Yahoo! JAPAN

ドレッシングでおなじみのピエトロが関西初のスープ専門店をオープン

シティリビングWeb

ドレッシングでおなじみのピエトロが関西初のスープ専門店をオープン

「PIETRO A DAY SOUP SHOP&CAFE グランフロント大阪店」が誕生


city.living.jp

慌ただしく過ごす毎日、ホッと一息つけるスープがあると、気持ちが穏やかになりませんか? 暑い夏に、スープ?! と思われるかもしれませんが、暑さでカラダが疲れているとき、野菜たっぷりの冷製スープなどは、嬉しいですよね~。

7月15日、大阪駅北口の「グランフロント大阪」にオープンした関西エリア初の「PIETRO A DAY SOUP SHOP&CAFEグランフロント店」は、ピエトロ(福岡市)が、〝1日がhappyになるSOUP〟をテーマに提案するスープ専門店。

ピエトロオジサンがスープ鍋を抱えているのも微笑ましい!オープン当日のランチタイムには行列ができたのだとか。


ピエトロのスープ専門ブランド「PIETRO A DAY」


「PIETRO A DAY」は、同社のシェフ監修によるスープ専門のブランドとして2019年にスタート。季節ごとに、15~20種類が用意されているのだそう。
店内のカフェスペースでは、スープを中心とするフードメニューや、スイーツなどが用意されています。同店オススメのセットメニューをイートインの場合は、サラダがおかわり自由! なのもうれしいですね。また、ピエトロのアンテナショップとして、スープをはじめとする、ピエトロ看板商品のドレッシングやパスタソース、調味料なども揃っています。

city.living.jp

▲右上から時計回りに、春夏限定「真っ白な気持ちになれるSOUP」453円、数量限定「太陽に伸びるSOUP」453円、大阪限定「にぎやかな街のSOUP」680円、夏限定「しあわせはじけるSOUP」453円、夏限定パッケージ「しあわせのSOUP」432円、「ありがとうのSOUP」432円

野菜の産地にもこだわったスープは、パッケージもCUTE! ちょっとした贈り物にもとても喜ばれそう。大阪のにぎやかさがイメージされている「にぎやかな街のSOUP」は、大阪エリア限定。タコを主役にしたブイヤベースで、ちょっぴりスパイシーなのが暑い夏にピッタリ。食べに行っても、お店で買っておうち時間で楽しむのも◎です。一度試してみませんか?


PIETRO A DAY

【関連記事】

おすすめの記事