Yahoo! JAPAN

浅草「デンキヤホール」ソース焼きそば発祥の地で味わう!名物オム巻とゆであずき

ニッポンごはん旅

ニッポンごはん旅

旅人へひとこと

実は浅草は、ソース焼きそば発祥の地でもあるんです。大正時代から変わらない味わいをぜひお試しください!

はじめまして。焼きそばブロガーの塩崎と申します。焼きそばというと一般的には家で食べるものというイメージが定着しています。しかし、焼きそばを売りにしている飲食店も、世間にはそこかしこに隠れているんです。個性的な焼きそばを探し求めて日本全国津々浦々、果ては海外にまで足を延ばし、訪れた店は1000軒を超えました。


そんな私が、『ニッポンごはん旅』への栄えある最初の投稿で紹介するのは! 東京は奥浅草、千束通りに店を構える『デンキヤホール』さんの「オム巻」です。


『デンキヤホール』の創業は明治36年(1903年)。日露戦争が開戦する前年です。


創業した当初、デンキヤホールは電気器具の修理店でした。創業者は日露戦争に出兵し、復員したあと電気屋から甘味喫茶へと業態を転換します。お兄さんを日露戦争で亡くしたこともあって、女性や子どもにもできる商売をと考えたそうです。最初期に提供していたのは「ゆであずき」「甘酒」「しるこ」などの甘味類。のちに軽食も扱うようになりました。


現存する最古のソース焼きそば「オム巻」!

その『デンキヤホール』で食べていただきたいのが、「オム巻」です。ソース焼きそばを玉子で包んだ、いわゆる「オムそば」ですね。中細の深蒸し麺とキャベツを中華鍋で炒め、甘めに味付けしたソース焼きそばをまず作ります。それを薄焼き卵で巻いて、トマトケチャップを添えれば完成です。卵の黄色にケチャップの赤が映える、見た目も愛らしい焼きそばなんです。

「オム巻」を提供開始したのは、大正時代の初期のこと。三代目夫人の杉平淑江さんは、初代の創業者からそのように伝えられているそうです。大正時代初期といえば、今から100年も昔のこと。実はこの「オム巻」が、私が知る限りで最古のソース焼きそばなんです。また、他のいろいろな資料や証言から、ソース焼きそばは浅草で生まれたと私は考えています。

そんなに古くからソース焼きそばがあったのか、それを玉子で包むことがありえたのか。私の著作、『焼きそばの歴史<上>ソース焼きそば編』というKindle本で、徹底的に検証してあるので興味のある方はご一読ください。



宣伝はそのくらいにして、「オム巻」に話を戻しましょう。


「オム巻」には、日本三大七味と呼ばれる薬味が付いてきます。お馴染み信州は八幡屋礒五郎。京都・原了郭の黒七味。そして地元浅草のやげん掘。どれを選ぶかはあなた次第。ケチャップの甘い味わいに、ピリッとした刺激が加わって、最後まで飽きさせません。

デザートは「ゆであずき」で決まり!

食後のデザートには、『デンキヤホール』のもう一つの名物、「ゆであずき」をどうぞ。「ゆであずき」というと缶詰に入った商品を想像されるでしょうけど、こちらは甘い汁の底に砂糖で炊いた小豆が沈んでいるんです。江戸時代から屋台で売られていた甘味だそうで、『デンキヤホール』では創業以来の人気商品。「オム巻」も「ゆであずき」も、代々受け継がれてきた伝統の味なんです。

浅草には、知られていない奥深い魅力が、まだまだ潜んでます!

東京都内に住む方なら、一度や二度は浅草を訪れたことがあると思います。また、地方から東京観光に来られる場合も、浅草は定番コースです。雷門に演芸ホール。和蕎麦、天ぷら、もんじゃ焼き。しかし多くの定番スポットは、浅草のごく限られた一面でしかありません。

観光客で賑わうエリアから一歩踏み込んだ奥浅草の『デンキヤホール』は、この町に暮らしてきた方々が代々愛用してきたお店です。知られていない浅草の側面を、垣間見たいのならこういうお店がオススメ。運が良ければ女将さんや常連さんから、浅草の裏話を訊き出すことができますよ。


外国人観光客の少ない今こそ、浅草が狙い目ですよ!


■こちらでもオススメのお店などを紹介しています!

ブログ:https://yakitan.info

Instagram:https://instagram.com/saltydog_wow/

デンキヤホール

〒111-0032 東京都台東区浅草4丁目20−3

*この記事は2020年10月時点の情報を基に作成しています。

*新型コロナウイルス感染症の影響で、営業状況や掲載内容に変更が生じる場合があります。最新の情報は、事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

ライター:塩崎省吾

【関連記事】

おすすめの記事