に咲く約20品種、約100本の白梅・紅梅が見どころ。優美な木造建築とともに美しい梅を観賞できます。また2月11日(祝・金)~28日(月)に開催される「盆梅と刀剣展」では、書院造りの参集殿に数々の盆梅(鉢植えの梅)のほか、宝物「天神画像」や刀剣が展示されます。最寄り駅から徒歩ですぐアクセスでき、すぐそばに日本一長い商店街「天神橋筋商店街」がある点も魅力です。

【料金】
参拝無料

【てんま天神梅まつり「盆梅と刀剣展」】
期間:2022年2月11日(金)~28日(月9:30~16:30(入場受付16:00まで)
拝観料:大人700円(高校生以上)、小人400円(中学生以下)

【例年の梅の花の見頃】
2月中旬~3月上旬

【スポット情報】
■住所:大阪府大阪市北区天神橋2-1-8

※参拝時間と定休日は公式HPでご確認ください。

2.【豊中市】服部緑地

広大で緑豊かな敷地に陸上競技場や野外音楽堂、レストハウスなど豊富な園内施設が揃う「服部緑地」。開放的な原っぱや遊具ゾーンもあり、老若男女を問わず市民の憩いの場となっています。園内には約20種、約200本の梅の木があり、散策で体を動かしながら楽しめます。

主要な梅林スポットは円形花壇南側や「日本民家集落博物館」です。また、「都市緑化植物園」は四季折々の樹木や草花を観賞できる隠れたおすすめスポット。温室やハーブ園、池などが点在しており見どころたっぷりです。公式ページで「シーズン・季節情報」として園内の植物の様子が更新されているので、お出かけの目安にぜひチェックしてください。

【料金】
無料

【日本民家集落博物館 入館料】
大人500円、高校生300円、小・中学生200円、幼児無料

【都市緑化植物園 入園料】
大人(高校生以上)220円、中学生以下無料、団体(30人以上)150円

【例年の梅の花の見頃】
2月中旬~3月上旬

【スポット情報】
■住所:大阪府豊中市服部緑地1-1

※施設によって営業時間と定休日は異なります。公式HPでご確認ください。

3.【枚方市】山田池公園

広々とした山田池をたたえる「山田池公園」。平安時代に築造されたとされる山田池の周辺には豊かな自然が広がり、街ではあまり見られない野鳥なども暮らしています。園内には水生花園や花木園など、四季の植物が楽しめるスポットが点在。花木園の梅林には約50品種約300本があり、紅梅や白梅、しだれ梅など色形さまざまな花の姿を観賞できます。

見頃の最盛期には例年ドリンクや軽食を販売するキッチンカーが出店し、梅を見に訪れた人々のさらなる楽しみとなっています。梅のシーズンには椿やコブシ、サザンカなど他の花も見頃です。園路のほとんどが整備されており、コースが豊富で長短やアップダウンも調整しやすいため、ウォーキングやランニングにもおすすめです。

【料金】
無料

【例年の梅の花の見頃】
2月上旬~3月上旬

【スポット情報】
■住所:大阪府枚方市山田池公園1-1

※営業時間と定休日は公式HPでご確認ください。

4.【堺市】荒山公園

北側に梅林が広がる「荒山公園」。約50品種約1200本の梅が咲きそろう観梅の名所です。2月中旬から3月上旬にかけてが見頃。濃紅からピンク、白色、しだれ梅など姿かたちはさまざまで、開花の時期もそれぞれに異なります。1月初旬から蝋梅が咲き始め、梅の季節を経て3月中旬からのサンシュユ、そして4月初旬からの桜と、早春から春にかけて園内のあちこちを花が彩ります。

昭和時代に多治速比売神社の敷地を公園として整備した経緯があり、公園全体は神社を取り囲むような形をしています。芝生広場や池などもあり、のどかな雰囲気で散策にもってこいのスポットです。広い運動場や有料のテニスコートもあり、市民がスポーツを楽しむ場ともなっています。

【料金】
無料
※2022年2月10日(木)~4月3日(日)までの期間、荒山公園駐車場は有料

【例年の梅の花の見頃】
2月中旬~3月上旬

【スポット情報】
■住所:大阪府堺市南区宮山台2-3

※営業時間と定休日は公式HPでご確認ください。

5.【泉南市】金熊寺梅林

泉南市東信達地区の「金熊寺梅林」は梅の栽培地として約300年の歴史を持つ名所です。この地特有の「金熊寺梅」と呼ばれる梅約1000本が中心。花弁が一重の白梅で、実は小さく皮が薄く、梅干しに適しています。ゆるやかな山の斜面に梅が枝を広げる風景は、昔ながらの里山を今の時代に伝えます。明治時代にはのちに内閣総理大臣を務めた原 敬が観梅に訪れたという記録も残っています。

近くには「信達神社」があり、「金熊寺梅林」とともに社叢が「大阪みどりの百選」に選定されています。参道を抜けると現れる、極彩色・五間社流造の本殿が美しく、ぜひ足を伸ばしたいスポットです。江戸時代前期の建築としては、大阪府でももっとも古いものの一つとされています。境内には大阪府天然記念物に指定されているナギノキ、オガタマノキも見られます。

【料金】
無料

【例年の梅の花の見頃】
2月下旬~3月中旬

【スポット情報】
■住所:大阪府泉南市信達金熊寺地区

※営業時間と定休日は公式HPでご確認ください。

まとめ

寒さはまだまだ厳しくとも、春の訪れが近いことを教えてくれる梅の花。大阪府には魅力的な観梅スポットが数多くあり、電車やバスでアクセスしやすい点も魅力です。人混みを上手に避けながら散策を楽しんでください。

※各スポットの新型コロナウイルス感染拡大予防対策については公式HPでご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

【関連記事】

おすすめの記事