Yahoo! JAPAN

【東京】好きの詰め合わせ。新食感が楽しめる老舗『銀座ベーカリー』に感激…!

ウレぴあ総研

【銀座ベーカリー】 店先のテーブルでお菓子とコーヒーをいただくこともできます

『ギンビス』のお菓子を食べたことがない人はまずいないだろう。

【画像】新食感のお菓子が楽しめる『銀座ベーカリー』

私は子どもの頃から「アスパラガスビスケット」が好きで、いまも好んで食べている。ギンビス・ファンを長年続けてきたが、社名の由来や会社の歴史はまったく知らなかった。

当時の社名は『銀座ベーカリー』

1945年、銀座一丁目にレストランを開業。と同時にお菓子やパンも売っていた。

その後販売した「ギンビスコ」、「バターしるこ」、「アスパラガスビスケット」などのお菓子が飛ぶように売れたことからレストラン事業からお菓子メーカーに特化。

1974年、創業の地である「銀座」と「ビスケット」で社名を『ギンビス』に変更した。

唯一無二のお菓子を供する『銀座ベーカリー』誕生

そして2013年、旧社名『銀座ベーカリー』の名で別会社を設立。

レストランがあった銀座一丁目に、『銀座ベーカリー』の名でイートインスペースを兼ねた焼菓子店をオープンした。

販売するお菓子は「カステラビスケットサンド」「レアーズ」「Gスティック」の3種類。

「お菓子はすべてビスケットを作る技術で作っています」と教えてくれたのは、店長の丸山豪士さん。

どのお菓子も食べて驚いた、というよりも感動した。

決して派手なお菓子ではない。けれど、体験したことのない食感と、豊かな味わいをたのしませてくれるお菓子だった。

生のような新食感のビスケットに感動

まずは、「カステラビスケットサンド」から。生クリームを丸いビスケットで挟んだお菓子だ。

プレーン(355円/以下すべて税込)、チョコレート ディップ、ラムレーズン(共に384円)の3種類。

サクッとした食べ心地と、レーズンが入ったクリームがレーズンサンドの持ち味。ところが、「カステラビスケットサンド」のラムレーズンは、レーズンサンドとはまったく異なる。

「ビスケットなのだから硬いだろう」と思って齧ったら意表をつかれた。

まったく硬くないのだ、硬いどころか「ふにゃ」だった。

生のような食感という意味で「生ビスケット」だった。

もうひとつ特徴があると丸山さんは力説する。

「さっぱりとした生クリームに仕上げるために、ほぼ純生クリームを使っています」

ケーキ用のクリームは、植物性の油脂などを加えて安定させる。一方、「カステラビスケットサンド」は、植物性の油脂をできる限り使わない生クリームを使うことで、さっぱりとしたキレを探求したというのだ。

食材の組み合わせこそレーズンサンドに似ているが、レーズンサンドでは体験したことがない、

ふわふわとした生クリームと、生ビスケットのような食感が愉快だった。コーヒーを飲みながら食べると、カプチーノのような味わいを愉しめた。

スタイルこそ似ていれど、全く新しい「Gスティック」

「Gスティック」は、セサミ・枝豆・野菜の3種類(すべて631円)。

セサミは「アスパラガスビスケット」にそっくりだが、硬さが異なると語る丸山さん。

枝豆と野菜は、ジャガイモがベースの生地を揚げずにオーブンで焼成。枝豆も野菜もチーズが入っているのでビールとも合います。

10種類すべて生地を変えている「レアーズ」

一番感激したのが「レアーズ」だ。味は10種類(すべて286円)。

そのうちの一番人気のマカデミアレーズン、チョコレートチャンク、パイナップルをいただいた。

丸山さんがいうとおり、地味なクッキーかもしれない。ところが、手でわった瞬間驚いた。硬くないのだ。

生のようなクッキーという意味で「生クッキー」と呼んでもいいかもしれない。

マカデミアレーズンはシナモンを使用。チョコレートチャンクは、ビターのチョコレートとホワイトチョコレートを併用。

「口のなかでチョコレートの濃淡がでるような作りにしています」

見た目と味わいのギャップがこれほどあるお菓子は珍しいかも。

3枚のなかで一番感動したのが、パイナップルだ。

生のようなクッキーの食感と、パイナップルの旨味が凝縮した味に虜になった。ドライのパイナップルを戻してから使うことでさらに旨味が増すんだそう。

もっと驚いたのが、丸山さんの次の言葉だった。

「10種類の生地をベースからすべて変えています。しかも手焼きです。水分を保つことで、しっとり感を出しています」

体験したことがない「新食感のお菓子」を銀座で

「レアーズ」だけでなく、「Gスティック」も「カステラビスケットサンド」もなぜそこまで凝るのだろうか。

「銀座にはおいしいお菓子屋がたくさんありますが、同じようなお菓子を作ろうとは思っていません。私達にしかできないお菓子を作ろうという思いで、『銀座ベーカリー』の名を復活させました」

おいしいだけでなく、体験したことがない新食感のお菓子を銀座で提供している。

生のようなビスケット、生のようなクッキー。原稿を書きながらも、早く買いに行きたいとうずうずしている。

【店舗情報】銀座ベーカリー

◼︎住所:東京都中央区銀座1-5-5
◼︎電話:03-3538-0155
◼︎営業時間:11:00~20:00(日曜~18:00)不定休

(うまいめし/中島 茂信)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 名張市立病院独法化 市民団体が要請書と署名提出 説明会追加など求め

    伊賀タウン情報YOU
  2. 【お料理 MIYAMA】あのジビエの名店が昼から楽しめる立ち飲み酒場をオープン!美味すぎるジビエ料理をリーズナブルに!<四条河原町>

    デジスタイル京都
  3. 暑い日におすすめ!爽快気分になれるマーベル作品【3選】

    海外ドラマNAVI
  4. OPAMにて展覧会「北斎と広重 冨嶽三十六景への挑戦」が開催されます

    LOG OITA
  5. トキハ本店の文具売場が閉店するみたい

    LOG OITA
  6. 神戸の老舗ベーカリー「ドンク」で『119周年創業祭』が開催されるみたい。創業記念商品も「数量限定」で登場

    神戸ジャーナル
  7. バラエティ豊かな59店舗が出店!夏を感じるライブも♪ 神戸ファッションプラザで「KFPサン広場マルシェ」開催 神戸市

    Kiss PRESS
  8. わざわざ行きたい!人気ブーランジェリーと「梅田ワーフ」のコラボランチ【大阪市北区】

    anna(アンナ)
  9. 【動画】2024 FACE of JAPAN選考会で広瀬太一さん、春瀬ひなさん、松本絆来ら3名が日本代表に決定!

    WWSチャンネル
  10. <料理嫌いのギモン>苦手な人には理解不能?料理好きが教える、炊事の楽しみ方とは

    ママスタセレクト