Yahoo! JAPAN

「食の大切さ学びたい」 親子ら40人 中井町で田植え〈大磯町・二宮町・中井町〉

タウンニュース

田植えを楽しむ農作物収穫体験の参加者

中井町比奈窪にある町役場付近の水田で6月11日、都内や埼玉県、平塚市など町外から訪れた親子らが田植えを行った。自然豊かな環境で土に触れて農作物を育てたり、収穫したりする喜びを味わってもらおうと、町が実施している収穫体験事業。今年度は定員20人に約6倍の118人の応募があり、人数の枠を増やして抽選で40人が参加した。

田んぼに素足を踏み入れた大人と子どもたちは横一列に並び、等間隔につけられたロープの目印の手前に、神奈川県の推奨米「はるみ」の苗を丁寧に植え込んでいった。農業委員と町職員らが作業を手伝った。

秦野市から参加した小学4年生と1年生の保護者は「主食のお米がどのようにできるのか、農業の苦労を子どもたちと一緒に知っておくのは大切なこと」と話した。

夏に草取り、10月に稲刈りをする予定。

ブルーベリー摘み

第二弾ブルーベリーコースの参加者を募集している。8月6日(土)午前9時半と10時半からの2回。各回定員15人。参加費1人1000円。中井中央公園内のカフェなどで使える地域通貨500円分を進呈する。未就学児無料(収穫物の配布はなし)。7月22日(金)までに電話または町ホームページの専用フォームで申し込む。応募者多数抽選。天候や生育状況などによって変更・中止となる場合がある。

問い合わせは町産業振興課【電話】0465・81・1115。

【関連記事】

おすすめの記事