Yahoo! JAPAN

連日行列の蕎麦専門店!東京・葛西の一度食べたら忘れられない「鴨汁せいろ」

ニッポンごはん旅

*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

江戸川区の住宅街にある手打蕎麦専門店

東京メトロ東西線の東西線葛西駅から20分強歩いた旧江戸川沿いにある自家製粉石臼挽き手打蕎麦専門店『矢打』。

アクセスの悪い場所にありながら昼時は行列ができる人気店で、他ではなかなかお目にかかれない極太蕎麦がいただけます!

店内は2人掛け、4人掛けのテーブル席が並び、純和風なお蕎麦屋の雰囲気。

メニューは名物の鴨汁せいろの他、辛味大根おろしせいろ、とろろせいろなどの冷たい手打ち蕎麦と鴨南そば、揚げ餅そば、なめこそばなどの温かい手打ち蕎麦があります。

お蕎麦のサイズは並450g・中700g・大1kgと3種類です。

名物「鴨汁せいろ」は極太の田舎そばと少し濃いめの鴨汁がベストマッチな逸品!

江戸のそば職人が最良と考える提供方法「挽きたて・打ちたて・茹でたて」の三たて方式を実践している蕎麦になります。

鴨汁は2種類の醤油を使った濃い目の味。極太の蕎麦に負けずしっかり馴染む味わいです。

濃厚でコクのある鰹出汁の中に食べやすい大きさの「津軽鴨」と呼ばれる青森県産のバルバリー種の鴨肉と、甘みの強い秋田県の「美人ねぎ」が適量入っています。

蕎麦は北海道産の挽き立ての蕎麦粉を使った、ご主人が幼い頃に母親が作っていた田舎蕎麦を元に完成させた力強い極太二八蕎麦。

江戸前の二八蕎麦とは似ても似つかぬ別の蕎麦といった印象で、咀嚼すると思い出深い優しい甘みが口いっぱいに広がります。

濃厚で強さのある甘みの鴨汁と極太の蕎麦に虜になること間違いなしなお蕎麦、ぜひご賞味あれ!

矢打

〒134-0013 東京都江戸川区江戸川5丁目23−39

*この記事は2022年5月時点の情報を基に作成しています。

*新型コロナウイルス感染症の影響で、営業状況や掲載内容に変更が生じる場合があります。最新の情報は、事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

*この記事で使用している画像は、執筆者が撮影したものです。

ライター:ニッポンごはん旅・編集長

【関連記事】

おすすめの記事