Yahoo! JAPAN

夫と妻、結婚当初は仲良しでも…【夫婦の倦怠期】離婚せず乗り越えるには

ウレぴあ総研

長年夫や妻と一緒にいると、トキメキはなくなり、お互いに対する甘えから気遣いが薄れ、興味・関心がなくなり、だんだんと関係性がマンネリしていってしまう……。

そんな状態を「倦怠期」と言います。

結婚して何年も一緒に過ごしている夫婦であれば、倦怠期が訪れることも一度や二度ではないかもしれません。でも、倦怠期を放っておくとお互い無関心になり、そのうち共に過ごすのも苦痛になると、離婚に至る可能性も。

一番身近な家族である夫に嫌悪感を感じながら日々の生活を送っていたら、楽しくありませんよね。

人生100年時代、夫婦二人で過ごす老後は想像以上に長いかもしれません。できれば、いつまでも仲の良いまま老後を迎えて、末永くハッピーに過ごしたいもの。

今回は、夫婦間のマンネリを打破し、倦怠期を乗り越える方法をご紹介します。どれも簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

夫婦のマンネリ打破!「倦怠期」を乗り越える簡単な方法

1:夫婦共通の大きな目標を立てる

チームが仲良くなるとき、そこには共有できる目標があるもの。学生時代、文化祭や体育祭を成功させるという目標に向かってクラスが団結しましたよね。

人と人が同じ夢に向かって走っているとき、仲がぐっと縮まるということは多いと思います。

例えば夫婦でも、子どもが生まれると、子どもに関する話題が尽きないのに、子どもが巣立ってしまうと共通の話題がなくなって倦怠期に……というパターンもあります。

ふだんから会話が多い夫婦は仲がいいといいます。会話するには、共通の趣味や話題があるといいですよね。もし会話もなく、マンネリを感じているのなら、夫婦で何か大きな目標を立ててみるのがおすすめです。

夢のマイホームを持つ、結婚◯周年に向けてお金を貯めて海外旅行に行くなど、すぐには叶えられないような長期的な目標を立てることで、そこに至るまでの会話も増え、同じ目標に向かって進むチームとしての絆も生まれます。

筆者の家では、保険の見直しや投資の検討など、老後や子どもの教育資金のための家計の整理を一緒にすることで、会話が増えて将来の目標も見えました。苦手な部分を夫がやってくれると頼りになると感じますし、尊敬の気持ちも生まれて良い効果があります。

家族もチームです。大きな目標設定で、夫婦という小さなチームが一丸となってがんばることで、きっと仲が深まるはず。

2:夫と最も仲が良かったときに一緒にやったことを思い出す

倦怠期を迎えている夫婦でも、新婚のときなど、ラブラブな時期はありましたよね。もう昔すぎて覚えていない…なんて言わずに、そのときの気持ちを思い出してみるのも、ベタですが効果があるかもしれません。

初デートの思い出の場所を二人で訪れてみたり、夫婦になる前、付き合っている頃によく一緒にやっていて楽しかったことを思い出してやってみたり。そのころのアルバムを見てみてもいいかもしれません。

出会い、もしくは付き合うきっかけになった場所を訪れてみるのも、甘酸っぱい気持ちになれそうです。

夫の反応が芳しくないと、「あの頃はよかったのに、今は…」と逆効果にもなりかねませんが、夫も同じ気持ちを思い出してくれたら、良い方向に転がるかもしれません。

期待しすぎず、軽い気持ちで試してみてください。

3:二人だけで外食やデートをする

結婚すると、一般的に恋人時代のような甘い雰囲気はなくなり、家族という感覚が強くなりますよね。一緒にいるのが当たり前になり、安心感はありますが、付き合い当初のトキメキやドキドキは一体…と、遠い目をしてしまうことも。

そんなふうにお互いに慣れてしまい、刺激がなくなっているからこそ、たとえば非日常空間を感じられるホテルや高級レストランを予約して、たまには二人きりで外食やデートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

特に子どもがいると、まずそういう機会から遠ざかりがち。預け先を見つけて、たまには二人きりになれる時間を捻出してみることも大事です。強制的に「恋人」のような状況を作ることで、当時の気持ちを思い出したり、ちょっと新鮮な気持ちになれることも。

まずは、ふだん忘れてしまいがちな記念日や誕生日などに、そういう機会を作ってみるのがおすすめです。こういうことは男性から……と待っていたりせず、自ら行動を起こしてみるといいですよ。

そしてデートの時間が作れたら、ふだんはしないようなおしゃれをしたり、パートナーにもドレスコードを指定したりして、若い頃にはできなかったようなちょっぴり大人なデートを楽しんでみてください。

たとえ恋人時代には戻れなくても、今の関係もいいな、と思い直せるかもしれません。

4:感謝の気持ちや相手のいいところを伝える

長い付き合いになってくると、相手のイヤなところやダメなところばかり目につきがち。つい、いいところを褒めるよりも、ダメなところを指摘することが増えていませんか?

お互いにそうだと、不満ばかりで仲良くなれるはずがありませんよね。

相手に勝手に期待しすぎて、期待通りにならないとイラッとする…というのも夫婦ではままあることだと思いますが、あまりポジティブな結果は生みません。

長い付き合いだからこそ、ダメなところも目につくけれど、いいところも知っているはず。まずは、こちらから歩み寄って、相手のいいところを褒めてみてはいかがでしょうか。

いきなり褒めるのは不自然だしハードルが高いという場合は、「お互いに相手のいいところを挙げていく」「なくなったら負け」とゲームのようにしてみるといいかも。

意外にそういうことを考えていたんだ、という発見もあるかもしれません。

そして、「いいところを挙げる」のが難しければ、ひとまず普段から小さいことでも「ありがとう」を言うだけでもOK。

「ありがとう」や「ごめんなさい」はもちろん、「ただいま」や「お帰りなさい」などの挨拶は、人づきあいの基本ながら家族となるとおろそかにしがち。まずは基本を思い出すところから始めてみましょう。

5:一人になれる時間を作る

相手に向き合うばかりが解決方法ではありません。

コロナ禍により、夫婦ともに自宅時間が増えて、顔を突き合わせる時間が増えた家庭も多いかと思いますが、そうするとふだんよりもささいなことが目についてケンカが増えたりすることも。

距離が近すぎると、どうしても摩擦が生まれやすいものです。人間関係には適度な距離感も必要ですよね。

ずっと一緒にいすぎることが原因でストレスがたまっているような状態なら、意識的に一人になる時間も作ってみてください。子どもが小さいと外出もままならないかもしれませんが、一時保育やシッターサービスを利用すれば1~2時間は捻出できるはず。

少しの時間でも完全に一人になって、カフェなどちょっと日常とは違う空間に身を置いてみたり、ある程度時間がとれるならプチ旅行してみたりすることで、リフレッシュできて気分が変わります。

そうして自分に余裕ができると、家族にも優しくできるもの。定期的にガス抜きして、家族であっても適度な距離感で付き合っていくというのもひとつの手です。

夫婦生活は、離婚をしない限りは基本的に死ぬまで続くものです。仲良く老後を迎えて共に余生を過ごすのか、あるいは嫌悪感すら感じる相手とずっと同じ家にい続けるのか…。どうせ一緒に暮らすのなら、前者のほうが楽しい人生を送れそうですよね。

最近、倦怠期かもしれないと感じる方は、今回ご紹介したような方法を試して、より良い夫婦関係を築けるように行動してみてくださいね。

(ハピママ*/Mami Azuma)

【関連記事】

おすすめの記事