Yahoo! JAPAN

陸っぱりライトゲーム入門好機到来 釣り場ラン&ガンで12魚種キャッチ

TSURINEWS

入れ食いとなったアジ(提供:TSURINEWSライター福岡崇史)

秋めいてきた9月下旬、学生時代からの友人であり、釣り友達であるK氏とそろそろ和歌山の河口ライトゲームが楽しくなるのではと意気投合、ちょっと調査がてら行ってみることになった。

「ラン&ガン」ライトゲーム

9月26日(日)天気は晴れ時々曇りで時折小雨もまじるローライトコンディションで釣りには最適な天気となった。昼過ぎからの釣行であり、15時前に干潮、20時過ぎに満潮を迎える中潮であった。

釣行場所は、以前からの実績を振り返ってみた結果、和歌山県湯浅町周辺から由良町のエリアにかけてラン&ガンスタイルで魚を探していくことにした。

当日の状況とタックル

昼前に私の自宅にK氏が到着し、一路ポイントへ車を走らせる。最初のポイントに選んだ湯浅周辺は小規模であるが3本ほど河川が湾内に流入しており、どの河川の河口も魚種の豊富さは有名である。最初に入ったのは船揚げのスロープが絡むシャローエリアのポイント。

タックル

私はメバル用に使用している6.4ftのロッドにC2000番のヴァンキッシュにPEライン0.5号とリーダーにフロロ1.2号、K氏は8ftのライトゲームロッドにPEライン0.4号、リーダー2号のちょっと大物でも対応可能なロッドで、プラグを中心にしたゲームを組み立てていく算段だ。

ポッパーでメッキ登場

二人とも波止際から係留船周りやロープなどのストラクチャー周辺にプラグをキャストしていく。途中でメッキやキビレといった魚のチェイスもあるものの、今一つバイトまで至らない。

K氏はスロープ周辺のカケアガリに向けてポッパーをキャストする作戦に移行していた。しばらくするとちょっと離れた所にいる私まで聞こえる程のガボッという捕食音が聞こえた。K氏のロッドが弧を描きドラグが鳴っているではないか!仕留めたのはナイスサイズのロウニンアジのメッキであった。

自作ジグヘッドで挑戦

私もトップにかえて水面直下を探るもヒットはなく、頼みの綱のジグヘッドとワームにチェンジして攻めてみることにした。ジグヘッドは自作のタングステン製0.6gに1.2inchのピンテールタイプのものを選んだ。

カラーは水の色に合わせて薄いグリーン系にラメ入りのものや薄い水色にシルバーのラメが入ったものをローテーションすることにした。両方ともに紫外線に反応するケイムラが入っていることがキーで、曇り空であっても紫外線に反応してしっかりシルエットを出すことができる。

ヒラメやカマスなどヒット

スロープより少し深めの砂地の場所で動きのチェックをしていたら、いきなりひったくられた!少しドラグを出されたが難なくキャッチ出来たのはソゲサイズの可愛いヒラメ。小さくても獰猛なファイターだ。

ジグヘッドにヒラメとカマス(提供:TSURINEWSライター福岡崇史)

すぐリリースして今度はスロープ一帯に移動。水深1mまでのエリアを手早くサーチすると、スロープ脇の構築物からメッキやカマスの幼魚、ニセクロホシフエダイが飛び出してきて次々とルアーにアタックして来て楽しませてくれた。

ニセクロホシフエダイにメッキ(提供:TSURINEWSライター福岡崇史)

二つ目のポイントにラン&ガン

一通りポイントを流した後、二つ目の河川に移動となった。2つ目の河川は比較的大きな岩が入るポイントで、水深は中心部で2~3m程度であり、中央部ほど流れは速い。

二カ所目のポイント(提供:TSURINEWSライター福岡崇史)

ちょうど干潮の時間帯でもあり水位も低かったため、容易に河川沿いにエントリーすることができた。

手分けして探る

最初は渓流用のミノーを使い上流方向へ釣り上がっていくことにした。友人K氏は逆に釣り下がっていく。二手に分かれて効率よく魚を探す作戦だ。

上流に向かった私は流芯の脇や流れのヨレにミノーを入れて行くが、一瞬魚が追尾する姿が見られるもののアタックすらない状態で、登れる最後の地点まで来た。干潮が影響している可能性も考えられたが、どうやらルアーの速度に追いついていない可能性の方が強く感じた。

ワームにイケカツオ

そうなればよりスローに探れるワームでチェックしてみようということで、先ほど同様に0.6gのタングステンジグヘッドにピンテールのワームをセットして流れに乗せるように漂わせると、すぐに反転して追いかけてくる姿が見て取れた。

何度もアタックするが5回目くらいにやっとヒット!小気味いい引きで上がって来たのはカツオという名前だがアジに近い仲間のイケカツオだ。5種類目の魚に嬉しさがこみ上げる。

フグの邪魔も

リリースして釣り下がって行くと流芯の脇でアタリが出るもののヒットはしない。よく見るとワームが千切られた状態。フグの仕業……。ライトゲームの税金のごとくワームで攻めているときはお馴染みの出来事である。

