Yahoo! JAPAN

大阪公演から参加の永井大「物語の世界に入り込んで思う存分笑って泣いていただけたら」~タクフェス第11弾『晩餐』囲み会見レポート公開

SPICE

タクフェス第11弾『晩餐』囲み会見より永井大

宅間孝行が作・演出を手掛ける、タクフェス第11弾『晩餐』大阪公演が2023年11月16日(木)、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで初日を迎える。

この度、大阪公演より合流となる主演の永井大の囲み取材が実施され、その模様が公開された。

タクフェス第11弾『晩餐』 Wキャスト 入山杏奈出演公演      (C)︎岩田えり

タクフェス第11弾『晩餐』 Wキャスト 入山杏奈出演公演      (C)︎岩田えり

大阪公演より急遽参加となった永井大は、オファーに対して台本や資料も見ずに『やらせてください!』と快く返事をしたことを明かした。「約1週間という短い準備期間の中で、カンパニーのみんなに助けていただきながら、集中して稽古に励みました。途中で『本当にできるのかな』と不安に思ったこともあったのですが、初日を迎えることができてほっとしています」と笑顔を見せた。

タクフェス第11弾『晩餐』 Wキャスト 入山杏奈出演公演      (C)︎岩田えり

代役で主演を務めることを、特技の空手に例えて「空手の団体戦でチームの1人が欠けてしまい、『永井、空手やってたよね!? どうしても優勝したいからちょっと入ってくれ!』と言われたような感じです。だから絶対勝たないといけないんです!」と気持ちを奮い立たせた。大阪は、大学時代の国体の空手で5位になった思い出の地ということで「大阪の地で初日を迎えられることに縁を感じています。タイムスリップしたように、目を閉じるとあの時の光景が蘇るので、その時の気持ちを思い出して頑張ります」と、タイムスリップがキーとなる物語に引っかけて、思いを馳せた。

永井大      (C)︎岩田えり

タクフェス第11弾『晩餐』 Wキャスト 入山杏奈出演公演      (C)︎岩田えり

最後に、「タクフェス『晩餐』はとにかく笑いあり涙ありの作品だと思うので、ぜひ劇場にお越しいただいき、日々のストレスを発散するように、物語の世界に入り込んで思う存分笑って泣いていただけたらと思います」とメッセージを寄せた。

タクフェス第11弾『晩餐』 Wキャスト 入山杏奈出演公演      (C)︎岩田えり

タクフェス第11弾『晩餐』は、作・演出を手掛ける宅間孝行自身も最高傑作と自負し、タクフェス第1弾で2013年に初演をしたのち一度も再演をしておらず、 10周年を記念して満を持しての上演だ。

タクフェス第11弾『晩餐』 Wキャスト 高柳明音出演公演      (C)︎友澤綾乃

タクフェス第11弾『晩餐』 Wキャスト 高柳明音出演公演      (C)︎友澤綾乃

舞台は吉祥寺の井の頭公園に隣接したシェアハウス「イノヘッド」。小説家志望のシェフ高槻純二(永井大)や純二の恋人である山科舞子(入山杏奈・高柳明音/Wキャスト)のほか、キャバクラ嬢の江田島安芸(中野恵那)、外国人のナタリー(菅原ブリタニー)が住んでいる。管理人の常滑さん(浜谷健司)が「イノヘッド」の案内をしているのは、新たに入居する登別くん(大薮丘)だ。そして、安芸の部屋にはなぞの男三条弥彦(櫻井佑樹)が身を隠している。

そこに60年後の未来から、天才少女・中野たま(森迫永依)が発明したタイムマシンで、純二の息子・高槻耕太郎(宅間孝行)とその妻・氷見子(加藤貴子)がやってくる。彼は、耕太郎を生んだあとすぐに亡くなった母に会うことが目的だった。

タクフェス第11弾『晩餐』 Wキャスト 高柳明音出演公演      (C)︎友澤綾乃

タクフェス第11弾『晩餐』 Wキャスト 高柳明音出演公演      (C)︎友澤綾乃

未来からやってきた耕太郎と氷見子、そしてたまは、自らの身元を伝えることは決して許されないため、「イノヘッド」の住人たちから宇宙人や旅芸人として疑われるものの、正体を隠すために悪戦苦闘する。そんな中、ナタリーの彼氏で東大生の大牟田くん(広田亮平)は彼らの正体に気付いてしまい、「イノヘッド」はさらに混乱の渦に巻き込まれていく。

物語が進むにつれ、舞子が亡くなった理由が明らかになり、それぞれの葛藤と決断に迫られていく。時空を超えた家族は、どんな結末を選ぶのか。まさに、家族愛をテーマにしたハートフルコメディの決定版だ。

タクフェス第11弾『晩餐』 Wキャスト 高柳明音出演公演      (C)︎友澤綾乃

タクフェス第11弾『晩餐』 Wキャスト 高柳明音出演公演      (C)︎友澤綾乃

タクフェス第11弾『晩餐』は、これより大阪公演を11月16日(木)〜19日(日)梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ、札幌公演を2023年11月24日(金)・25日(土)道新ホール、名古屋公演を2023年12月1日(金)〜3日(日)名古屋市公会堂、東京公演を2023年12月8日(金)〜17日(日)サンシャイン劇場にて上演する。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 槙田紗子[<SACOFES. UNIVERSE>終演後インタビュー]深い繋がりのあるアイドルたちと作り上げた多幸感あふれるステージ「もうとにかく感謝感謝しかないです」

    Pop’n’Roll
  2. 気になる“熟年離婚”のその後…元夫婦たちの末路 #7「元夫が隠れて…」

    ウレぴあ総研
  3. 【京都洋食ランチ】名物の肉厚ポークチャップ定食!北大路駅前の老舗洋食店「ゲンペ」

    キョウトピ
  4. ドイツビール&ドイツ料理が大集合!「神戸オクトーバーフェスト」開催

    PrettyOnline
  5. もう島根に行くしかないぞ。鳥取も【家そば放浪記】第217束:亀ちゃんにもらった、イトメン『イトメンの二八そば』希望小売本体価格409円(1人前136円)

    ロケットニュース24
  6. AMEFURASSHI、新曲「Secret」のダンスプラクティス&メイキング映像を同時公開

    SPICE
  7. 実は彼氏が彼女に思っている!「しなくていい」3つのこととは?

    4MEEE
  8. 下膨れが気にならなくなるよ!若返るウルフヘア5選〜2024年春〜

    4MEEE
  9. 1960年代の鎌倉の海とサーフカルチャーを知る  4月27日~5月5日 写真展示や出川三千男さんの講演も〈鎌倉市〉

    タウンニュース
  10. 性的マイノリティ相談 県がLINE窓口開設〈南足柄市・大井町・松田町・山北町・開成町〉

    タウンニュース