Yahoo! JAPAN

佐藤二朗だけじゃない? ガールズグループの話題で「20が踊るって?」ポカンとする姿に「俺も一緒だわ」の声

Techinsight

「20は20だろうがよ…」むきになってしまった佐藤二朗

俳優の佐藤二朗(52)が昨年デビューしたガールズグループの話題についていけず、とんちんかんな会話しかできなかったという。SNSでそのエピソードを明かしたところ、多くのフォロワーが「まぁ、ねぇ…そうなっちゃいますよねぇ」、「二朗さんはそのままでいて下さい」と優しく受け止めており、なかには佐藤の主張に共感する声も届いている。

佐藤二朗が5月11日にTwitterでつぶやいたところでは、現場で「20が」、「20でしょ」と盛り上がっていたので「え? 20? 何が20?」と会話に入ろうとしたが「二朗さん、20知らないの!?」と返されたという。佐藤は疎外感に焦ったのだろう「知らないのって何だよ20は20だろうがよ」とむきになって言い返すと、「20ですよ! 踊ったりする!」、「踊らねえよ! 20が踊るって何だよ!」といった応酬が続いたそうだ。

「一体何が起きたんだ世の中に」と訴える佐藤のツイートに、フォロワーが「まぁ、ねぇ、46とか48とかもあるから そうなっちゃいますよねぇ」と共感すれば、「20=NiziU 二朗さん空耳ですね」、「佐藤さん 皆さんからの返信でわかったかと思いますが、確かに発音は20に聞こえますよね」と9人組ガールズグループ・NiziU(ニジュー)のことだと念を押す声もあった。

一方では「何も起きてません。二朗さんはそのままでいて下さい。20はただの数字です」と現状維持を望む声や、「昔、関ジャニをせきジャニと読んだおじさんを思いだしました」、「私はNiziUにも鬼滅にもついていけない人種みたいです。恥ずかしながらNiziUと読めずにいました」など様々な声があがった。ただ『鬼滅の刃』については、昨年10月にクイズ番組『超逆境クイズバトル!!99人の壁』(フジテレビ系)で取り上げたのでさすがに佐藤も知っている。

年齢に限らず「このツイートを見た高3の息子もすぐにはわからなかったですよ 『俺、二朗さんと一緒だわ』と笑ってました」というフォロワーもいた。また5月8日放送のフジテレビ系土曜プレミアム『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』で永島優美アナを中心に女性アナウンサーたちがNiziUメドレーを披露したが、Twitter上で「NiziUよく知らないけど、このフジテレビ女子アナ軍団は何を真似してたの? 歌声が似てるの? ダンス真似してただけ?」と反響があり、NiziUに対するイメージの温度差がうかがわれた。

ちなみに佐藤二朗と言えば、映画『新解釈・三國志』(2020年12月公開)で主演の大泉洋とアドリブ合戦を繰り広げたようにどこまでが本当なのか分からないところがある。このたびのNiziUを巡るエピソードに「完全にネタで書いてますよね、このツイ(笑)」と深読みするフォロワーも見受けられた。

画像2、3枚目は『NiziU 2021年5月9日付Instagram「みなさん!!#NiziU 2nd Single『Take a picture/Poppin’ Shakin’』購入者対象オンラインイベント、楽しんで頂けましたか!?」』『永島優美(フジテレビアナウンサー) 2021年5月7日付Instagram「またダンスさせていただきました。笑」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

【関連記事】

おすすめの記事