ワームを比較的フグなどの歯が鋭い魚に強いタイプにかえて再び流すと、ピックアップ寸前でヒット!釣りあげるとホーホーと鳴くシマイサキであった。さらに同じ場所でコトヒキがヒット。どんどん種類が増えてきた。

イケカツオ、シマイサキ、コトヒキ(提供:TSURINEWSライター福岡崇史)

大ハゼもヒット

少し釣り下ると大きめの底石の上に何か動いたのが偏向レンズ越しに見て取れた。すかさずワームを底石の場所にプレゼンテーションしてみる。

石の上でステイさせ流れでワームが少し動くと、岩の間からスルっと現れた魚がワームを咥えた。ラインが動くまで待ってアワせると、なんとハゼ!しかもかなり大きい。すごく食いしん坊なハゼでお腹がパンパンの大ハゼであった。

キビレ、ハゼ、ヘダイ(提供:TSURINEWSライター福岡崇史)

釣友と同時ヒットも

釣り下っていた友人K氏が戻ってきたタイミングで、流芯にキャストしていた私のワームにメッキがヒット!群れで追っていたようで、ヒットしたメッキの周りを追随する他のメッキがじゃれてきた。K氏にすぐ後ろに投げるように伝えて、少し遊ばせているとK氏にヒット!見事にダブルヒットに繋がった。

このダブルヒットの後は潮位が上昇し始めたタイミングであったためナイトゲームに移行すべく移動となった。

釣友とメッキをダブルヒット(提供:TSURINEWSライター福岡崇史)

ナイトゲームに突入

夕マヅメに入る時間を見計らって大きく南へ移動し、由良町周辺の港湾エリアへとやってきた。この周辺は比較的水深もあり青物やアオリイカなどの好ポイントも多い。

最初に入った場所はタチウオのシーズンと重なっていたため人が多くパスすることにして、向かい風になるが人が少ない場所を選んだ。まずは16gのジグヘッドで広範囲をリサーチ。ボトムまで沈めてリトリーブして浮き上がったらフリーフォールでボトムまで落としてリトリーブを繰り返す。

エソで11魚種達成

数投目の2セット目の巻きに入った途端にズドンと衝撃。アワセを入れると、青物ではないがまずまずロッドを絞り込む引き。浮いて上がって来たのは11種類目の魚のエソ。このエリアはエソワングランプリなる大会も開かれるほど、エソの魚影も濃い場所である。

エソをリリースしてアジングタックルに持ちかえて、明暗境を表層からボトムまで0.9gのジグヘッドにグロータイプのワームで攻めてみる。

エソとアジ(提供:TSURINEWSライター福岡崇史)

タチウオカッターに苦戦

表層を流して見るとアタリ。合わせるとフッと抵抗が一気に消えた。リーダー部分で綺麗に切られている。間違いなくタチウオ。中層、ボトムでもフッとテンションが消えるアタリに悩まされる。

何とか1匹目のアジが釣れたのは3つ目のジグヘッドが切られた直後であった。ワームを目立つグロータイプからクリアタイプに変更して攻めてみると先ほどに比べていくぶんタチウオカッターをかわせているが、10投に一度くらいは切られてしまった。友人K氏もタチウオに切られつつもアジを釣っている。

集魚灯を試す

チウオの活性が下がるのを待っていても時間の無駄なので、作業用のワークライトを改造した集魚灯を海面に照射して周りのサビキの方々同様にアジを集めてみる作戦を試してみた。

しばらくすると水面直下にアジが集まり始めたところで再び0.6gのジグヘッドにクリアタイプのワームでアジが見えるレンジを攻めると、食う瞬間が見えた。15cmほどの小アジだがよく引いて凄く楽しい。

アジ入れ食いを堪能

そこからは二人共に怒涛の入れ食いに入った。同時にタチウオの活性が少し下がったようで時折切られつつであるが、アジの入れ食いモードとなった。

ワームのシルエットやカラーを交換しつつアジをできるだけスレさせないようにローテーションさせることで釣れ続く時間を延ばしていたが、午後8時過ぎには活性も低くなり納竿とした。

翌週は一人でチャレンジ

翌週の日曜日は一人でアジングポイントに入り、夕まずめにチャレンジしてみた。前週に比べて早い時間帯から釣れだして、煮え湯を飲まされていたタチウオ、ネンブツダイに加えて南方系のアジであるメアジも釣れるなど非常に楽しむことができた。

ネンブツダイ、タチウオ、メアジ(提供:TSURINEWSライター福岡崇史)

今後の展望

台風や一雨ごとに気温が下降していくと水温も徐々に低下していく。一時的に活性は下がることがあるかもしれないが、例年1月上旬程度まで楽しむことができる。死滅回遊魚であるメッキは紀北エリアでは姿を消していくが、漁港やテトラエリアではメバルやカサゴといったロックフィッシュの活性が上がり楽しむことができるだろう。

季節の変化とともに狙える魚種は少しずつかわっていくが、時期に合わせたターゲットを釣ることができる魅力はいつもかわらない。ぜひチャレンジしてもらいたい。

<福岡崇史/TSURINEWSライター>

The post陸っぱりライトゲーム入門好機到来 釣り場ラン&ガンで12魚種キャッチfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事